2012年02月12日

フランスのタバコ『GITANES』

フランスネタが続くことをお許し願いたいが、
サヴィニャック展以来、何かと少し古いフランスのデザインや小物を
引っ張り出してみる機会が増えた。

DSC_2299.jpg

これもブログネタを探すことでの副産物のようなものだ。
古いフランスの印刷物コレクションの中にあった、
フランスを代表するタバコ『ジタン』『ゴロワーズ』
広告付きカレンダーを見直してみた。
時に1957年のものだ。
このカレンダーが印刷されてから既に55年が経過しているが、
このデザインセンスと色使いは今見ても斬新だと思う。

img307.jpg

img308.jpg

さて、確か机の引き出しの中にジタンのタバコがあったはずだ。
引き出しをいくつか開けてみると、懐かしいガラクタの中に、
一際鮮やかなブルーのタバコのパッケージが見つかった。
これを買ったのは、たつやが17歳、高校2年生だった。
覚えたばかりのタバコの味など、わかるはずもないが、
外国タバコというだけで、ちょっとカッコイイ気がした。
旧友の誰も吸っていないタバコが欲しくて、
パッケージが好きという理由でこのジタンを2箱買った。

DSC_2323.jpg

家に帰って、ジタンを一本取り出して、
オイルライターで火をつけて一口。
ゲホゲホゲホー ま、まずい!
それにフィルターのついていない両切りタバコだったので、
口の中にタバコの葉っぱが残って、散々なジタン初体験だった。

DSC_2311.jpg

その箱は友人と吸ったのか、自分で吸ったのか、
それとも捨てたのかは記憶にないが、
あまりの不味さにもう一箱は、吸われることなく、
35年の間、たつやの引き出しで眠っていたのだ。

改めてそのジタンのパッケージを眺めてみると、
一般のタバコのケースとは一線を画した横長の形状、
ジプシー女が踊るシルエットにタバコの煙が重なるデザインセンスと
ジタンブルーと称される美しい青の色合いに、魅了された。
高校生だったたつやが数ある外国タバコの中から、惹かれて選んだのが、
このジタンだったということもちょっぴりうれしかったりする。

DSC_2313.jpg

タバコは17〜22歳まで吸って禁煙し、31〜39歳まで吸って止めました。
一日に70本という超ヘビースモーカーでしたが、
ある日禁煙を決意し、その日の23時57分に持っていたマイルドセブンに、
『タバコさん、長い間ありがとう!でももう吸わないからね』
とボールペンで書き込んで火を着け、最後の一本を吸いました。
午前0時にタバコをもみ消し、
隣にいた友人に持っていたタバコの残りとライターをあげました。
以来13年間一本も吸っていません。
今では人が吸うタバコの臭いや煙が苦手です。

だけど、ジタンが似合うオヤジになりたいです。

DSC_2325.jpg

wikipediaより抜粋
ジタンとは「スペインのジプシー女」を意味する。
パッケージには扇を持ったジプシー女性のシルエットが描かれる。
1947年にマックス・ポンティによってパッケージがデザインされ、
踊り子が青い背景の中で紫煙を纏って踊る秀逸な絵柄は
「ジタンブルー」として世界的に有名であり、
煙草パッケージのデザインでは度々代表作として例に挙がるほどである。

かつてはフランス煙草産業界ナンバー1シェアを誇ったセイタ社が製造を行っていたが、
1999年10月に同社がスペインのタバカレラ社と合併し、アルタディス社となって生産されている。
現在フランス国内での生産は停止されスペインの一工場で生産が続けられている。
フランス語の正式な発音は女性形への変化がなされるため「ジタンヌ」とされるべきであるが、
現在日本国内においては「ジタン」の呼称が一般的であり、
庄野真代の楽曲『飛んでイスタンブール』の歌詞にも「ジタン」として登場する。

ジタンは、フランス人俳優のジャン・レノやセルジュ・ゲンスブール、
歌手では元ビートルズのジョン・レノン、
日本においてはMr.Childrenのギタリスト田原健一、
女優の常盤貴子などが好んでいることでも有名である。

またフィクションの世界ではルパン三世、ブラックラグーンの張維新、
NANAの一ノ瀬巧、紅の豚のポルコ・ロッソ、ダブルブリッドの帆村夏純なども喫煙している。






実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1943記事目



ラベル:アンティーク
posted by たつたつ・たつや at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庄野真代の「飛んでイスタンブール」を想いだしますね。
Posted by きー at 2012年02月13日 14:30
きーさん、おんなじです。
ジタン・・・大人の香りがしたなぁ。
Posted by たつや at 2012年02月17日 19:21
通販で買ってみました。たまに吸うには良いかも。
パッケージのデザインは秀逸ですね。
Posted by 空箱 at 2013年07月20日 12:55
空箱さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
吸うにはどうかと思いますが、パッケージデザインはとっても好きです。
飾っておいてもオシャレですよね。
Posted by たつや at 2013年07月25日 09:20
ムッシュかまやつは、ゴロワーズという煙草を吸ったことあるかい、って歌ってた気がする。
Posted by reactor moteur at 2016年08月11日 07:24
reactor moteurさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
そんな歌があったのですね。
ゴロワーズ、ジタン、どちらも秀逸なデザインで好きです。タバコは吸いませんが・・・。
Posted by たつや at 2016年09月01日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック