2006年11月06日

パン窯が欲しい!その1

裏の駐車場に、木工用の工房を建ててから、
少しずつ、この場でいろんな遊びができるように
改造したいと思うようになった。

今年の一月末は雪の中で、薪ストーブで餅米を蒸篭で蒸し
自分の家で初めての餅つきをした。
臼と杵も借りてきて、友人たちが40人近く集まって楽しんだ。

DSC_0431.jpg

DSC_0484.jpg

夏から秋にかけては、手打ち蕎麦や、香川から取り寄せたさぬきうどんを
みんなで食べたり、バーベキューや簡単な食事会を何度か企画した。

かみさんとふたりで、50円の秋刀魚を2匹買ってきて、
七輪で炭焼きして食べたことも。

薪ストーブでお湯を沸かして飲む珈琲喫茶店はまた格別だし、
屋根のないところで、食べたり飲んだりするのは、絶対に美味しいと思う。

前置きが長くなったが、2年ほど前からここにパン窯が欲しいと思っていた。
作り方や材料を調べて、自分で作ってみようと考えていたが、
なかなか時間がなくて、未だに実現していない。

つい先日、美山の萌叡塾でお会いした方が、
パン窯を何度か作ったことがあるという人だった。

その方は陶芸家で、旧今立町に住まいと窯があるとのことで、
さっそく連休中日に遊びに行ってきた。

maki11.jpg

とにかく驚いたのは、圧倒的な薪の量どんっ(衝撃)
穴窯をしておられるので、大量の薪が必要なのだろうが、
それにしても、すごい量だ。

エンジン付き薪割り機があった(う、うらやましーバッド(下向き矢印)

makiwariki.jpg

建物の中に積んである大量の薪から、
ピシッ、ピシッと小さな音が聞こえてくる。
乾燥していく過程で、出る音だ。

maki22.jpg

anagama.jpg

小さなかわいいお地蔵様
今立・別印の広月窯 伊東俊治さんの作品

kougetugama.jpg

そして、いよいよパン窯を見せてもらうことに・・・続く


posted by たつたつ・たつや at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。