2012年01月25日

たつやの改良型ロケットストーブ2号その2

昨夜のブログでは、設計図とロケットストーブの下半分について紹介しました。
今夜は、下半分と仕上がりまでの作業工程を紹介します。
もちろん興味のある方に見ていただきたいのですが、
自分への備忘録として残したいので、多少写真が多いことをご了承くださいね。

DSC_0811.jpg

一斗缶の下部に煙突を通す穴を開けます。
金切りハサミが一番楽です。
手前に小さな穴を開けたのは、上から入れた灰が下の一斗缶に落ちるための穴です。


DSC_0812.jpg

こういう作業をする時は、素手は危険です。
軍手での作業をお勧めします。


DSC_0813.jpg

一斗缶の持ち手を切り離します。
最上部です。


DSC_0821.jpg

下から見た状態です。

DSC_0823.jpg

DSC_0824.jpg

煙突が長いので、金ノコで切ります。
ステンレス(怪しいなぁ?)製なので、切るのにちょっと手強かったですね。


DSC_0825.jpg

重ねてみると完成のカタチが見えました。

DSC_0827.jpg

誠市で格安で買った五徳にドリルで穴を開けます。

DSC_0830.jpg

いよいよ灰を詰めていく工程です。
煙突に入らないよう蓋をして灰を入れていきます。
かなりの量が入りました。


DSC_0834.jpg

DSC_0836.jpg

上と下を繋ぎ、この隙間から灰がもれてこないように、アルミの耐熱テープを張ります。
このテープ以前に買ったのですが、めちゃめちゃ高かったと記憶していますが、
金額までは確かではありません。


DSC_0839.jpg

五徳を固定しました。

DSC_0841.jpg

灰をどんどん詰めていきます。
時折缶をゆすって、上の灰が下の缶にいっぱいになるようにします。
一斗缶二つ分18リットル×2で36リットル、
煙突部を除いても30リットルの灰が入ったことになります。
かなり重くなり、その分安定性が上がったと思います。


DSC_0843.jpg

写真00471.jpg

おお!とりあえず見た目は設計図通りです。
これで煮炊きをしてみたいのと、
この本体にドラム缶などを被せて、
ドラム缶自体を温め暖房としての機能が使える本来のロケットストーブ
の試作品としていろいろ実験してみたいと思っています。

写真00473.jpg

次回に続く・・・火入れ編です。

あまりにも雪が降るので、このロケットストーブの上部から下へ煙突を下げ、
それを数メートル横引きして排気すると、
排気口及び、煙突の周りの雪がどれくらい溶けるのかを実験してみたくなりました。
多分、ほとんど効果はないのかもしれませんが、
やってみなければわかりません。
うまくいったらたつや式融雪ロケットストーブとでも命名しましょうか^^

また実験したら報告しますね。





何だか超人気ブログが地域ブログに引っ越してきたみたいで、ダントツのトップです。
絶対届かないけど、たつやにも応援よろしく〜♪(バディと一緒に引っ張られて、すごい伸びて感激しています^^)
あと150人ほど応援してくれたらいいとこ行けます(笑)
ですがおかげさまで地域ブログ部門、全世界を合わせたランキングで21位なんて、
とんでもない数字が出て、もう感激です。ありがとうございます^^

実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1929記事目

posted by たつたつ・たつや at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね。

煙突(二次燃焼部)の長さと灰の断熱ですごく高温燃焼すると思いますよ。

私が実験で作ったものも、これによく似た形でした。

また当分火遊びできそうですね。
寒い折、これで料理楽しめそう。
Posted by オガ at 2012年01月26日 12:28
こうやって見るとかなり手の込んだ作業なんですね(@_@;)
断熱材として灰が入ってるとは想像もしませんでした。
暮らしを楽しんでいらっしゃる様子がプンプン伝わってきます(^_-)-☆
Posted by genome-yosi at 2012年01月26日 14:14
オガさん、この手のハンドメイドストーブは楽し過ぎます!
寒いのを忘れて雪の中で火を焚いています。
でもまだまだ改良の余地がありそうです。
このままではクッキングにはあまり向かない感じです。
上がってくる熱気をうまく暖房に結びつけることが出来ないかを考えています。
またいろいろと教えてくださいませ。

毎日、雪かき大変でしょうね。
ご自愛くださいませ。
Posted by たつや at 2012年02月03日 15:30
genome-yosiさん、手間暇はそれなりにかかりますが、
これは楽しい大人の火遊びですよ^^
今庄だとこれを上手に使ったらかなりの暖房費削減になると思いますよ。
Posted by たつや at 2012年02月03日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248493546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック