2009年11月27日

越前漆器完成品

越前漆器制作工程の写真を撮影させていただいている時に、
特にお世話になったのが、土直漆器さんだった。
この会社では漆器が出来上がるまでのほとんどの工程がなされている。
箸やお椀、皿類、箱物がところ狭しと展示室に並べられていて、
その中から数点だけを見せていただいた。

tnDSC_1552.jpg

tnDSC_1538.jpg

最初に見たお椀の蓋。
見返しというらしいが、お椀の蓋を開けた時に広がる世界がコレ。
いつも見える蓋の外の部分は普通に仕上げていて、
普段は隠れているところに見事な細工をする・・・
いかにも日本人らしい芸術センスを感じる。

tnDSC_1541.jpg

tnDSC_1543.jpg

もうひとつ見せていただいたのが、コレ。
お椀の蓋の中央部分に描いてあるのは、山の峰々。
蓋の外の部分に滝が、お椀本体に流れる水、
そして下部は滝つぼが描かれている。
ひとつのお椀の中に、自然界の水の流れを表現しているのだ。
あらためて越前漆器の奥深さを知ることになった。

tnDSC_1545.jpg

tnDSC_1547.jpg

それから最近人気なのが越前塗りのお箸
ハートや★の模様が入っているものがポピュラーなのだそうだが、
ドクロの模様が入っているものも、需要が結構あるのだそうだ。
これらの箸はすべて、土直漆器にて一貫生産している。

tnDSC_1775.jpg

tnDSC_1777.jpg

鯖江が世界に誇れる技術があります。
越前漆器の良さを少しでもわかっていただけたら
鯖江人としてたつやも嬉しく思います。


河和田にはうるしの里会館があって、
そこで越前漆器を実際に手にとって購入することが可能です。
産直ということもあって、売店では2割引での販売となっています。


tnDSC_1550.jpg

株式会社土直漆器
福井県鯖江市片山町6-1-2
0778-65-2560

小さなお椀の中にある日本人の魂、素晴らしいですよね♪
共感してくださったら応援のクリックをお願いしますね^^


北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
思い出したら福井情報(左バーの少し下)もクリックしてね
記事1257
posted by たつたつ・たつや at 22:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック