2006年09月12日

勝山・八助

勝山には、たつや好みのそばやさんが数軒ある。
今回はスタンプラリーもあって、八助へ行った。

もともとこの店は「義野製粉所」という米やそばを挽く仕事をしていて、
そこに5年前にそば店も併設した、というのが始まりだ。

hachisuke 1.jpg

そんな風な理由もあって、場所は、はっきりいって分かりにくい。
車一台がやっと通ることができるような道を入っていかなければならない。
だけど、こうして辿り着く楽しみもあるし、
かなり古い風情のある家屋を店舗にしているだけあって、趣がある。

喫茶も兼ねているため、お抹茶をいただくこともできるし、
和服を着た素敵な娘さんとの会話も楽しい。(これが目的?)
それに、ちょっとしたディスプレイも遊び心があって面白い。

hachisuke 2.jpg

それに何と言っても、そば一杯の値段が安いのがうれしい。

おろしそば一杯 430円
しか〜し、ここには更にリーズナブルになるモノが存在する。

その名もそばチケット(そのまんまやないかいがく〜(落胆した顔)
5枚→1900円  10枚→3600円
つまりグループで行ったり、常連さんなら一杯360円で食べられるというもの。
この単価ならば、多分福井県内の手打ちそばやさんでは最安値ではないだろうか?

hachisuke ticket.jpg

そばは、香りの立つ、少し柔らかめに茹でられた優しい味。
ダシと一緒にかき込めば、何杯でも食べれるそばだ。

hachisuke orosi.jpg

お店のご主人も常連さんと楽しそうに会話をしている。

hachisuke shujin.jpg

ご近所のおじいちゃんも、杖をついて通って来て、ここのそばを楽しんでいる。

hachisuke jorensan.jpg

八助
福井県勝山市栄町1-1-8
TEL 0779-88-0516
営業時間 喫茶 AM11:00〜PM10:00
     そば AM11:00〜PM2:00 PM5:00〜PM9:00
定休日 木曜日

 
posted by たつたつ・たつや at 22:04| Comment(6) | TrackBack(2) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほお 八助をアップですか?
渋い店 来ますねえ。
この店は 場所が分かりにくいことでは
多分 県内そばやでは TOP3に入るでしょう

しかし 着物のむすめの写真がないのはなぜ?
女好きのTさん すこし 軌道修正?
それとも 女性の写真は おばあさん 専門?

この店のインテリアに 火鉢があって その中に
昭和30年代前半のメンコがさりげなく置いてある

八助 義野製粉所は私の ブログ にも
 掲載していますの よろしければ!!



http://plaza.rakuten.co.jp/kanbey/diary/200609040000/
Posted by かんべい at 2006年09月13日 06:11
渋い店ですよね〜
場所探しなんて香川のうどんや巡りを思い出しました。

うどん、という映画まで出来て益々、うどんの
知名度は上がるばっかりなのに、
福井のそばは盛り上がりまへんなぁ・・・。

看板娘さん、アップしたいけど、最近は変な輩が
多いから、個人を特定できる顔写真は一部を除いて、
出さないように心がけているんです。

かんさんのブログも参考にさせてもらっていますよん。
リンクしましょうか?
Posted by たつや at 2006年09月13日 09:24
福井の蕎麦は値段が高いのう〜、いっぺんゆうたろと思った(バッシング覚悟)
私も映画「UDON」を観たけど讃岐うどん屋さんはキドリがないのう〜現地に行って食べたことないけど、皆が皆そうでもないかも知れんけど、映画から感じたわ(たつっあんの以前のブログでも)

キドリのない安い店が生き残れる環境だったら福井版麺通団が続々発生できると思うザ

しかしさあ、福井のうどんって腰がないのう〜ダンゴの伸ばしたのみたいや(バッシング覚悟!)



Posted by ユパ at 2006年09月13日 14:28
さあ たつやさん 福井のうどんにご意見を
もらいましたよ!!

そばとともに うどんにも 強い たつやさん
ユバさんに お返事します?
Posted by kanbey at 2006年09月13日 17:47
ユパさん、オヒサシブリですね〜。
麺談義となれば、ちょっとうるさいたつやですが、
これはあらためて、ブログに書きたいと思っています。

確かに福井のそばは高い、ですよね。
もともと庶民の楽しみだった食べ物ですが、
今では高級な食べ物のひとつかも?
そば一杯が300円〜400円であれば、
もっとたくさんの人がそばを食べ歩けると
思うのはたつやだけではないでしょう。

うどんブームが起きた一番の理由は
香川県民がうどんを愛していること!だと思います。
うどんという食文化に誇りを持ち、情報を発信することで、
経済に発展した大きな成功例でしょう。

福井県人がもっともっとそばを愛すれば、
そば文化はそば経済へと発展していくのだと
思っているのですが・・・。
Posted by たつや at 2006年09月13日 23:31
かんさんに、煽られていますが・・・。

福井では確かにうまいうどんを食べられる所は
きわめて少ないというのが現状でしょうね。

でも最近は香川のさぬきうどんの大手チェーン店や、
地道に手打ちうどんを出してる店も少しづつ増えてきています。

でも、価格だけは香川と全然ちがうんですよね・・・

手打ちそばと手打ちうどんが同じ値段というのは、
納得がいかないたつやです。
Posted by たつや at 2006年09月13日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

八助へ(たつやの尾行、その9)
Excerpt: たつやさんのブログで紹介されている『八助』へ行ってきた。
Weblog: 川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ
Tracked: 2006-10-25 07:25

八助へ(たつやの尾行、その9)
Excerpt: たつやさんのブログで紹介されている『八助』へ行ってきた。
Weblog: 『川中重司、ほのぼのIT税理士!(^^)のブログ』のバックアップブログです。
Tracked: 2008-06-27 15:24