2009年11月21日

越前漆器・磨き

mkDSC_1781.jpg

漆器の最終仕上げ磨きをされている職人さんを訪ねた。
午後の太陽が優しく差し込んでくる工房の奥で、
椅子に腰掛けて、お椀の仕上げをされていた。

mkDSC_1786.jpg

ん?手で撫でてる?

えっ、仕上げの磨きって手でやるんですか?

ボロキレに浸み込ました菜種油などをちょっと付けて、
次に研磨剤を手の先につけて、やさしくお椀を撫でている。

ちょっと手を見せていただいてもいいですか?

mkDSC_1810.jpg

とっても優しい手をしておられます。
もっとゴツゴツして、手が荒れているのかと思ったのに、
ふっくらしていて、柔らかそうな優しい手です。

mkDSC_1840.jpg

mkDSC_1864.jpg

もうひとつ、炭を使って漆器の表面を磨き上げる仕事もあります。
炭もなんでもいいという訳でなく、桐炭が一番いいのだそう。
でも最近の炭は質が落ちているとおっしゃっていました。

工房に置いてある道具類も年季が入っています。

mkDSC_1824.jpg

でもこんな笑顔ってなかなか出来ません。
たつやのベストショットになりました。


mkDSC_1879.jpg

工房の奥に一枚の古い写真が飾ってありました。
それは今の天皇陛下が皇太子さまの時に、
鯖江市文化センターで漆器の工程をご覧になった写真です。
そこに写っているのが、若き日のこちらの職人さんでした。

mkDSC_1828.jpg

今回は越前漆器(木製)の製作工程を
撮影させていただく機会を得たのですが、
本当に有意義な時間でした。
この中の数枚のみ、越前漆器協同組合のカタログに掲載されます。
ですが、それ以外の写真も日の目を見ない訳ではなく、
こうしてブログで紹介させていただくことが出来るのは、
大変光栄なことだと思っていると同時に、
このたつやのブログの存在意義にもなるのだと思います。

皆さんも鯖江に来られる機会がありましたら、
是非河和田まで足を延ばしてみてください。
うるしの里会館でも、隣の職人工房、また軒下工房などで、
越前漆器に直接触れることができますよ。
鯖江の伝統の技の素晴らしさを感じてみてくださいね。


職人さんの笑顔に癒されたら応援してね〜

北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
思い出したら福井情報(左バーの少し下)もクリックしてね
記事1251
posted by たつたつ・たつや at 23:17| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆アンシャンテ ボンジュール♪
はじめまして こんにちは♪

レアールシェフと申します

今日ガッツさんより伺いましてちょっとブログにお邪魔致しました。

すごい人気ですね〜☆

過去のブログもゆっくりと読ませていただきます

取り急ぎコメントいたしました

では

では
Posted by レアールシェフ at 2010年03月03日 18:58
レアールシェフさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
以前から行ってみたいお店で、お名前やホームページなどでは
見せていただいていました。
小松へは年に数回行きますので、今度は絶対に行きますね〜。

美味しいものを作れるシェフや農業されている方は、
世界を幸せにする方たちだと信じてやみません^^
Posted by たつや at 2010年03月04日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック