2011年10月16日

富山〜神岡町

昭和7年生まれの両親と、姉と弟、そしてたつやの5人で、
生まれて初めて泊りがけで温泉に行くことになりました。

うちは家業が印刷やだったので、
仕事とプライベートの区別がほとんどありませんでした。
たつやが子どもの頃は、ご飯を食べる場所は、
印刷の仕上げをする祖母のいるところでした。
ちゃぶ台はのり貼りの台にも、食卓にもなりました。
休みの日も職人さんは休みでも家族は、
なんやかんやと仕事をしていたように記憶しています。


DSC_2521.jpg

DSC_2583.jpg

なので、家族が揃って出かけることはほとんどありませんでした。
ライオンズクラブの家族例会や会社の慰安旅行として
出かけたことはあったのですが・・・。
それにたつやと弟は9歳離れていて、姉が3歳上なので、
弟が幼稚園に行ってる頃に、姉は高校生という年齢の差もあって、
家族5人は初めてになったのかもしれません。


DSC_2546.jpg

さて今回の旅行は両親が全部、旅先から宿泊地までを全部決めて、
計画を立ててくれました。
たつやはその計画に乗って行くだけでいい!
という本当にお気楽な旅です。
しかしながら、予約を済ましてから気が付いたのは、
宿泊の翌日は誠市6周年イベントの日だったのです。
先日ブログでも紹介したきものイベント3つは、
企画の素案を立てたのが、たつやだったので、
その日戻らない訳にはいかないのです。

DSC_2535.jpg

DSC_2629.jpg

家族には申し訳ないと思いながらも、
車2台で出かけて、たつやだけ翌早朝に帰ることにしました。
たつやは父の車、TOYOTA MR-Sというオープンカーを借りて、
富山インターを降りてからは屋根を開けて走ることにしました。
オープンカーが気持ちいい時期というのは意外に少ないのですが、
この日は絶好のオープン日和です。

DSC_2530.jpg

国道41号線を高山方面に北上するルートです。
弟運転の車とは待ち合わせ場所を決めていたので、
多少寄り道をしたところで大丈夫そうです。
お天気の週末の土曜日ということもあって、
たくさんのバイクが走っています。
皆気持ち良さそうに追い抜いていきます。
オープンカーで屋根を開けて走るなら、
スピードは控え目に、空気や景色を感じての走行がいいと思います。

DSC_2532.jpg

途中の景色の美しさに路肩に車を停めて、
ちょっと回りを撮影していました。
車に戻ってくると、たつや苦手の白黒ツートンの車が・・・。
ええ!?どうやらたつやの車の前で停まりそうな勢い^^;
慌てて車に戻り、そ〜っと走り始めました。
バックミラーで着いて来るかどうかを確認しましたが、
どうやらUターンして戻る様子でした。

何にも悪いこと、してないけど、
今年に入って2回もお世話になったこともあって、
もう視界に入ってきただけで、ドキドキしちゃいます。

DSC_2570.jpg

神岡にある古民家を移築した陶芸家のカフェは、
フェイスブックでのやり取りから
今立のカフェオーナーさんからの情報をもらいました。
親子5人、のんびりお茶をいただきます。

DSC_2572.jpg

DSC_2574.jpg

まったりした時間を過ごさせていただきました。

DSC_2598.jpg

DSC_2602.jpg

ここから宿までは1時間もかかりません。
景色を楽しみながら、ゆっくり走ります。

DSC_2615.jpg





実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1847記事目

ラベル:富山県
posted by たつたつ・たつや at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック