2011年02月25日

海辺の遊び『ビーチコーミング』

昨年末に福井市自然史博物館で開催された
『ビーチコーミング展 〜海からの贈り物〜』は、
たつやの少年の部分をすごくくすぐってくれました。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/171897715.html

kingyo20bin.jpg

もっともビーチコーミング自体は、5年ほど前に一度だけしたことがあって、
その時に拾ったかわいい金魚の絵のビンは今でも大切に持っています。

だけどこの時には、ただ浜辺を歩いて面白そうなモノを拾うという感じで、
海から流れ着く漂流物についての知識もまったくありませんでした。

DSC_5967.jpg

そしてビーチコーミングの先生Shigeさんのブログを見たりして、
ネット上でビーチコーミングを楽しんでた訳ですが、
http://beachcomb.exblog.jp/
極めつけが昨年の〜海からの贈り物〜だった訳です。

あのナマコをもらった日に、ついでに海岸線に降りてみたら、
あるわあるわゴミだらけ。
これは酷い状況には間違いないのでしょうが、
それなりにテーマを持ってゴミを見て歩くと、
結構面白いモノが見えてきたりします。

DSC_5851.jpg

ほんの1分で色とりどりの使い捨てライターが見つかります。
それに長さ4cmほどの紡錘形のウキは緑色を中心に、
いくらでも拾えそうな感じでした。
それに漢字ばかりやアングル文字が並んだプラスチックの容器、
ペットボトルやガラス瓶、中にはゴキブリ殺虫用のスプレーも
信じられないくらい流れ着いています。
〜海からの贈り物〜でも展示されていましたが、
危険な漂流物もたくさんありました。
海難事故時の緊急信号用の発炎筒や電球、
明らかに医療系のガラス瓶など。

DSC_5852.jpg

たつやがちょっと面白いと拾ったのは、
白樺の木の皮を丸めて作られたウキです。
これがウキだったことは〜海からの贈り物展〜で知りました。
プラスチック製は自然に返ることはありませんが、
これならいつかは分解されます。

最初はなかなか見つからなかったのですが、
目が慣れてくると意外にたくさん拾えるのです。
結局、ほんの30分ほどの間に20個ほど見つかりました。
流木も数本拾ってきたので、
白樺のウキと合わせて何か作れないかと考えています。

DSC_5853.jpg

ガラスのビンの底の部分だけがありました。
割れてから砂に洗われて角が丸くなっています。
Shigeさんの真似をしてカメラのレンズのフィルターにしてみましたが、
Shigeさんみたいにアーティスティックな写真になりませんでした。
とりあえずこんな風景がこんな風に写ったという見本ということで^^;

DSC_5854.jpg

ビーチコーミング、う〜んコレは楽しい要素がいっぱいです。
これ以上、趣味が増えると大変なので、
あまり深入りはしないでおこう(めちゃめちゃ奥が深そうです)
と思っていますが、
海辺に行ったら、ついついスーパーの袋を片手に、
海岸線を歩いてしまいそうです^^;

DSC_5855.jpg

中国や韓国、北朝鮮、そして日本のゴミが
こうして日本海に大量に流れ着く・・・
というのも
大きな環境問題だとも感じた日でもありました。

小学生くらいから、経験者と一緒にこのビーチコーミングをやると、
すごい物知り少年になりそうですね。





実はたつや、毎日1時間程かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

通算1662記事目








posted by たつたつ・たつや at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビーチコーミングの紹介、ありがとうございま〜す!
日本海側の福井、冬場が漂着シーズン本番で、夏はあっても海水浴客のゴミですからね。(笑)

緑色をした紡錘型のプラ製品は、浮きではなくイカ釣り漁師さんが使っていたイカ餌木の金属部分が腐食して外れた物で、他にもさまざまな色や模様もあります。これをたくさん集めてテグスに通し、暖簾を作る方もみえますよ。
Posted by Shige at 2011年02月28日 20:38
ビーチコーミング、というか海が近いので子供の頃からよく波打ち際に行き散歩をしていました。

何故か牛の骨とかいっぱい落ちているんですね、後は「いちじくかんちょう」とかが結構たくさん・・・、何故だか不明ですね・・・
Posted by きー at 2011年03月01日 17:30
Shigeさん、ビーチコーミングのシーズンは冬なんですね?
それさえも知りませんでした。
これはやっぱり一度ご教授いただかないと、
さっぱりわからなくて、ただの遊びになっちゃいますね。

紡錘系の浮き玉・・・あんなのを一度でいいから拾ってみたいけど、
きっと宝くじなみの確率なんでしょうね^^;
Posted by たつや at 2011年03月03日 23:33
きーさん、太平洋側はまったく違う海辺なんでしょうね。
韓国や中国のモノはあんまりないのでは?

プラスチックは朽ち果てないから、
いちじくかんちょうもそのまま波に浮かんでプカプカなのでしょうか?
Posted by たつや at 2011年03月03日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック