2011年06月01日

大船渡市中心街の被災地

DSC_5162.jpg

さばえもちつき隊のメンバーの中に、
ネイルサロンmilky nailを開いている山口美和さんがいます。
http://ameblo.jp/milky-nail38/

そんな彼女はネイルアートを縁にいろんな地域に人と交流をしていますが、
その中のひとりに大船渡市でネイルサロンをしている人がいました。
大船渡市の中心街でラグジュアリーネイルを開いていた及川由里子さんです。
http://ameblo.jp/lily-nail-love/
彼女のネイルサロンは震災当日の大津波で、
跡形もなくなってしまい、今は別の場所でネイルサロンを開いています。

DSC_5150.jpg

さばえもちつき隊は、前もって彼女に連絡をとって、
いくつかのお願いをしていました。
そのうちのひとつが大船渡市の被害にあった地域を案内してもらうことでした。
ボランティアに来た人には、
やはりそういう場所を見てもらうことにしているとのことでした。

DSC_5165.jpg

DSC_5164.jpg

大船渡市の避難所に着いたのは午前8時でした。
鯖江を前日の午後7時に出発していたので、
13時間かけて岩手県大船渡市に到着したことになります。
もちつきをする前に、避難所で及川さんと待ち合わせをして、
被災した場所へと案内してもらいました。

えっ!?
と言ったきり誰も話をしなくなりました。

DSC_5153.jpg

及川さんがネイルサロンを開いていた場所で車を降りました。
小雨が降っていて、街は少し煙っています。
肌寒い天候がより荒涼とした空気に包まれていました。
映像では見たことがありましたが、
ここは空気の冷たさも、時折聞こえる海鳥の鳴き声も、
街の臭いも、五感を通して、その凄まじい状況が
否がおうにも、伝わってくるのです。

DSC_5158.jpg

ここなんです。
ここが私のネイルサロンがあった場所です。
ぜ〜んぶ流れちゃいました。
あっ、お店の赤いテントがそこにちょっと残ってますけど。

及川さんは淡々とした表情で話をしてくれました。

DSC_5178.jpg

DSC_5191.jpg

DSC_5187.jpg

DSC_5183.jpg

しばらく人気のないモノクロームの世界の町を、
メンバーは歩きました。
自衛隊の方が瓦礫の中から探し出したのでしょうか?
『写真・アルバムあります』
の張り紙の下には、泥にまみれたアルバムが何冊も入っていました。
別の一画には、遺影と思われる写真や何かのトロフィーがありました。

DSC_5192.jpg

DSC_5195.jpg

DSC_5199.jpg

それでも復興への強い意志を感じる鯉のぼりが、
街の中心部にかけられていました。
もし青空が広がって、鯉のぼりが風に泳いでいたなら、
もっと大船渡の人たちを勇気付けてくれるのだろう・・・

と思いました。

DSC_5198.jpg

メンバーはここで黙祷を捧げ、避難所へと戻りました。

やはりここは見ておかなければならない!
ここで起きた現実を知った上で、
もちつきを元気にやりたいと思いました。

DSC_5180.jpg

大船渡市(おおふなとし)は、岩手県南部の太平洋沿岸地域に所在する市。
旧・陸前国気仙郡域の一角。

陸前高田市と共に陸前海岸北部の中核を成す。
陸中海岸国立公園のほぼ中央部に位置し、
典型的なリアス式海岸を持つ地域である。
沖合いには、日本の水産庁が定義するところの
「世界三大漁場」の一つである北西太平洋海域(三陸漁場)が広がる。

市内各地に石灰石鉱山があり、
大船渡湾奥には太平洋セメント大船渡工場が立地している。
また、岩手県最大かつ最重要港湾である大船渡港が立地しており、
岩手県内初の外国定期航路が韓国の釜山と結ばれた。

2011年3月11日マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し、
大船渡市は大船渡町と猪川町で震度6弱、盛町で震度5弱を観測した。
さらにこの地震が引き起こした大津波によって市の中心部は壊滅した。
また、市域にある鉄道駅のうちJR大船渡線の細浦駅と大船渡駅は、
周辺自治体内の多くの駅同様、駅舎などが流失し、
線路も大きな被害を受けた。








実はたつや、毎日1時間程かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

通算1738記事目

posted by たつたつ・たつや at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです^^ジャムジャム大嶋です。
URALAの記事拝見しました!
ブログも遡って読ませていただきましたが…やはり現状は一見にしかずですね。私は福井の地から応援することしかできませんが、この被害を忘れないようにしたいものです。
twitter見つけてフォローさせていただきました!
Posted by ayumioshima at 2011年06月02日 14:17
メールにて、失礼いたします。
山内ありさです。

本日は、突然の訪問にも 快くご対応くださりありがとうございました。

二百万分の一の出会いを 本当に心から嬉しく思います。(たつやさんとの出会いも貴重です(^-^))

今日は ステキな出会いの おかげで 心がウキウキしています。
本当に、ありがとうございます。
カンパネルラにも また寄せていただきます(^-^)

それでは、失礼しますm(_ _)m



Posted by 山内 ありさ at 2011年06月02日 21:41
ayumioshimaさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
近松スーパーシアターではお世話になりました。

確かに映像で見るのと実際に被災地の様子を見るのでは、
まったく受け止め方が違ってしまいます。
マスコミは被災地のことを報道することが減ってきていますが、
現状は1%くらいしか復旧できていないと思います。
これから大きな組織が動くことだけでなく、
細やかな個人が個人を支援するような動きが必要になってくると感じました。

これからもどうぞ宜しくお願いします。
Posted by たつや at 2011年06月05日 21:15
山内ありささん、ご訪問&コメントありがとうございます。
それにたまたまもちつき隊から帰って来たばかりで、
そんなお話を聞いていただけたのかも知れません。
200万分の1の確率は名刺やブログにも書いています。
共感いただけたなら、うれしい限りです。

お気軽にお店にも遊びに来てくださいね。
Posted by たつや at 2011年06月05日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック