2009年08月05日

ヨーロッパンキムラヤ@鯖江

鯖江にはパン屋としては老舗中の老舗で、
全国にその名を知られた有名な店がある。
ヨーロッパンキムラヤ
最も有名なのは大福あんぱん

bbDSC_6118.jpg

★「日テレ ズームインスーパー」
「究極のグルメ うまいもんドットコム」
お取り寄せランキング全国1位

★「TBS 王様のブランチ」
「究極のグルメ うまいもんドットコム」
お取り寄せランキング全国3位

★東京パン屋ストリート「あんぱん博覧会」
 全国のあんぱんが勢ぞろい!!!
 2006年1月27日(金)〜4月9日(日) 
 人気ベスト第1位

などなど輝かしい経歴がある。

bbDSC_6153.jpg

先日、そのキムラヤの社長から連絡があって、
自分の畑にあるブルーベリーを採りに行かないかと誘ってもらった。
え〜、そんな畑があるの!?
勿論、行きます!行きます!


bbDSC_6128.jpg

bbDSC_6139.jpg

飲食関係者が自分の畑を持ち、
自らが生産者となることは理想に近いと思うが、
なかなかそういう環境にいることができるのは難しいと思う。

しかしながら、キムラヤさんには、
越前町の山の中に広い敷地の畑を持ち、
その一部でかなりのブルーベリーを生産しているのだ。
そこで採れた新鮮なブルーベリーを使って、
パンに使うのだそうだ。
ブルーべりーだけでなく、様々な野菜を作っていて、
それらも調理パンの材料になっている。
勿論、全部の野菜や果実を自家生産などは不可能だが、
今の季節は特に、鮮度も含め
安心安全の食べ物を使っていることが消費者にとってはうれしい。

bbDSC_4648.jpg

bbDSC_4673.jpg

この日採れたブルーベリーは全部いただいてしまいました。
採り立てのブルーベリーを口に入れると甘酸っぱさが広がります。
これは贅沢な食べ物です^^

bbDSC_6159.jpg

翌日、キムラヤさんの店頭に並んでいました。
ひとつ210円。
自家製ブルーベリーを使っています。


bbDSC_4748.jpg

初代が東京・木村屋で修行し、
昭和二年に福井県鯖江市で創業の老舗。

二代目が味を求めて世界行脚、
アメリカの合理的製法とヨーロッパの古典的製法を
日本の伝統的製法に取り入れ、
独自の製法でオリジナルなアイテムを確立。

現在 三代目オーナーシェフ 古谷和己
国立の大学で発酵学を学び、
アメリカ、ヨーロッパ等で製パンを学ぶ。
ヨーロッパの伝統的製パン法はもちろんのこと、
独自の製法を受け継ぎ、探求に怠りなく、
今もなお、真の味を極め続ける。


DSC_6196.jpg

ヨーロッパン・キムラヤ
福井県鯖江市旭町2-3-20
TEL 0778-51-0502 
FAX 0778-53-0835
http://e-kimuraya.com/index.html

bbDSC_6164.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1145
posted by たつたつ・たつや at 23:58| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 店グルメ・カフェ・パン・スイーツ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キムラヤさんのパンよく買いましたよ。
福井南に住んでたことがありましたので。
あんぱんが定番だったでしょうか・・・.
ブルーベリーが自家製だったとはね。
買いに行きたいですね♪
Posted by 実央 at 2009年08月07日 15:46
実央さん、たつやも20年以上通っていますが、
ブルーベリー農園があるとは知りませんでした。
食に関する人が農業から手がけるというのは、
理想に近い気がします。
また、鯖江にお越しの際には、
キムラヤさんにもお寄りくださいね〜♪
Posted by たつや at 2009年08月07日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック