2010年01月11日

力強いおろしそば

syDSC_4594.jpg

たつやが初めて越前そばに魅せられたのは20代半ばのことだった。
当時、福井のおろしそばといえば、
今のような細麺は珍しく、太くて堅い麺が主流だったように思う。
ごつごつした力強い麺を噛みしめて、食べる味が気に入っていた。
それに辛味大根などもあまりなかったように記憶している。
もちろん辛い大根おろしを出すお店は何軒かあったのだが・・・。

syDSC_4589.jpg

最近の越前そばは、時代とともに太い麺から細い麺が増えて、
上品なそばを出す店が増えた。
たつやも細麺も好きだが、
時折あのごっつい太麺のおそばが食べたくなる。
そんな時には、今立の大福やココ、福井市郊外の宿布屋へ行く。

syDSC_4586.jpg

syDSC_4583.jpg

宿布屋(しくぬのや)は、農家を改造したような造りの
素朴なお店で、メニューはおろしそば一本500円。
このスタイルは25年前から変わらない。

薪ストーブに火が入り、上のヤカンから湯気が出ている。
午後の陽射しが差し込んで、ただでさえ静かな店内は、
田舎の静寂の中にあることを再認識する。

syDSC_4599.jpg

syDSC_4602.jpg

ここだけは時計がゆっくり流れている気がする不思議な空間。

いいね〜、こんなおろしそば。
もう少し出汁があるといいのだけどな。


syDSC_4604.jpg

ぶらりと一人で入って、おろしそばを2杯食べると、
福井にいる幸せを実感できる贅沢なひととき。

syDSC_4608.jpg

宿布屋
福井県福井市宿布町2-1-1
0776-41-1977
営業時間 11:00〜18:00
定休日 不定休

よろしければ応援の一票を^^;

北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリック

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリック
福井情報の応援もよろしくです。

記事1306   


ラベル:越前そば 福井市
posted by たつたつ・たつや at 22:52| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前遊びに行かせていただきました時に、ご馳走になりましたおろし蕎麦を超える味のおろし蕎麦を私は先にも後にも食べたことがありません。(^^)
確かやはり太い麺でした。
本当に美味しかったですね・・・(^^)
Posted by きー at 2010年01月12日 12:30
ふた昔くらい前には、つなぎの入らない蕎麦を判るお店が少なく、細打ち十割へ洗練の蕎麦へまっしぐらだったのではないでしょうか。
最近は、昔造りの太いけれど柔らかい蕎麦を、どっぷり汁につける蕎麦が(それでも香る蕎麦が)食べたくてなりません。
どちらにもブレず、自分の味を保つお店は、個人の感想を超えて貴重です。
Posted by kikouchi at 2010年01月13日 00:10
拝見させていただきました。
応援ポチポチ!
Posted by アシュトン at 2010年01月14日 19:50
きーさんをお連れしたのは、今立という地区にある大福でした。
昔と変わることなく今も太くてかたい麺に、
旨味の凝縮されたおろしそばを提供してくれています。
今年は是非是非!
Posted by たつや at 2010年01月15日 00:09
kikouchiさんもそう思われますか?
流行や変なお客様指向で、ブレてしまうようでは、
いけないのだと思います。
かたくなに何十年も、また何代にも渡って伝統的な味を守り通すことも、
大切なのかもしれませんね。

20年以上前の味を覚えていることも不思議ですが、
変わらないからこそ思い出すのですね。
Posted by たつや at 2010年01月15日 00:14
アシュトンさん、ありがとうございます。
Posted by たつや at 2010年01月15日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック