2010年12月11日

明日は誠市ウエディング

明日12月12日は鯖江市本町の本山誠照寺
本格青空骨董蚤の市『誠市』です。
今年最後の大年の誠市です。
(来年は1月2月がお休みで3月からの開催です)

DSC_7301.jpg

6.jpg

明日は『誠市ウエディング』という企画で
誠市5周年鯖江市制55周年を記念して、
結婚5年目のカップル結婚55年目のご夫婦を皆でお祝いします。

2.jpg

3.jpg

この誠市ウエディングは仁愛大学四年生の誠市実行委員会のメンバーが素案を作りました。
先々月の実行委員会で企画案がいくつか提出され、
その中から誠市ウエディングに決定しました。
その中で結婚していても様々な事情で
結婚式を挙げていないご夫婦に私たち実行委員会が式を挙げ
誠市でお祝いしようということになりました。

5.jpg

7.jpg

ちょっと自慢みたいになっちゃいますが、
誠市5周年と鯖江市制55周年なので、
そういうご夫婦を探しましょう!

とアイディアを出したのが、たつやでした。
皆から「それはいいね!」と同意を得て、
今回の誠市ウエディングの全体像が決まっていきました。
誠市という場で、一般のお客様も含めて、
心温まる誠市ウエディングを行いたいと思っています。

8.jpg

牧野鯖江市長や野村鯖江商工会議所会頭も参列され、
ご祝辞をいただくこととなっています。
誓いの言葉や、さばえドックをお互いに食べていただく儀式、
写真撮影(たつやが担当します^^)などが行われます。

12.jpg

DSC_1407.jpg

実はこれには本当に心温まるエピソードがつきました。
というのは結婚式を挙げる55周年のご夫婦は
鯖江市内で繊維会社を経営する方に決定したのですが、
これがきっかけになって、鯖江市と鯖江商工会議所に対して、
それぞれ55万円のご寄付
をされたのです。
本日、12月11日付けの福井新聞に掲載されているので、
ご覧になった方もたくさんいらっしゃると思います。

DSC_9545.jpg

DSC_1407.jpg

お二人の結婚は鯖江市制施行2ヶ月後の1955年3月で、
「市制とともに人生を歩み、市や市民らにお世話になった。感謝の気持ちです。」
と牧野百男市長に手渡したということです。
奥さまは、嫁がれた時に両親が作ってくれた振袖を着て、
明日の誠市ウエディングに参加されます。

この話を知った時は、本当に涙が出るくらい感激しました。
私たち誠市実行委員会がやってみたいことを、
皆で実現に向けて企画していたことが、
まさかこんなカタチで心温まるエピソードがついてくるとは、
夢にも思いませんでした。

DSC_9555.jpg

明日は午前10時半〜11時半に誠市ウエディングです。
こんな冬の北陸福井県なのに、明日だけは全面的に晴れ晴れ晴れ晴れの天気予報です。
きっとお天気の神様に祝福してくれるのでしょう。

幸せのおすそわけをいただきに、
まんじゅうまきのお菓子をもらいに、
皆さんの笑顔に会いに、
誠市にいらっしゃいませんか?


DSC_7287.jpg

勿論、骨董やガラクタ、美味しい野菜や果物、
各種屋台での食べ物も十二分に楽しめますよ。
商店街でのご縁市もいろんな食べ物やゲームコーナーもあって、
朝から午後2時までご家族で楽しめる一日となりそうです。
明日の午前中、ご予定のない方は
ぜひぜひ鯖江の誠市&ご縁市へいらしてくださいね〜。


訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)
3位に定着してしまいそうなのでココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

伸び悩んでるココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1594記事目

posted by たつたつ・たつや at 16:43| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック