2011年09月22日

さよなら夏の虫たち

台風が連続で来たりして、33.34℃を毎日超えていたのが、
まるで嘘のように涼しくなってしまいました。
一気に10〜15℃も下がってしまったようです。

外から聞こえてくる虫の声はすっかり秋のそれに代わりました。
ほんの数週間前まで、盛夏を感じさせる季節で、
昆虫も夏の虫をあちこちで見かけました。
今までに何度もブログに書いていますが、
かつては昆虫少年でした。
夏休み期間中40日のうち35日は昆虫採集に出掛けていました。

写真00448.jpg

DSC_0891.jpg

なので、山へ行くと自然に虫たちに目が行きます。
もしくは食べられる山菜や木の実に目が止まります。
これはもう意識しているのではなく、
子ども時代に身体で覚えてしまっている無意識での行動です。

写真00449.jpg

写真00450.jpg

ここ数年はマクロレンズをつけたカメラを持ち歩くようになって、
無意識+意識的に虫たちに注意を払っています。
以前は見過ごしてしまってた小さな虫たちや、
蜘蛛などにも興味を持つようになりました。

写真00358.jpg

肉眼で見ている虫たちと、マクロレンズを通して大きく見る虫は全然違います。
ただのゴマ塩色の小さな蜘蛛が良く見ると、サルみたいな顔をしていたり、
カニみたいな外観だったり、その模様の美しさに驚かされます。

写真00360.jpg

それに今年はいろんなトンボに出会いました。
トンボは好奇心旺盛な昆虫なので、
たつやが近付いても逃げない場合が結構あります。
もちろんあの大きな複眼に、たつやが写っているのには間違いないのに、
そ〜っと息を止めて近づけば、意外に飛び立ちません。
トンボは時折、頭全体をクルクル回して、
辺りを見渡すそぶりを見せますが、それでもその場を離れません。
もうこれ以上はピントを合わせられないという
15cmくらいの至近距離まで近寄ることもあります。

写真00452.jpg

写真00453.jpg

これはオオフタオビドロバチです。
比較的、どこでも見られる種類ですが、
一ヶ所にずっと留まることはないので、
なかなか写真に収まりません。

写真00356.jpg

子どもの頃によく見かけたオンブバッタ
下にいる大きい方がメスで、上に乗っているのがオスです。
交尾中ももちろんオンブ状態なのですが、
この種は、交尾以外の時も乗っているのだとか・・・。
オスはずっと楽をしていたいのですね^^

写真00361.jpg

昆虫の季節、夏が終わろうとしています。
たつやにとっては外歩きの楽しみがひとつ減った気がして残念です。

虫嫌いな女の人(最近は男にも多いねぇ・・・)は結構いるようですが、
子どもを持つお母さんは安易に嫌がらないで欲しいな。
小さな子どもの前で、虫を見て「ギャー」と叫ぶママの子どもが、
虫を好きになる訳がありません。
ひとりで嫌がってる分にはいいんですけどね。
っていうかそういう人はこのブログを見ないか^^;







実はたつや、毎日短くて1時間、最近は2時間かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです


いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

1826記事目

posted by たつたつ・たつや at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック