2011年10月23日

槍見舘のお風呂

温泉宿の一番の楽しみはやっぱりお風呂です。
槍見舘が人気あるのは、そのロケーションだけでなく、
川沿いにいくつも並んでいる露天風呂が最高なのだと思います。

DSC_2706.jpg

混浴露天風呂が二つ、貸し切り露天風呂が四つ、
足湯がひとつ、そして内湯が男女ひとつづつあります。

 
DSC_2677.jpg

建物から露天風呂までは少し降ります。
雨降りの日用に番傘が置いてありました。
緑の中で一際引き立つ赤!
開いたらもっと鮮やかに存在感を増すでしょうね。

ここはテラスになっているので、
座って外の空気を感じながらお茶(但しセルフサービス)
をすることも可能です。

DSC_2678.jpg

DSC_2685.jpg

日本庭園のような石段を降りていくと、川のすぐ畔に、
混浴露天風呂があります。
男女の入り口はそれぞれ別ですが、お風呂は同じになります。
槍見舘は客室が15なので、お風呂が混み合うことはまずありません。

DSC_2689.jpg

DSC_2693.jpg

貸切の露天風呂も入り口にある看板を入る時に「入浴中」
出るときには裏返しにして「ごゆっくりどうぞ」にするだけ。
ちょっと早めにお風呂に入ることにしたので、
たつやは5つのお風呂に入りました。

DSC_2696.jpg

DSC_2704.jpg

中にはこんなお風呂もあります。
中にブランコと滑り台があるお風呂です。
へ〜、こんなんだったら子連れの親子とかは、めっちゃ楽しいだろうな〜
と思いながら湯船に入ったのですが、
湯船から滑り台を眺めていたら、
たつやも滑ってみたくなりました。

DSC_2700.jpg

上から見るとこんな感じです。
スロープは1m程度しかありませんが、
水に濡れた滑り台は思った以上に勢い良く湯船に直行します。
あはは〜、これ結構楽しいかも^^;

DSC_2734.jpg

どうせ誰もいないんだからとブランコにも乗ってみました(笑)
裸でブランコ、片手に一眼レフカメラを持ってシャッターを切ります。
あまり(というかまったく)想像したくない絵ヅラでしょうが・・・。
なのでちょっとボカしてあります。

写真00478.jpg

それにしても本当に気持ちのいいお風呂です。
さすがに五つのお風呂に入るとちょっとのぼせ気味でしたが、
身体はポカポカ、頭はすっきり。
空は青く、山々が美しく、空気が美味しくて、
水の流れる音が聞こえてきて・・・。

DSC_2724.jpg

ある意味、この世の極楽ですね〜。
実はたつやだけ、この日の夜中に鯖江に戻らないといけない用事があったので、
翌朝のお風呂は叶いませんでしたが、朝風呂なんてもっと気持ち良さそうです。

槍見舘のお風呂は夜中でも入れるのがまたいいです。





実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1854記事目
ラベル:岐阜県 温泉
posted by たつたつ・たつや at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。

いいですねぇ〜槍見館!
いっつも前は通っているのですが、外来入浴の時間が短くて、
なかなかチャンスが巡って来ず、未だ入湯ならずです。

>裸でブランコ、片手に一眼レフカメラ

ある意味、想像出来ちゃうところがたつやさんらしいというか(笑)
でもやっぱり想像はしたくないですが(爆)

わたしもたまには、テント以外に宿泊したいものです。
Posted by mie at 2011年10月24日 20:58
mieさん、お久しぶりです。
この記事にコメントもらってすご〜くうれしいです。
この宿は絶対mieさんには、ストライクだろうって最初っから思ってました。

山やさんだから、この辺りは行くでしょうし、
たまには相方さんとゆっくり貸切露天風呂
っていうのもいいんじゃないですか?

想像させちゃってごめ〜ん^^;
Posted by たつや at 2011年10月24日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック