2010年01月19日

高橋衛の世界

たつやの憧れの職業をすべてと言っていいほど、
持っている人物と知り合う機会を得た。

その人の名前は高橋衛
坂井市の旧丸岡町に住む42歳のアーティストだ。

mtDSC_6226.jpg

薪ストーブ前でくつろぐ高橋氏。
薪は大工さんなので、事欠かないとのことです。

ちょっと羨ましいなぁ

彼を紹介してくれたのは、漆器でランチ企画でもお世話になっている
バンボッシュ・ド・ヤマのオーナーシェフ山内和博氏だった。
半年ほど前のたつや主催の石窯パーティに山内さんが高橋氏を連れて来られ、
そこで初めてお会いしたのだが
その時は、ご挨拶程度で、ゆっくり話す機会はなかった。
その後数回会い、一度ゆっくり話を聞いてみたいと思い、
先日、彼の自宅兼アトリエにお邪魔した。

mtDSC_6225.jpg

自宅に自作した展望台?
見渡す景色も最高です。
夏はココに座ってビールを飲みながら星空を見るのだそうです。


mtDSC_6224.jpg

mtDSC_6260.jpg

山内さんから紹介してもらったのは、石窯パーティの後半で、
山内シェフ自体もかなりワインが入っていたこともあって、
高橋さんのことは、『鮎獲り名人で、大工さん』程度だった。
しかしながら、その後の情報を得れば得るほど、
この人物の途轍もない奥深さを知ることとなった。

mtDSC_6236.jpg

ミュージシャン
イラストレーター
画家
写真家
大工
鮎獲り名人


mtDSC_6251.jpg

高橋氏の友人の着物染物師がルーブル美術館で展示をするための
オブジェを制作予定らしい。
その構想をちょちょっと書いて説明してくれたのですが、
コレだけでも既にアーティスティックです。


mtDSC_6262.jpg

img252.jpg

これらもすべて彼の作品です。
雑誌の表紙やゲームソフトのパッケージ、
また風景画やポスターなどを幅広く手がけています。


img253.jpg

要するにマルチなアーティストなのだ。
天はいろんな才能を彼に与えたのだろう。
ちょっと変わっているといえば、普通じゃないことは確か。
でも、もっと引き出しがたくさんあることだけは、
容易に想像が出来る。

これからの彼の動きに注目したいと思っている。

mtDSC_6266.jpg

雑誌のイラストや、下の絵も高橋氏の作品

mtDSC_6265.jpg

サボってたら大分落っこちています。
あなたのポチッ!で、たつやも元気になります^^
応援よろしくお願いします。


北陸の人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村

記事1310 



ラベル:アーティスト
posted by たつたつ・たつや at 21:41| ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大工さん素敵ー!
しかもマルチアーティスト!!
ステキステキー!
遠くでヨカッタ(!?笑)
Posted by tama at 2010年01月19日 23:19
 高橋さんの素敵ですよね〜!
 そば会の時と同じシャツだ!
 このシャツホントお似合いだな。
 あたしもお会いしに行かなくちゃ!
Posted by 和佳 at 2010年01月20日 16:40
 っていうかなぜレイを??
 笑ってしまいました。
Posted by 和佳 at 2010年01月20日 16:43
tamaちゃんのど真ん中!?
高橋さんは、スゴイよ〜
今度機会があればご紹介したいです^^
Posted by たつや at 2010年01月20日 23:47
和佳さん、これぞ高橋衛の世界なんでしょうね。
途中でレイを出してきて、
「最近はコレがいいと思っているのです」
と言って首にかけられました。

普通に人には出来ませんが、
高橋さんなら不思議と違和感がないんです^^;
Posted by たつや at 2010年01月20日 23:50
一芸に秀でている人は
多芸に秀でていますよね
これといって特技もなく
熱中もしていない私には羨ましいかぎりです
たつやさんも多芸でいらっしゃいますよね
皆さんすごいです!!
Posted by ちーすけ at 2010年01月22日 15:40
ちーすけさん、高橋さんはスゴイですわ。
お遊びたつやとは次元が違うもん。

でもあのレイはたつやはちょっと・・・(汗)
Posted by たつや at 2010年01月23日 19:42
高橋衛氏は大阪の中の島美術学院で一緒にデッサンをした。
彼はそこの学芸祭でイラストを発表した。
そのイラストは長岡秀星のイラストを模写したものだが、凄く忠実に仕上げていた。

そして長岡氏と同様に武蔵野美術大学に入学したのです。

大学一年の彫刻の授業ではノミ1本で玄人顔負け
の作品を仕上げて、クラスで最高点を挙げました。何をやらしても巧く仕上げる才能は大学時代から抜群でしたね。
Posted by 浪速っ子 at 2010年12月15日 11:37
浪速っ子さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
高橋衛さんと一緒なキャンパスで学ばれたのですね。
当時から天才肌だったのでしょうね。

しばらくお会いしてませんが、
大工さんをしながらいろんなアート活動や音楽活動をされているようです。
福井が生んだアーティストとして、いろんな方面で活躍して欲しいと願っています。
Posted by たつや at 2010年12月15日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。