2010年06月12日

赤穂の町歩き(2)

acDSC_7181.jpg

赤穂市の播州赤穂駅から城跡にかけて、
忠臣蔵にまつわる歴史ある神社・仏閣がいくつかある。
ちょっと裏通りを歩けば、格子の町屋の建物が残り、
ゆっくり歩くと、やはり歴史深い町だということを感じる。

acDSC_7269.jpg

赤穂は元々江戸時代からは塩の生産をしていたこともあって、
塩を販売する店がある。
その時代の塩は大変貴重なものだったから、
それで財を成した人も多かったのだろう。

赤穂の焼塩をお土産に買ったのはいいがすぐに後悔した。
町歩きするには、3kgの塩は重すぎた・・・。あせあせ(飛び散る汗)

acDSC_7275.jpg

その後は、忠臣蔵の主君、浅野家の菩提寺である花岳寺を目指した。
お寺の前まで来たら、何やらいい匂いが^^
しかも何処から見ても、昭和そのもののお店。
タイムマシンで40年ほど前に帰った感じさえする。


acDSC_7285.jpg

acDSC_7277.jpg

使い込まれた凄いマシンを使って作るイカ焼160円
大きなアイロン状のプレス機で薄いお好み焼きを作るのだが、
見ていてなかなか楽しい。
ジュっと音がして粉モノが焼かれる匂いと、
ハケで塗るソース、中質紙の包み紙など、
なんとも言えない雰囲気が漂う。

店の中?にテーブルがあって、そこで座って食べた。
旅先でのこの手のB級グルメは大抵、安くて旨い!

aacDSC_7283.jpg

acDSC_7287.jpg

昔懐かしいテレビゲームが置いてあるが、
随分長い間、使っている様子は見えない。


aacDSC_7284.jpg

花岳寺の本堂の入り口には天井絵がある。
見事なトラの絵で、四六時中睨みを利かせている。

acDSC_7290.jpg

acDSC_7299.jpg

acDSC_7289.jpg

大石なごりの松
今では、「一代目」は千手堂(休憩所)に切り株として記念保存されています。
昭和2年(1927年)に松くい虫のため2本あったうち2本とも同時に枯死しました。
播州の名松として天然記念物に指定され、木目で数えると310年の銘木でした。

さて、この「一代目」は、大石内蔵助良雄が、
母松樹院がなくなられた時冥福を祈るために植えたものだったのです。
領地相生村の裏山から2本の松を移植したのが、元禄4年(1691年)3月14日。
これは浅野内匠頭長矩公の切腹の日よりちょうど10年前のことでした。

浅野家断絶、赤穂立ち退きの時、大石内蔵助が大石家先祖の墓を詣で、
この松のもとで名残を惜しみ旅立ったことを指し、
後の人々はこの松を「大石手植えの松」「大石なごりの松」と呼ぶようになりました。

元禄赤穂事件当時から存在する「一代目大石なごりの松」。
今では枯れ、切り株としての姿です。
しかしこの松は、大石内蔵助良雄の手で植えられ、
元禄赤穂事件以後も、赤穂・花岳寺に参拝する人々を今日も迎え続けています。

(花岳寺ホームページより抜粋)


acDSC_7288.jpg

台雲山花岳寺
兵庫県赤穂市加里屋1992番地
電話 0791(42)2068
拝観時間 午前9時〜午後4時

aacDSC_7211.jpg

訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
なかなか厳しいランキングです。
最近訪問してくれる方も減っちゃって(涙)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックね(は〜と)

人気ブログランキングへ

伸び悩んでるココバッド(下向き矢印)もね♪(お・ね・が・い♪)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

通算1434記事目


posted by たつたつ・たつや at 21:37| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立派な虎の絵ですね。
撮影出来るのも良いです。

たつやさんと歩けば、良く知った街でも、新たな発見がありそうです。
Posted by taka yu at 2010年06月13日 00:31
taka yuさんは赤穂はよくご存知なんですね。
いろんな目線があって、その町の魅力が引き出されるんだと思います。

今度、西宮を一緒に歩いてもらえますか?
Posted by たつや at 2010年06月13日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック