2011年10月11日

舞妓さん&芸妓さん in 誠市

誠市のきもの・和服イベントの三つ目が、
誠市会場で舞妓さんと芸妓さんに歩いてもらい、
一般のお客様と一緒に写真撮影などに応じていただくものでした。

DSC_2972.jpg

たまたま数年前に三国の方から三国まつりで
花魁道中を企画するから撮影に来て欲しいと頼まれたり、
今年に入ってからも芦原温泉での花魁道中の撮影を依頼されたことが、
このイベントを企画する上でとても参考になりました。

DSC_3004.jpg

DSC_3029.jpg

衣装や小物、カツラやメイクなどは
すべて鯖江市内の衣装屋さんや美容室さんが
協力をしていただき実現しました。
モデルさんも一般公募から鯖江市在住のお二人を
書類選考の上、決定しました。

DSC_3035.jpg

DSC_2986.jpg

何もかもが初めてで、いろいろと苦労もありましたが、
たくさんの方の協力の元に実現することが出来ました。
着付けとメイクの勉強のために
わざわざ京都まで出かけた美容師さんもいたくらいです。

DSC_3221.jpg

DSC_3184.jpg

誠市当日は爽やかな秋の一日となり、
本当にいいお天気になりました。
市民ホールつつじで着付けを終えた舞妓さんと芸妓さんは、
誠市会場である誠照寺の四足門から、御影堂までゆっくり歩いて来られます。
舞妓さん、芸妓さんが歩くことを知って集まった方も、
知らずに会場に来ていた大勢のお客さんにも囲まれます。
本格的一眼レフカメラを持つ人から、携帯電話のカメラで撮影する人まで、
すごい数のシャッターが切られていました。

DSC_2964.jpg

その後は会場を少し回り、会場に来られていたお客様と記念撮影をしたり、
きものでそぞろ歩きの昼食会に合流し、
再び誠市やご縁市会場を歩いていました。

DSC_3142.jpg

DSC_3116.jpg

華やかな着物姿は、やっぱり日本人の魂を揺さぶるようです。
女性からも男性からも熱い視線を集めていました。

誠市6周年記念での『舞妓さん&芸妓さん in 誠市』
来年は出来ればもっとたくさんの舞妓さん&芸妓さんが、
誠市会場を華やかにしてくれたらいいと思います。
(まだ未定ですが、モデルをしてみたい方や、
衣装協力してくれる方を募集すると思います)


DSC_3208.jpg

関係者の方のご協力、本当にありがとうございました。






実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1842記事目






ラベル:誠市 鯖江市 和服
posted by たつたつ・たつや at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
舞妓さん、きれいですね。
でも、どちらかと言うと着物に惹かれます。
舞妓さんの着物って色彩が艶やかですよね。舞妓さんか三歳以下しか無理!って思う色なのです。
10月は何かと行事があって行けなかったのが残念です。
Posted by あじゅん at 2011年10月13日 14:51
あじゅんさんの芸妓さん姿、見てみたいな^^

おっしゃるように、あの色の着物を着れるのは舞妓さんか、
子どもさんかも知れませんね。
でも日本の着物って本当に奥が深いと思いますね〜。

機会があれば誠市にお着物でどうぞ^^
Posted by たつや at 2011年10月14日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。