2012年01月12日

第11回美味しい新蕎麦と地酒と地肴でふくいを語る会(1)

毎年、11月下旬〜12月上旬の間にそば会を主宰しています。

写真00734.jpg

第一回目は1999年でした。
うちの会社から歩いて三分のところに出来た
若い蕎麦職人が打つそばや『だいこん舎』がすごく気に入って、
彼の打つそばをいろんな人に食べて欲しいという想いと、
たつや自身がいろんな場所で知り合った素敵な人を、
やはりたくさんの人に紹介したい!
という想いで、この会を思いつきました。

写真00728.jpg

写真00731.jpg

ただのそば会という名前では在り来たりなので
少々アカデミックな名前をつけました。

『美味しい新蕎麦と地酒と地肴でふくいを語る会』
通称そば会です。

写真00732.jpg

写真00733.jpg

以来、会場は何度か変わり、
参加者も入れ替わりましたが、
昨年で11回目のそば会となりました。
ここ数年は旧武生市内にある
元料亭の春駒さんをお借りして開催しています。
昨年までは一階の和室三間を使っていましたが、
ぎゅうぎゅう詰めで手狭になってきて、
今年はついに二階の大広間を使うことになりました。

写真00721.jpg

写真00722.jpg

写真00723.jpg

そば会は4時に始まって終わるのは午後10時という
延々6時間の会ですが、
ほとんどの方が最初っから最後までいらっしゃいます。

写真00724.jpg

写真00725.jpg

学生さんから大学の教授、主婦から市長さん、
ミュージシャンから料理人まで
60人近い老若男女が蕎麦とお酒と料理の前では
不思議と何の垣根もなく楽しい時間を過ごします。

写真00726.jpg

img300.jpg

写真00700.jpg

ここ数年、そば打ちをお願いするのは、
ふくいそば打ち愛好会の方々です。
そば打ちで日本一になった第九代名人
岡本幸廣さんをはじめ4人の方が来てくださいました。
おろしそばを200食用意しました。
そば粉は吟味された大野産早刈そば
橋詰製粉所さんで石臼で挽いていただいたものです。

写真00727.jpg

またお酒に関しては、鯖江駅前の久保田酒店
久保田裕之さんに1999年当初から全面的にお任せしています。
たつやは飲めないのが残念ですが、
お酒の好きな方にとっては、最高のセレクトのようです。

写真00699.jpg

img301.jpg

オードブルをピリケン本店さんにお願いし、
デザートにはロフティーさんのパンやシュトーレン、
ブラドメールさんのショコラやタルト、
Kさんの手作り水ようかんが、
そして珈琲はたちばな屋さんが出してくれました。

写真00730.jpg

たつやはこの会の第一回目から参加してくださる方、
全員の参加者プロフィール集を一冊の小冊子にして、お渡しします。
それには参加者からいただいたプロフィールと、
たつやがその人と出会ったことや、その人との関係を
コメントとして掲載しています。
制作するのはホントに大変で、毎年3日間は夜中までかかってますが、
これだけは自分の役目として、きちんと仕上げたいと思っています。

img300.jpg

この会で初めて会う方同士にとっては
話のきっかけになると思っていますが、
30分もすれば旧知の仲だったかのように話が弾んでいます。

昨年末のそば会も本当に楽しく美味しく有意義で感動できた時間と空間でした。
このような会をいろんな方のおかげで
開催することが出来る幸せを実感しています。

写真00718.jpg

2012年のそば会も今からわくわくしています。





実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1916記事目




posted by たつたつ・たつや at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック