2009年10月07日

Kさんのそば会

たつやさ〜ん、今度Kさんが打つそばを食べに行きませんかぁ?

福井の城東でパンのお店とカフェをしている
「たねと、はっぱ。」さんから、お誘いをいただきました。

福井市内に行くと、時折このカフェに寄ってお茶をするのですが、
この店では不思議と面白い人と出会います。
というか、「たねと、はっぱ。」のオーナー自身が
いつも明るくプラス思考で、魅力的な方なので、
自然にいろんな人が集まってきます。
今までに何人もの友だちがココで出来ました^^

店員さんもとっても感じの良い人ばかりで、
カフェの雰囲気とマッチして、居心地の良い空間です。

ksDSC_8756.jpg

さて、そのオーナーさんのお知り合いで、
趣味でそばを打っているKさんという方が、
数人の友人を招待してそばを振舞うという話で、
たまたまそば好きのたつやに声をかけていただいたのでした。

ksDSC_8745.jpg

洒落た山小屋風の建物の真ん中には、
立派な囲炉裏が切ってあり、
また中に飾られている水屋や家具、調度品は
すべてアンティークで揃えられています。
最初はKさんのおうちで、と聞いていたのですが、
どうやらご自宅ではなく、別荘のようです。
古いものが大好きなたつやは、あちこちに目が行ってしまいます。

ksDSC_8782.jpg

そのうちKさんが、そばの準備を始められました。
そば粉は岐阜県の高度1000m以上の高原で採れたものを、
まとめて買って来て、冷凍庫に入れ、保存しているとのことです。
1割程度つなぎを入れて、打たれたそばは香り高く、
味わい深い、甘さを感じる麺です。

ksDSC_8753.jpg

ksDSC_8754.jpg

おダシも、昆布やカツオ節、ジャコ類
毎年ご自身で買いに行くという
長野県の醤油にこだわって作っているとのことでした。

とにかく食器ひとつをとってみても、
Kさんが自分で買い求めた古伊万里や、特注で作ってもらったもので、
トータルなセンスの良さを感じます。

ksDSC_8786.jpg

囲炉裏では、最初っからレンコダイが遠火でじっくり焼かれていました。
おそばを味わい終えた辺りからは、魚が登場です。
若狭ガレイや栗を焼いたり、
最後には金沢で買って来られたという豆板をいただきました。

ksDSC_8776.jpg

ksDSC_8789.jpg

これは初めて食べました。
ほおずきの一種で、食べられるもの。
酸っぱいのかと思って口に入れましたが、
酸味はありますが、甘味もあってなかなか美味しかったです。

ksDSC_8796.jpg

ksDSC_8801.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
ましてや火を囲んで美味しいそばと魚とお酒・・・
それに加えて素敵な女性たち^^;

Kさん、お誘いくださいました「たねと、はっぱ」さん、
ご一緒してくださいましたお姉さま方、
どうも、ありがとうございました。


応援してね♪

北陸の人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
記事1203
ラベル:越前そば
posted by たつたつ・たつや at 22:28| ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもども、たつやさん
シアワセな時間をお過ごしになったようで結構ですね。
さて、このページの囲炉裏で焼いている「豆板」ですが、私も初めて食べました。

豆板
http://www.tohdamikio.com/2009/10/post-6040.html

これがまた素朴でおいしいです。
すでにたつやさんのページで紹介されていると知り、早速アクセスしたしだいです。
さすがうまいものはなんでも知っているたつやさんだなぁ…と妙に感心してしまいました。
Posted by どもども(^^)v遠田幹雄 at 2009年10月20日 16:48
どもども、遠田先生
先ほど、北陸豆板の会が発足しました。

会長は遠田先生
副会長はたつや
そして会計がヒロリンさんです。

会員は心から豆板を愛すること!
だけが条件でどなたでも入会が可能ですが^^;
Posted by たつや at 2009年10月22日 00:05
イイですねぇ。北陸豆板の会。

ふふふ。会計のご指名をいただいて
感激ですぅ。♥♥♥(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)
Posted by ヒロリン at 2009年10月23日 00:36
あらら。かわいい絵文字のつもりが・・
失敗しました。ごめんなさいm(_ _)m

遠田先生に叱られるぅ^^;
Posted by ヒロリン at 2009年10月23日 00:51
ヒロリンさん、
あの豆板を見たときに、どうしてこんなにくっついてる?
普通なら豆がボロボロ落ちそうなのにぃ!?
って思いました。
あれって、なにか特別なお餅を使っているんでしょうね。
会計、よろしくっす^^
Posted by たつや at 2009年10月23日 22:26
そうですか。私はただ単純に大好きな豆もちの
豆だらけ版と思ったので多分つなぎは普通の
もち米では?けど温めて食べるのは気がつかないで、かたくならないようにいつも急いで食べて
おりました^^;
では第1回の”北陸豆板の会”は福井、石川の
どちらでしましょうか(笑)金沢の近江町市場に
売っているから金沢が有望ということで・・
(^-^ )♪
Posted by ヒロリン at 2009年10月24日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

豆板は黒豆と大豆を少量の餅で板状に固めた和菓子、豆餅の豆と餅の比率を逆転したような豆板
Excerpt: 豆板という名前の和菓子があった。見たとおり豆が板状になっている。原料は黒豆と大豆と餅米と塩というシンプルなもので添加物はない。食べてみると素朴な甘みがありとてもおいしい。初めて食べたが懐かしい感じのす..
Weblog: 中小企業診断士の遠田幹雄です。どもども、ドモドモ(^^)v
Tracked: 2009-10-20 16:52