2009年05月20日

国産の機械式腕時計1

今までに何度かブログに書いたことがあるが、
一時期、腕時計・・・
特にアンティークの機械式時計にハマっていた。
(今はその病気から快復しました^^;)
機械式と呼ばれるのは、電池式ではないというような意味で、
いわゆる手巻きとか自動巻きというタイプの時計だ。
一時期、クォーツ時計が発明され、飛躍的に性能が上がった時に、
日本のメーカーはこぞって機械式を止め、クォーツ時計を作り始めた。
しかし時計の本場と呼ばれるスイスやドイツでは、
かたくなに機械式の腕時計を生産し続けた。

DSC_ku4220.jpg

たつやが子どもの頃は、
中学の入学祝には万年筆、高校の入学祝が腕時計と相場が決まっていた。
たつやが買ってもらったのはセイコーの自動巻きの腕時計で、
当時流行っていたカットガラスモデルだった。
その腕時計は残念ながら無くしてしまった。

DSC_ku4240.jpg

そして社会人となり、腕時計に魅せられていったのだが
何がきっかけだったかと言えば、ブライトリングという
飛行機乗りがするパイロットウォッチを買ったことだと思う。
しかしながら、いつしかたつやの興味は国産の機械式時計へと移っていった。
たつやが集め始めた90年代初頭は、当然ながら国内のメーカーは
機械式時計の生産を取りやめていて、
入手するには、中古を探すか、
時計屋さんの店頭で売れ残りを探すしか方法はなかった。
下手な鉄砲も数打ちゃ・・・の論理で、
旅先では、時計屋巡りが主となった。
その町へ行くと、まず古い商店街へ行ってみる。
次に時計店を片っ端から回り、
機械式の時計がないかを尋ねて歩いた。
おそらく時計屋という看板が上がった店は、
10年間に1000軒は覗いていると思う。

DSC_ku4226.jpg

日本のメーカーが機械式の製造を止めて、
既に20年近くが経っていた(90年代当初で)こともあって、
時計店では見つかることは稀だった。
あの〜、機械式の時計を・・・
と言っただけで、
うちにはないよ!」とドアをピシャリと閉められたこともあったし、
昔の自慢話を延々と聞かされたあげくに、あるけど売らない!
言われたこともあったが、
20〜30軒に1軒くらいの割合で、珍しい時計が残っていたりした。

DSC_ku4210.jpg

今でもはっきり覚えているのは、富山県のとある町で、
○○ストアという旧国鉄が経営する何でも屋さんの中に、
時計コーナーがあり、そのショーウィンドウの中は、
まるでタイムスリップしたかのように、1960年代のモデルが
数十本無造作に並べられていた。

DSC_ku4208.jpg

DSC_ku4198.jpg

全部欲しかったが、当然買える訳もなく、
どうしても欲しかった3本をお願いして、銀行に走った。
古い時計だから安くしてください・・・
じゃ2割引で
それでも、1960年代の定価が付いていて、
機械式の時計は安くなかった。
だけど夢のような出来事だった。

DSC_ku4212.jpg

東京オリンピックの記念モデル、セイコーの自動巻き
ベゼルの回りが光るオリンピアフラッシュ
そして幻のメーカーとまで言われたタカノのシャトーという手巻き
この3本を買って帰った。
他にも珍しい時計が並んでいたが、
後ろ髪を引かれる思いでその店を後にした。

DSC_ku4214.jpg

どうしても忘れることが出来ずに、
また夢にまで出てくるその○○ストア・・・
2ヵ月後にお金を握り締めて行ったのだが、
ショーウインドウの中は空っぽになっていた。
聞いたところ、業者が全部まとめて買っていったとのこと・・・。

だけど、この3本の時計だけは、
たつやの手元に縁あって来たのだ。
製造から30年近く経ったタカノや
20年以上経ったセイコーとオリエントが
誰の手に渡ることなく、ずっとショーウィンドウの中で、
たつやを待っていてくれたのかと思うと大事にしたいと思う。

DSC_ku4215.jpg

タカノは、高野小太郎氏が1899年に名古屋で創業した時計メーカー。
掛時計の製造からスタートし、軍需も終わった1957年、
第1号の腕時計を発売。
59年にはレディースを発売するなど順調に製造を続けていた。
しかし、59年9月、不運にも伊勢湾台風により
名古屋の笠寺工場が壊滅的な打撃を受ける。
その影響で1か月半に及ぶ操業停止を余儀なくされた。
再開直後に新作を発売するなど、復活を期したタカノだったが、
災害による損失と経営の未熟さから経営が悪化。
62年に理研光学工業株式会社(現在のリコー)に吸収された。


過去の時計関係の記事です。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/62121182.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/98088758.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/18054542.html

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1077
posted by たつたつ・たつや at 23:55| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | アンティーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は時計には興味はないのですが
収集癖があるので

こういう記事・・

大好きです!

モノが捨てられなくて困ってます・・・

Posted by poptrip at 2009年05月21日 19:52
私の唯一の宝物の腕時計は限定モノだったヤツなんですが、全く同じ(シリアル番号違いってだけ)のを持ってる方が、仕事仲間の業者さんに居て、何か嬉しかったです。
腕時計ってなんか心惹かれますよねー。
高い腕時計が勿体無くて、普段遊んでる時はG-SHOCKばっかりな貧乏性ですけど。
Posted by ガッツ at 2009年05月21日 20:14
機械式時計!!大好きです!!
腕時計だけじゃなく、置き時計・掛け時計・・も、
大好きです!!
得に、スケルトンの時計は・・・
なんだか・・心臓の鼓動に似ていて・・
じ〜っと・見ているだけで・・時間が・・・
今回の時計さん達も、いい顔していますネ!!
大事になさってくださいませネ!!
Posted by マミーおばぁ〜 at 2009年05月21日 20:31
poptripさん、簡単に捨ててはいけません。
人がみたらガラクタでもとんでもない価格がつくものもあるんです。
ですが99ぱ〜は、ゴミです・・・(TT)

で、何集めてるの?
80年代アイドル関係???
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:32
ガッツさん、男って単純だから限定モノで、
時計とかライターとかナイフ、万年筆辺りには、
心をくすぐられますよね。
一本は一生使えるいい時計を持ってるといいよね^^
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:34
マミーおばぁ〜さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
機械式の時計って、どこか人間的に思えてしまいますよね。
掛け時計のコチコチという音は、カンパネルラでも
響いていますが、お客様からも癒される・・・って好評です。
うれしいなっ、これらの時計の顔がいい!
なんて言ってもらえるなんて^^
ありがとうございます。
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:37
 素晴らしいですね。だけど電通マンは国産機械は大嫌いらしいです。
Posted by ダイヤモンド経営 at 2015年07月25日 00:41
ダイヤモンド経営さん、国産もいいと思うんですけど、やっぱり舶来が人気なんですね。
Posted by たつや at 2015年08月11日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック