2010年08月05日

かっぱ小学校四万十川分校

DSC_8931.jpg

たつやさん、この作品撮影して欲しいんです。
もう返ってこない作品だから。


ナナ・イロのみっちゃんこと岩堀路子さんが、
作ったカッパのジオラマ仕立ては、
フィギュアで有名な海洋堂会長の宮脇修氏
(現海洋堂ホビー館館長)が企画したカッパをモチーフとした
フィギュアや人形などのコンテストに応募するためのものでした。

DSC_8954.jpg

DSC_8988.jpg

たつやはみっちゃんが人形を作り始めた頃から、
ずっと作品を見てきて、また撮影をしてきて、
どんどん彼女の世界感が広がってきているのを感じています。
見ている人の心を自然に温かくしてくれるのが、
彼女の作る世界なのですが、
その中にいろんな物語が潜んでいるのです。
今回も撮影しながら、その細部のディティールの細かさに
感動すると同時に、
カッパと男の子が繰り広げる夏の一日を、
様々な角度から彼女の製作意図を見つけて、
知らないうちにニコニコしながらシャッターを切っていました。

DSC_8995.jpg

DSC_8998.jpg

DSC_9010.jpg

そして『第二回かっぱ造形大賞』において、
この度見事に四万十町長賞を受賞しました。
作品名は『かっぱ小学校四万十川分校』です。
今日の福井新聞でも掲載されているので、
ご覧になった方も多いかと思いますが。


DSC_9107.jpg

DSC_9077.jpg

これは四万十町で7月中旬に行われた公開審査会で
来場者の投票により、四万十町長を決めるというもので、
みっちゃんの作品は三日間の投票総数約900票で、
その1割近い票を集め、みごと応募数475点の中で、
一位を獲得し、受賞しました。

DSC_9033.jpg

DSC_9018.jpg

実は昨年11月にたつやは高知に行ったのですが、
それは『高知旅づくりコンテスト』に応募するためでした。
その2泊3日で行った高知で2日目に小さな集落、
四万十町打井川という場所へ、偶然たどり着いたのですが、
そこで不思議な体験をしたのです。
ブログに書くような内容ではないので、
自分の心の中にしまっておくべきこと!と理解し、
以来、ずっと封印をしたままでした。

DSC_9065.jpg

ところがこのみっちゃんが受賞した四万十町長賞と、
海洋堂会長の宮脇さんと、たつやの不思議な体験が、
ココに来て、驚くべき繋がりになったのでした。

『かっぱ小学校四万十川分校』は四万十町に
永久展示されることになっていて、
みっちゃんファンとしては、皆で見に行きたいと話しています。

それは出来ればナナ・イロのライブを四万十町で開催し、
ライブと作品見学と四万十町を楽しむツアーになれば、
もう言うことありません。



みっちゃんがたつやが撮影した写真を使ってこんな動画を作りました。
最初に見た時は涙が流れてしまいました。
誰もが持ってた子どもの心、忘れてしまいそうな思い出・・・。
切なくも心の奥底から優しくなれる岩堀路子の世界です。


訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
応援クリックがたつやのエネルギー源なのよぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックね(は〜と)

人気ブログランキングへ

伸び悩んでるココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1481記事目






posted by たつたつ・たつや at 22:20| 福井 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この作品もとっても素敵ですよね。
みっちゃんの作品はどの子にもどのモチーフにも物語があるのを感じられて大好きです。
四万十町まで行かないと見られない作品ですが、見てみたかった細かいディティールをたつやさんの写真で見せてもらえて嬉しいです。
動画もギターの音色と相まってじんわりしました。
この場をお借りして「みっちゃん、おめでとうございます!!」
Posted by キキ at 2010年08月06日 00:05
とてもすばらしい 作品ですね。
みっちゃんをご存知の方なら
だれもが この作品のほのぼのさが
彼女の性格から出てきているのが
感じられるでしょう!!

良い作品を 見せていただき
感謝です。
Posted by 勘兵衛 at 2010年08月06日 07:17
ノスタルジックでほのぼのしてて、みっちゃんそのものですね。いつか四万十に行って、実物を見てきたいです。動画のギターも胸に沁みこんできました(*^_^*)
Posted by hime at 2010年08月06日 09:05
みっちゃんさん、おめでとうございます!!
あたたかくてほのぼのとしてとても素敵な作品ですね。
新聞記事で見た写真ではわからなかったのですが、
たつやさん撮影の写真のおかげで、さらにたくさんの発見がありました!
マドンナカッパちゃんが絵のモデルをしていて、意外にセクシーポーズをとっていること(笑)、木陰のもじもじカッパくんが、マドンナカッパちゃんに贈るヒマワリを持っていること(がんばって!)、バケツの中からどじょうが顔をだしていること(かわいらしい!)等々。
いつか実物を見てみたいものです。
Posted by ちゃた at 2010年08月06日 11:24
ジオラマがたつやさんの写真で更なる生命を吹きかけられ、更にそれを動画で表現することで、ジオラマの世界が無限に広がって行きますね!
Posted by taka yu at 2010年08月06日 15:08
ふーむ…
いつもみちこさんの作品は
見れば見るほど奥深いんですよね。

表情やディティールの繊細さは
今更言うまでもないですが、
もっと内面的な部分というか
底知れぬ表現力を感じてしまうんですよね。
それはギターでの表現にも
共通しているのかもしれません。

今回は四万十町とのことですが、
もっともっと、国境を越えても
いろんな人がいろんな感じ方を
すると思います。

動画、僕も涙が出そうになりました。
仕事疲れの心身に効きました。

素晴らしいです。
Posted by oka at 2010年08月07日 14:47
キキさん、そういっていただけると嬉しいです。
みっちゃんから作品はもう手元には戻らないから・・・
と渡された時には、細部に至るまでみっちゃんの想いを、
映像に残したいと思いました。
本当は四万十町まで行って見て欲しいのですが・・^^

四万十町でナナ・イロライブがあったら、
ツアー組みますので是非どうぞ^^
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:26
勘兵衛さん、いいですよね^^
みっちゃんワールドには、引き込まれます。
おっしゃるように、彼女の性格の優しさが滲み出てる感じがします。
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:28
himeさん、そうでしょ^^
行って実物を見たくなりますよね。

みっちゃんの映像のセレクトと音楽がまた泣かせます。
最後の言葉にもじんときました。
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:30
ちゃたさん、ありがとうございます。
みっちゃんもホント喜んでいますよ。
新聞では1枚の小さな写真だけだったから、
こんな細部はわからないですもんね。
喜んでいただけて、たつやも嬉しいです。

後手にひまわり持ってるのはモジモジ河童なんだそうです^^
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:32
taka yuさん、そういっていただくとホントにうれしいです。
ちょっとした切り取った画像が少しずつ流れて、
それに音楽と物語を持てば、映画の世界に通じる何かがあるように思います。
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:34
okaさんの仕事で疲れた身体をこの映像で癒してもらえたなら、
きっとみっちゃんもとっても喜ぶことと思います。
彼女の作品の魅力は、まったく邪気がないこと。
心優しい人にしか出来ないファンタジーの世界ですね。

茅ヶ崎で作品展とライブを企画しませんか〜?
Posted by たつや at 2010年08月10日 23:37
まず、みっちゃん受賞おめでとうございます。
そしてたつやさんの写真に動画、まるで実物を目の前にしているようでした。すごいですね!
動画の後半に作品コメントがのっていましたがそれを読んで、みっちゃんの作品への熱い想いがさらに伝わってきたように思いました。
いつか実物を見にいきたいですね(^^*
Posted by Aika at 2010年08月12日 22:22
Aikaさん、みっちゃんの作品がいろんなところで評価されて、本当にうれしく思います。
写真は一部に過ぎませんが、別の意味で
みっちゃんの人形の表現を伝えられる手段かもしれないと思うようになりました。
動画も最初に見たときは涙しましたし・・・。

一緒に実物見るツアーに行きましょ!
Posted by たつや at 2010年08月14日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。