2011年10月15日

ナナ・イロ@鯖江松阜神社

10月6日はたつやの地元、鯖江市内の松阜神社(まつおか神社)の秋祭りでした。
この神社のお祭りは日にちが決まっていて、
毎年10月5.6.7日の三日間です。

DSC_2430.jpg

たつやが子どもの頃のこの神社の賑わいは、
本当に凄かったです。
神社からまっすぐ伸びた参道の両脇にはズラリと夜店が並び、
その枝別れした道にも、ずっと植木市や大工道具店などが並んでいていて、
歩くことさえ人の間を縫っていたものです。

昔っからアソビ子どもだったたつやは、
もうこの3日間は、学校から帰るとランドセルだけを投げ捨て、
おじいちゃんに小遣いをせびって、祭りに行きました。
食べるより、もっぱらスマートボールやパチンコに夢中になり、
お金が無くなると家に帰って、
また夜になって、家族や会社の番頭さんと一緒に祭りに行ったものです。


320.jpg

さて、最近の松阜神社の秋祭りは随分さみしくなってしまいました。
時代の流れと言えばそうなのかも知れませんが、
もっと地元の祭りに対して、地域の人が、
誇りを持てるようなカタチを模索する必要があると思います。

DSC_2439.jpg

DSC_2475.jpg

今年の松阜神社の秋祭りのステージイベントの当番を
たつやの町内が担当することになって、
日頃からお付き合いしている福井在住の音楽ユニット、
ナナ・イロの二人にライブをしてもらうことにしました。

DSC_2500.jpg

ライブが始まる7時にはかなり気温が下がって、
用意していた椅子が夜露で濡れてしまうほどでした。
ライブが始まった時には、少なかったお客さんでしたが、
時間が経つとともに、どんどん増えていきました。

DSC_2499.jpg

たつやが大好きな曲(新曲の『ブローチ』)も含まれていて、
しばし一観客となって、じっくり聞かせてもらいました。
1時間のステージはあっという間に終わってしまい、
その後、お楽しみ大ビンゴゲーム大会に移りました。

DSC_2504.jpg

DSC_2508.jpg

引き続き、ナナ・イロのふたりがビンゴゲームの司会進行を務めてくれました。
ラジオのパーソナリティもやっているし、
うちの娘の結婚パーティでは司会もお願いしたくらいなので、
ライブはもちろん、何でもこなしちゃうマルチな二人です。
お陰で、ビンゴゲーム大会も大盛況でした^^

リハーサルが終わった時に差し入れしたサバエドッグ
ご満悦のあいちゃん&みっちゃんです^^


322.jpg






実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1846記事目

posted by たつたつ・たつや at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、松阜神社のご近所さんです。今年の祭りは、賑わいとしては陰の極とも感じられました。露天商は去年の6割程度で、しかも6日の夜9時過ぎには9割が引き上げてしまいました。人出がなくて儲からなければ 仕方ありませんが。祭りにも色々ありますが、松阜さんは、近年は単に神社の行事と思われているみたいで、誰も盛り上がりを大して期待していないかの様です。今年は若いナナイロさんも頑張ってくれたのに残念でした。「歴史のある神社の歴史のある祭り」という基盤があるのだから、子供が長じて思い出すような、大人も少しは気が浮き立つような祭りにしないともったいないですね。しかしイベントというものは常に「なんとかしてやろう」という熱い陰のヒーローに負うところが大きいですから、来年は果たしてどんなことになることでしょうか。
Posted by 藤本 幸枝 at 2011年10月17日 19:29
藤本幸枝さん、この度はご訪問&コメントありがとうございます。
確かに今年の松阜神社のお祭りは寂しかったと思います。
露天商の方も商売だから、売れないと出ない・・・
お店が少ないからまつりに行かない・・・
という悪循環がどこの町にもあるようです。

まつりに対する意識が下がってしまった今、何かが足りないのだと思います。
Posted by たつや at 2011年10月19日 11:49
あけましておめでとうございます。西山公園が気に入って鯖江に来た嫁を持つ男です(笑)
 確かに昔の松阜さんの祭は本当ににぎやかでしたね。こんなふうになっているとは知りませんでした。
 でも、2年前、初詣に行ったら、目の前でお賽銭を回収していて興ざめだったことがあります。お昼ですよ…。せめて早朝にするとか。きっともう作業になってしまっている。
 この神社の価値がわかっていないのでは、と思います。祭られている間部詮房は、江戸時代随一の出世頭なんですけどね。
Posted by Mr.Dry at 2012年01月01日 22:37
Mr.Dryさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
西山公園が気に入って・・・っていうのがいいですね。
神社の衰退は昨夜の初詣の時にも感じてしまいました。
いろんな人が関わって、盛り上げていかなきゃですね。
Posted by たつや at 2012年01月01日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック