2006年05月03日

セルフビルド物語2

木工用の工房はすぐ裏手の駐車場のスペースを利用することにした。
しかし駐車場はアスファルト舗装がしてあり、基礎をするには
それをめくらなくてはならないということだった。
本当なら、基礎作りも自分でやってみたかったが、基礎で失敗したら、
建物もダメにしてしまうし、それをするには他のリスクも大きすぎると
判断し、プロに任せることにした。
8月のうだる暑さの中でスタートした基礎作りは、
簡単に紹介すると以下のような進み方となった。

@アスファルトをカッターで切っていく
Aつるはしでそれを割り、取り除く
Bアスファルトを廃棄(2tトラックと軽トラいっぱいの廃棄物が出た)
C平行をだし、糸を張り、ブロックを積む位置を決める
Dブロックを積み上げていく
E内部にコンクリートを流し込みべた基礎を作る

9月の建設に合わせて作業したもらったため、延べ5日間くらいかな?

この間にたつやが手伝えたことは、アスファルトを少し割ることと、
割ったそれをトラックに積むことくらい。
プロの仕事を見ていて、「頼んで良かったなぁ」と思った。
もちろん簡単な基礎でいいなら、もっと手抜きのそれでもいいらしいが。

それにしても工事をお願いした弟の同級生のKくんはいい仕事を格安で、
しかもワガママなたつやのお願いを聞いて良くやってくれたと感謝しています。
彼はタイル職人だけど、今では大抵の工事がこなせるようになり、
独立して頑張っています。


RIMG0028.JPG.jpg
2004.9.19

RIMG0030.JPG.jpg
2004.9.19

Rimg0112.jpg
2004.9.22

Rimg0059.jpg
2004.9.26

これは一年半前の記録ですが、昨日のことのように思い出せます。
それくらい毎日が楽しかったのだと思います。
そして大きな大人のオモチャは9月26日にやってきます!



posted by たつたつ・たつや at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。