2011年11月17日

西舞鶴の風景

小雨の東舞鶴を出発したのは、9時半頃だった。
一路国道27号線を西へ向かい、途中からは南へ下りるようになる。

たつやは知らない町を走る時は、大抵大通りを避けて、
旧道を探したり、町があればその中心部へと車を進める。
どこが繁華街か、どこが中心部か、どこが旧市内かなんて、
初めての土地で知っているはずはないのに、
大抵は迷うことなくそういう場所にたどり着ける。

DSC_5611.jpg

これはちょっと自慢にも聞こえてしまうかもしれないが、
知らない町を熟知してるかのごとく走ることが出来るし、
美味しい店や珍しい風景に出会う特技を持っていると自負している。

DSC_5606.jpg

DSC_5599.jpg

古い商店街には必ず立ち寄って、
昭和の店を散策したり、街角の風景に心惹かれたりする。
こんなことを言ったら敵を作ってしまいそうだが、
たつやにとって大型ショッピングセンターや全国チェーンのお店なんて、
まったく面白みがなく、興味がないのだ。

写真00439.jpg

西舞鶴で立ち寄った商店街は、日本のどこの商店街でも増えている
シャッター商店街となっていて、
かなりの店のシャッターが降りていた。
それでも八百屋さんや和菓子屋さん、洋服やさん、瀬戸物やさん、
散髪屋さん、食堂などはまだまだ現役で頑張っている。

DSC_5614.jpg

そら豆の餡子を使ったどら焼きを発見!
店のおばちゃんが盛んに味見をすすめてくれる。
たつやはこのどら焼き3個入りをいただくことにして、
その場でひとつ食べてみた。
ねっとりとした白っぽい餡子が特徴のどら焼きだ。

DSC_5616.jpg

ちょうど京都で行われていた国民文化祭のお手伝いをしている
大学生のグループのこの店にやってきた。
おばちゃんは早速、試食を薦めている。
何だかとても楽しそうな様子だったので、
たつやはそのどら焼きを一個彼らに進呈することにした。
でもあげるなら、やっぱり女子がいい!(笑)
旅先では袖触れ合うも多少の縁じゃないか。

DSC_5620.jpg

裏通りを抜けて山の際まで車を進めると、
荘厳な作りの立派なお寺を見つけた。
寺めぐりが趣味という訳ではないが、
旅先では神社仏閣に立ち寄ることが多い。

DSC_5649.jpg

桂林寺(けいりんじ)という曹洞宗の禅寺で、
丹後有数の歴史を誇るお寺ということだった。
山号は天香山という。
山門が実に見事で、その両脇におられる仁王像が素晴らしい。
おそらく寄木で作られているのだろう。
下の隙間からカメラのレンズを入れて写真を撮ったが、
上から見下ろされている感じがひしひしと伝わってくる。

DSC_5638.jpg

DSC_5636.jpg

本堂前の石灯籠は苔むして、長い時の流れを感じる。
この空間を流れている時間は、
自分たちの時間の概念を超えているような気がする。

DSC_5645.jpg

旧市内を流れる高野川
その両脇には歴史を感じさせる建物がかなり残っている。

DSC_5652.jpg





実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1873記事目

posted by たつたつ・たつや at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック