2012年03月03日

ケリーケトル

自称『大人の火遊びし隊』隊長のたつやは、
ついに憧れのケリーケトルを入手したのです。

DSC_3321.jpg

DSC_3323.jpg

今までロケットストーブなどを試作したりするうちに、
わざわざ高い電気代を使わなくても、ガス代を払わなくても、
その辺りにある木屑がエネルギーになることを実感していました。

考えてみれば化石燃料は、はるばる外国から高いお金を出して買ってきます。
それを大きなタンカーに乗せて、それも化石燃料を使って二酸化炭素を出しながら、
日本にたどり着き、石油コンビナートに備蓄されます。
それをまたいろんな亜硫酸ガスを撒き散らして、精製し、
例えばガソリンとして、例えば灯油としてガソリンスタンドに運ばれます。
そして各家庭に行って石油ファンヒーターに入れられて暖房となります。

DSC_3326.jpg

今、使っている燃料ははるか中東から運ばれてきたということを、
普段の生活の中では忘れてしまったり、
あるいは意識していないことが多いと思いますが、
これからの時代は、そういうことを意識して生活する必要があると思います。

それに比べて薪は、日本人にとっては最も身近にあり、
化石燃料に比べて遥かに環境的に優しい燃料です。
中東まで買いに行かなくても、すぐ裏山へ行けば木はいくらでもあります。
薪を作ると言うことは、木を切ってしまう・・・と思っている人が多いみたいですが、
切ることには間違いありませんが、根こそぎ切ってしまうわけではありません。
雑木ならば、途中で木を切ってしまっても、また枝が生えてきて、
木は再生を繰り返します。
5年も経てば、かなりの木に戻ります。

DSC_3335.jpg

薪は燃やした時に二酸化炭素をわずかに出しますが、
その5年の間に光合成を繰り返し、
どれだけの二酸化炭素を固定化し、酸素を放出したか!
考えれば考えるほど、薪のエネルギーを有効に利用することが必要だと思います。

写真00828.jpg

さて薪ストーブライフ15年、石窯ライフ5年、ロケットストーブ歴3年のたつやが、
これは素晴らしい!と驚嘆したのがこの『ケリーケトル』です。
ロケットストーブを作る過程で、煙突から出る圧倒的な熱エネルギーで、
上部でお湯を沸かすだけでなく、煙突内にコイル状の金属製の管を入れて、
上から水を入れると、下ではお湯が出てくる装置が出来ないかを考えていました。

そんな折に見つけたのがこれでした。
これはまさにロケットストーブです。
大人の火遊びし隊、隊長としてはすぐに取り寄せることにしました。
構造はこんな感じです。

kelly3.jpg

DSC_3328.jpg

たつやは廃材の40mm角×30cmを斧で細かく割って燃料とし、
いったいどれくらいの木材で1.2リットルのお湯が沸くのかを試してみました。
このケリーケトルは1.6リットルタイプでケリーケトルとしては
一番容量の多いタイプです。
結果、驚くなかれ、この一本の廃材で
1.2リットルのお湯が2回沸かすことが出来た
のです。

DSC_3329.jpg

DSC_3331.jpg

アウトドアでお湯を沸かそうとすると、
携帯用にガスコンロだったり、
クックストーブ本体と燃料のガソリンやガス、それに鍋かヤカンが必要です。
しかしながら、このケリーケトルは、
その辺りに落ちている乾燥した小枝や松ぼっくりがあれば、
燃料とすれば十分なのです。
お金に換算すれば、ガス代や電気代が一切かからないということになります。

DSC_3338.jpg

もうひとつ感激したのは、ロケットストーブの機能を併せ持っているので、
お湯を沸かしながら、上部では料理が出来ると言うことです。
ケリーケトルの上に五徳のようなポットサポートを付ければ、
ケトルの上でまたお湯を沸かすことも、
フライパンで何かを炒めることも、
日清焼きそばも作ることが出来るのです。

DSC_3350.jpg

またケリーケトル自体がかなり熱くなって取り扱いに注意は必要ですが、
手持ちのハンドルとチェーンを引っ張ることによって、
自在にお湯を注ぐことが出来るのも、感動しました。

DSC_3373.jpg

メチャメチャ楽しく、そしてエコ!

家族で子どもたちと一緒に火遊びするのもいいです。
子どもたちに松ぼっくりや小枝を集めさせて、
それを燃料に食事を作る・・・なんてとっても素敵だと思うのです。

また大人が集まって火遊びするにも、
またアウトドアデートする若者がコーヒーを入れるのも、
青空の庭先で、自分で火を熾してお湯を沸かして飲む、
一杯のコーヒーや紅茶。
あるいはインスタントラーメンなどなど・・・。
もう最高です!

写真00830.jpg

あまりにも優れもので楽しいグッズなので、
なんとたつやはこのケリーケトルを扱うことにしたのです。


そうカンパネルラで販売します!

良かったら見に来てくださいね♪
実物を見て、実際にお湯を沸かしてみてください。
アウトドア好きは勿論、
そうでない方もこの楽しさを知って欲しいと思います。

DSC_3375.jpg

今月の10日からカンパネルラ店頭にて販売いたします。
0.5リットルタイプは税込み6980円
1.3リットルタイプは税込み7980円
1.6リットルタイプは税込み8980円
ポットサポートは税込み1500円(オプション)

写真のような鍋や網が付いたフルキットは税込み12000円(1.3リットル)
13000円(1.6リットル)です。


057-00208.jpg

カンパネルラ
福井県鯖江市本町2-2-22
佐野蕎麦2階
0778-52-5515
ご予約&お問い合わせは
jun-1fu@movie.ocn.ne.jp
までどうぞ。


ご予約の方には自家焙煎珈琲店たちばな屋さんの
コーヒー豆を100gプレゼントいたします。
ケリーケトルでお湯を沸かして飲んでみてくださいね〜♪







実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1958記事目

posted by たつたつ・たつや at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。

いいもの見つけた上に、取扱いまでされるとは素晴らしいですね。

”ロケットストーブでラーメン”の記事の際、友人のストーブ屋さんが、ギリーのケトルを載せていましたので紹介(コメ)しようとしたことがありました。

ステンレスの取り扱いはないのでしょうか?

Posted by オガ at 2012年03月03日 09:57
お!早速の反応はやっぱし火遊び人オガさんでしたか^^
これは本当に感動したんです。
ロケットストーブを作ってる時からこんなモノがあるといいと思っていたので、
尚更のことでした。

これはやっぱり世のため、人のために知って欲しいと
信念を持って広めたいですね♪

ステンレスも扱えますが、注文になります。
ご予約いただけたら、在庫しま〜す^^
是非是非〜♪
Posted by たつや at 2012年03月03日 10:05
はじめまして!

ケリーケトルで探していたら、こんな近くの方のブログに行き当たり、びっくりです。

先日、山ランチ中にガス欠になってしまいました。しかたなくぬるいコーヒーを飲むことに・・・

これとっても良さそうで、お店に参ります!

アルミにするか、ステンレスにしようか悩み中です。
Posted by まちゅぴちゅ at 2013年08月23日 09:26
まちゅぴちゅさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
このケリーケトルは本当に素晴らしいと思います。
是非、山行きで使ってみて欲しいです。

段ボールでも松ぼっくりでも何でも乾燥していれば燃料になります^^
Posted by たつや at 2013年09月12日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック