2010年10月07日

SING J ROYライブ@県立盲学校

「もしもし〜、たつやさん? SING J ROYさんてお知り合い?」
と友人から電話をもらったのは、数ヶ月前のことでした。
なんでも県立盲学校の学校祭PTAサプライズライブを企画していて、
是非、SING J ROYさんに歌って欲しいということでした。
概要を話すとSING J ROYさんは直ぐに快諾してくれ、
後はたつやの友人と直接連絡を取ってもらうことにしました。

DSC_6677.jpg

たつやはそのことはもちろん覚えていましたが、
その学校祭がいつなのかは知らずにいました。
先月になって、SING J ROYさんからご連絡をいただき、
その県立盲学校の学校祭ライブに行って来ました。

校長先生の挨拶や生徒の寸劇などの後、ライブが始まりました。
SING J ROYさんと、ギターのMACAQUEさん、
そして最近売り出し中の女性シンガーTAKAHIちゃんのトリオで登場しました。

DSC_6657.jpg

DSC_6683.jpg

DSC_6680.jpg

DSC_6714.jpg

会場の前の方に生徒さんがいて、中ほどから後にかけてPTA関係の方が多く、
皆がピンクのタオルを持っていて、音楽に合わせてタオルを振ります。
最初は音楽のリズムに合わせて身体を動かしている程度だったのですが、
SING J ROYさんが「遠慮しないで前へおいでよ」と生徒たちに声をかけると、
皆が少し気恥ずかしそうに、ステージの前に集まって来ました。

DSC_6667.jpg

DSC_6710.jpg

生徒のひとりがステージにあがって、レゲエの早口言葉の競争をします。
ふたりの掛け合いに思わず笑いがこみ上げてきて、
気がつくと、まわりの皆が笑顔になっていました。
こうなると盛り上がらない訳がなく、会場がひとつになっていきます。

DSC_6709.jpg

DSC_6720.jpg

福井弁をレゲエにした『ほやほや』『だんね〜ざ』には、
生徒も先生も後ろに座っていた保護者の方もノリノリです。
ステージから見ると会場では無数のピンクのタオルが振られている様子が、
ご飯にかけるピンクのデンブに見える、と笑っていました。
たつやが大好きな『No more war』の歌詞が心に沁みます。
生徒たちはステージ右手に集まって、
音楽に合わせて踊っています。
その顔は全員が笑顔、笑顔、笑顔です。

DSC_6741.jpg

こんな素敵なライブをサプライズでプレゼントするなんて、
なかなか粋なPTA役員さんたちですね^^


ライブが終了後には、ステージに上がった生徒がサインをもらってました。
その後、校長先生のお部屋にお邪魔しました。
生徒たちがあまりにも楽しそうに踊っていたことが想像以上で、
とっても感激しました
とのことでした。

DSC_6744.jpg

こんな心温まるライブのご縁を繋ぐお手伝いをさせていただいたことを、
本当にうれしく思いましたし、感謝しています。
県立盲学校の生徒さん、PTAの役員の皆様、学校関係者、
そして歌っていただいたSING J ROYさん、TAKAHIさん、ギターのMACAQUEさんに
心から拍手を贈りたいと思います。




そういえば、たつやの友人の子どもさん(幼稚園児)が
『ほやほや』『だんね〜ざ』がお気に入りなんだそうです。
歌詞の中にある福井自慢が子どもさんの意識の中に入っているようで、
知らず知らずのうちに福井が好きになってるのだそうです。
いい話ですね〜。
これから福井県の幼稚園・保育園ではこの歌を流してもらうといいと思いますが、
如何でしょうか?西川さま^^;

訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
いつも応援、本当にありがとうございます。でもちょい落ち目の三度傘なんです・・・。

アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なのよぴかぴか(新しい)


ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックね(は〜と)

人気ブログランキングへ

伸び悩んでるココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1539記事目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by たつたつ・たつや at 22:04| 福井 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、SING J ROYさん4年くらい前に妹の部屋でCDを見つけて知ったのがきっかけでした。妹が昔、どういう縁か知りませんがイベントを手伝ったたご縁があったり、チケットをわざわざ持ってきてもらうために私の実家までこられたことがあるそうです。私はまだ、お会いしたことはありませんが、いつかお会いするご縁があれば、一度聞いてみたいです。レゲエは最近、聞きます。メロディにのせて、メッセージを伝える、音楽ってほんといいですね
Posted by mintblue at 2010年10月07日 23:34
おお、こんなすてきなライブに、たつやさんがかかわっていたとは。
ちなみに、うちの4歳娘も「だんねーざ」好きですよ。
むしろあの歌で「だんねーざ」という言葉を覚えました(笑)。
j royさんのことは「だんねーざのおにいちゃん」ナナイロさんは「ナナイロおねえちゃん」と認識しています。
たつやさんのことは「おいしいピザのたつやさん」ですよん♪
Posted by habu at 2010年10月08日 11:37
最近年のせいか涙もろくて
ドトールでこの記事読んでて
ウルっときてしまいました
危ない、危ない(^_^;)
音楽ってすごいですね
人に影響を与えられる素敵なツール
笑ったり
泣いたり
動いたり
ほんと素晴らしいです(^○^)
Posted by ちーすけ at 2010年10月08日 17:27
mintblueさん、そうだったんですか。
たつやも聞けば聞くほど彼の音楽の世界に魅せられます。
お会いできるチャンス?
ありますありますとも、すぐにでも^^

レゲエ音楽と石窯とかって、合うんですわ^^;
Posted by たつや at 2010年10月09日 08:15
habuさん、ライブに関わっていたなんてオコガマシイですが、
ご縁をつなぐことが出来たことは素直に喜んでいます。
子どもさんにとって『だんね〜ざ』 
は他の音楽とはちょっと違う魅力があるんでないんかな?
ほのぼの、小さなことを気にしないよう、
いっつも「だんね〜ざ」と言いたいもんです^^
Posted by たつや at 2010年10月09日 08:18
ちーすけさん、そうなの?
まだまだ若いのに^^;
とはいっても、こういうライブで感動したり、
心を揺さぶられることで涙が出たりするのはとってもいいことなんだそうです。

音楽を通して人を元気にしたり、
勇気づけたり出来る人たちはすごいね。
ますますSING J ROYさん、活躍して欲しいのものです。
Posted by たつや at 2010年10月09日 08:23
「だんねーざ」って実際の会話の中で、あんまり聞いたことない気がします。
よく聞くのは「だんね」ですね。
「だんねーざ」にも地域性みたいなものがあるんでしょうかね^^

方言って面白いですよね。1歳の娘がちょうど色々言葉を覚える時期なのもあって、よく思います。
Posted by あじゅん at 2010年10月09日 09:17
あじゅんさん、そうですね。
丹南エリアとかは「だんねぇ」とか「だんねって」
とか言いますよね。

方言はだんだん消えていく文化のひとつなんだと思います。
大切にしたいものですね。
Posted by たつや at 2010年10月09日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。