2010年03月03日

ちょっと変わったアンティークウォッチ

20年ほど前に父親から貰ったアンティークの手巻きの時計。
腕につけてみると、じわ〜っと滲み出てくるかっこよさを感じた。
それは後から知ったことだが、人間が手で作り上げる機械で、
一番細かいモノが腕時計なのだそうだ。


aw_DSC2142.jpg

aw_DSC2143.jpg

以来、腕時計にハマった時期があり、
古い時計屋さんを何百軒も回り、
何十年も売れずに残っていたデッドストックの新品時計や、
中古の腕時計などを買い集めていた時代があった。

今は普段使いには、ダイバー系のタフなものか、
ちょっと出かける時は、お気に入りの時計をするが、
それ以外は、ほとんど陽の目を見ることなく、
コレクションケースに入ったまま。


aw_DSC2155.jpg

aw_DSC2179.jpg

時折、ケースから出して見て、
ゼンマイを巻いたり、ガラスを磨きながら、
その時計を買った場所やシチュエーション、
それに店主との会話を思い出したりする。

もともと古いものが好きなのだが、
時計もアンティークが気に入っていて、
同じモノが欲しくても見つけられないレアさが
たつやの男心を心をくすぐったのだ。


aw_DSC2168.jpg

aw_DSC2181.jpg

今でも持ってるモノもあるし、
人にあげてしまったり、譲ったりしたものもあるけど、
たかが腕時計、されど腕時計、さすが腕時計!
ひとつひとつ顔が違うし、
年代に寄ってデザインも素材も変わる。
国産の面白さと、舶来モノの遊び心・・・。

車は軽自動車でいいし、
洋服はユニクロでいいけど、
時計だけはちょっとオシャレにしたいと思っている。


aw_DSC2185.jpg

写真一番上
国産初の腕時計セイコーローレル戦前後期型。
文字盤はポーセリン(陶器)ダイヤル 手巻き1920年代。
ブレゲ数字にブレゲ針。デッドストック品

四角や樽型のアメリカやスイスの時計。
1930年代〜1950年代
カタチもデザインも今見ても実にオシャレです。


訪問していただいたついでに、ちょこっと応援してくれませんか^^
ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックね(は〜と)

人気ブログランキングへ

ココもね♪(は〜と2)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

記事1352 




posted by たつたつ・たつや at 22:17| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4番目の時計が丸っこくて可愛いですね♪

時計って高いしなかなか自分好みのって見つからなくて
買えないですけど・・・

Posted by たちばな屋 ヨメ at 2010年03月03日 23:50
上から2番目いいですね
時計は時刻がしっかりわかる物が好きで
アクセサリー的な物は苦手です
学生時代は時計が好きで身に着けていましたが
今では
携帯で時刻確認
になってしまいました
情緒にかけますね(^_^;)
Posted by ちーすけ at 2010年03月04日 09:02
たちばな屋ヨメさん、これはTiffanyです。
多分、1940年代だと思います。
メッキがはがれかけていて、状態はあまりよくありませんが、
お気に入りの顔です。
Posted by たつや at 2010年03月04日 13:44
ちーすけさん、たつやも時計を忘れて携帯で時刻を確認してますよ。
でもちょっといい時計や靴を履いたときは、
ちょっぴり姿勢が良くなったりします。

学生時代の時計をまた活躍させてあげるのも
いいことだと思いますよ〜
Posted by たつや at 2010年03月04日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。