2010年11月12日

居酒屋みわ@舞鶴市

綾部から福井に帰る前に舞鶴で晩ごはんを食べて帰るつもりだった。

たまたま京都北部エリアのグルメスポットを紹介しているブログを見つけて、
その方の文章や内容のセンスに間違いないだろうという確信を持った。
かなりの数のお店の紹介されている中で一軒の居酒屋に行ってみたいと思った。
こういうのも直感を信じて、その居酒屋みわを訪ねることにした。
http://blog.chatta.jp/hairfix/kiji/12049.html

旅先でこうした感じで居酒屋を訪ねる機会は結構あるが、
ひとりだとどうしても品数がたくさん食べられないというデメリットがある。
なので今回は健ちゃんに付き合ってもらうことに。

DSC_8697.jpg

ナビで案内されて行った居酒屋みわは東舞鶴の小さな川沿いにあった。
外観はそれなりの歴史を感じさせる。
まったく知らない人だとなかなか入り辛い店かもしれない。
ただ、店の前に立った時に中から常連さんの笑い声が聞こえてきた。
たつやが旅先で知らない店に入るときに
最終判断基準は常連客の笑い声
だから居酒屋みわは合格だ。

DSC_8700.jpg

戸を開けて中に入るとカウンターで7、8人、
奥に小さな小上がりがある小ぢんまりとした店だった。

みわママ?とおぼしき女将さんは想像していたよりもずっと若い女性だった。
たつやが今まで行った旅先での居酒屋の女将さんは
もっと年配の女性が多かったからかもしれない。

DSC_8722.jpg

魚は舞鶴港で揚がったものを毎日仕入れるということで
まずお任せでお刺身を二人前頼んだ。

DSC_8705.jpg

しばらくして目の前に出された刺身の盛り合わせ
え〜!これで二人前なの?
たっぷりの刺身はカンパチ、あこう、アジ、イカ、
ちゃんとワサビと生姜を用意してくれた。

いずれもメチャメチャ美味しいが、
特にあこうという魚は白身でたっぷり油が乗っていて歯ごたえがあって、絶品だった。

DSC_8709.jpg

その後、煮魚でお勧めは何かありますか?
と聞いた時もあこうを勧めてくれた。
煮る前には「こんな魚なんですよ」と見せてくれて、
「じゃこれで」とお願いした。

DSC_8698.jpg

湯葉豆腐やチャンジャを食べているうちに
あこうの煮魚が出来て運ばれてきた。

醤油の濃い色のダシにはキラキラと魚の油が浮いていて
その美味しさを想像させた。
見た目で美味しいに決まっているのだ。

DSC_8721.jpg

一口食べて
うひょ〜、これ凄い!
驚愕の美味しさ。
初めて食べるあこうの煮魚だけど正直、
今まで半世紀生きてきて一番の美味しさかもしれない。

あこうは高級魚のひとつらしいがこの時期、
舞鶴や小浜、敦賀辺りで揚がり、やや値段がこなれるらしい。

最後にいただいた手作りコロッケがまた本当に美味しかった。

DSC_8717.jpg

DSC_8716.jpg

すべて美味しくて、金額もリーズナブル!
みわママも明るく元気で美人女将。

舞鶴は遠いけど、また絶対に行きたいお店です^^

DSC_8725.jpg

居酒屋みわ
京都府舞鶴市字浜535
0773-64-2233
営業時間 17:00〜23:00(L.O22:30)
定休日 毎週木曜日 年末年始

訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
最近また落ちてきてしまいました(涙)
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なのよぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックね(は〜と)

人気ブログランキングへ

伸び悩んでるココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1570記事目





ラベル:日本料理 京都府
posted by たつたつ・たつや at 21:56| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 店グルメ・和食・アジア他編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。