2011年01月07日

元祖堅ボーロ本舗

中心街からちょっと南に入ったところを歩いていると、
すごいインパクトのお店に出くわした。
今まで何度も長浜を訪れているのに知らないお店だった。

DSC_2618.jpg

看板のインパクトがドカンと来た。
『本家堅ボーロ本舗 八幡町 清水ボーロ本店』
歴史を感じさせる大きな看板だ。
この手の看板は古い酒屋さんとかでは見たことがあるが・・・。
いったいココは?堅ボーロとは???

昭和を通り越して、明治の香りさえしそうなこの店、
入らないわけにはいかないと、覗いてみることにした。
他にも2人組のお客さんがいたので、割と気軽に入ることが出来た。

DSC_2604.jpg

近江名物堅ボーロ
どうやら小麦粉をベースに生姜と砂糖で焼いたお菓子らしい。
試食品があったのでいただくことにした。
お店のおかみさんが
「堅いから気をつけてくださいね」
と声をかけてくれた。

DSC_2606.jpg

あ、ハイ
ん?ホントに堅いわ
あせあせ(飛び散る汗)
じっくりなめて柔らかくなったら噛んで食べるお菓子なのだ。
素朴で生姜が効いていてなかなか美味しい。
一袋が525円というリーズナブルな価格。

DSC_2608.jpg

DSC_2607.jpg

店内には歴史を感じさせる昔の缶や表彰状、
それに何と日清戦争・日露戦争・太平洋戦争中に
このボーロが前線の兵士への慰問袋に入れられ、
送られたというエピソードの資料が置かれていた。

戦争という過酷な環境の中でこのボーロが、
どれくらいその方たちへの力になったか想像するだけで、
胸が熱くなる想いだった。


DSC_2613.jpg

岩雄さんが作った堅ボーロはもっと堅かった?

DSC_2612.jpg

創業は明治27年という老舗だった。
日清戦争や日露戦争の兵士に送られたのも納得だ。
今も当時と同じように無添加無着色で、
手作りしているのだそうだ。
120年同じ味を作り続けること自体、驚異的かもしれない。
これからもずっと地元の人に愛され、
全国のファンに支えられて、
堅ボーロを販売して欲しいと素直に思った。

DSC_2614.jpg

会計時に堅ボーロ代525円と小さなボーロ100円の
合計625円を支払った後に、
おかみさんが、
「これ期限はありませんから次回お使いくださいね」
と言って差し出したのは、500円券だった。
申し訳ない気もしたが、
これは素直に次回の楽しみにしたいと思っている。

いろいろとお店のおかみさんと話をしていたら、
出身は芦原とのこと。
結婚してこの地に嫁いで来たのだとか。
多少のご縁も感じつつ、お店を後にした。

DSC_2615.jpg

元祖堅ボーロ本舗
滋賀県長浜市朝日町3-16
TEL (0749)62-1650
明治27年創業
営業時間 8:00〜19:00
定休日 なし
http://www.katabo-ro.com/index.html

看板は本家堅ボーロ本舗となっていましたが、
 正式店名は元祖堅ボーロ本舗らしくその店名で記載しました。

訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)
ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

トップにはまったく及びませんが、ココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1615記事目



posted by たつたつ・たつや at 21:44| 福井 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 店グルメ・和菓子・餅他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このような食べ物があることを初めて知りました。

創業明治27年ですか・・・、いろいろなお菓子が溢れている現在まで、この食品だけほぼ作り続けて商売をこれほど長く続けてこられるとは凄いですね。

お店の建物も確かにボーロですが・・・(^^;;
Posted by きー at 2011年01月08日 15:33
きーさん、たつやも初めて知りました。
120年同じ商品を作り続けて愛されるってすごいですよね。

建物のことはノーコメントっつーことで^^;
Posted by たつや at 2011年01月08日 22:05
あー、ありますねぇ。あのインパクトのある看板には見覚えが・・・(笑)
しかし中で売ってるものは知りませんでした^^;
見た目は満照豆っぽいですね。
滋賀のお菓子だと鶯ボールが好きです。

こないだ街中のフタバヤさんに初めて行ったんです。本店になるのかな?店の前に果物や野菜がバケツで売っていて、魚も丸ごとどーんと売っていて長靴に防水エプロンつけたおっちゃんたちがいて、出入り口の近くの売り場にはマジック持ったおっちゃんがいて「何買う?安くするよ〜」と値札を書き換えてくれるようなお店でした。ありそうで今はないお店で活気があって楽しかった〜。そこで買ったみかんがかなりのおいしさでした。
Posted by mika at 2011年01月09日 01:06
あ、すみません。ググッたら鶯ボール滋賀のお菓子じゃないですね^^; 神戸でした。
Posted by mika at 2011年01月09日 01:10
mikaさん、さすが長浜に親戚があるだけあって、
このお店ご存知でしたか。
確かに一度見たら忘れられない看板かもしれませんね^^;
たつやも満照豆を思い出しました。

長浜はちょっと俗化した感もありますが、
それでも町に活気があっていいところですね。
たつやはメインよりもちょっと外れたところが好きかもしれません。
Posted by たつや at 2011年01月12日 22:47
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by かぶの入門 at 2013年06月12日 10:48
かぶの入門さん、ありがとうございます。
また是非いらしてくださいませ^^
Posted by たつや at 2013年07月19日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。