2009年05月19日

御清水庵・遊福@福井市

残念ながら御清水庵遊福さんは平成22年7月で閉店しました。

たつやの感性見聞録の麺グルメそば編記念すべき100記事目は、
明日、新規開店の今までにはないタイプのおそばやさんです。

東京の日本橋に福井のおろしそばを出す店があり、
東京在住の福井県出身者や
福井の食べ物に魅せられた人たちが通っている。

DSC_oy0437.jpg

数ヶ月前に、その店『御清水庵・清恵』のオーナーが
ふるさと福井に旧家を改装した新しい蕎麦やを開店する
という話を聞いた。
そしてついに、その『御清水庵・遊福』が明日20日にオープンする。

DSC_oy0423.jpg

先日、知人や関係者を集めたお披露目会があり、
たつやも縁あってそのプレオープンに行くことが出来た。
まだお店の内容がどのようなものか知らない時から、
福井の人に充実した時間と空間を楽しんでもらいたい、
というコンセプトを感じていたが、
実際の店舗を見て、そのスケールの大きさに驚かされた。

DSC_oy0424.jpg

DSC_oy0445.jpg

DSC_oy0447.jpg

DSC_oy0448.jpg

DSC_oy0452.jpg

福井の立派な旧家を改造した店舗は門を抜け、しばらく石畳を歩く。
その右手にはカフェスペースがあり、
ウッドデッキが併設されていて、
オープンカフェとしても利用できそうな感じだ。

DSC_oy0454.jpg

入り口を入るとすぐ右手にそば打ち室があり、
店舗は贅沢な空間をとった数奇屋作りで、
家族連れや少人数でのお客さん向けの小部屋や、
夫婦やカップルが楽しめる個室なども用意されている。
しかもどの部屋からも、外のお庭を楽しむことができる。

DSC_oy0427.jpg

DSC_oy0428.jpg

DSC_oy0433.jpg

DSC_oy0449.jpg

越前焼の器や越前漆器が並べられ、
内装には越前和紙が使われるなど、
とことん福井にこだわって作られている

そば粉は、福井市河合鷲塚町近辺の農家から直接入れ、
いわゆる二八の香り高い蕎麦だ。
美しく切られたエッジの立った腰のある麺と、
優しい昆布とカツオベースのダシがうまく調和されていて、
食べ終わった後に、また食べたくなるおろしそばだ。

DSC_oy0440.jpg

DSC_oy0443.jpg

美味しい蕎麦を栽培しているM氏

DSC_oy0467.jpg

そばの味は勿論、この店ではゆっくり空間を楽しみながら、
時間をかけてくつろいでみたいと思う。
旧家でおそばを味わい、喫茶コーナーでゆっくりお茶しながら、
気の置けない友人と語らいたくなる
今まで福井にはなかったタイプのおそばやさんである。


DSC_oy0471.jpg

御清水庵・遊福(おしょうずあん・ゆうふく)
福井県福井市下馬2-1906-5
0776-36-7188
営業時間:そば部11時〜22時(L.O.21:30)
     喫茶部9時半〜22時(L.O.21:30)
※福井県立図書館の田んぼを挟んで西側です。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1076


ラベル:越前そば 福井市
posted by たつたつ・たつや at 23:41| ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

日本橋の御清水庵話ですね!
食べてみたいと思い、以前行ったら
お休みなんですもの!!健在なんですね!
そして下馬にすごい御清水庵が誕生!?
ほぼ毎日通っている道なのですが
気付かずにいました。
行かなきゃ!
Posted by tama at 2009年05月20日 00:02
おぉ!
美味しいお蕎麦を食べたい!ーと思っていた矢先にタイムリーな記事が♪
体調回復したら早速、行ってみます〜☆
Posted by @waka at 2009年05月20日 01:00
何ンすか?このゴージャスなお店はっ!
行きたいけど、私のような庶民は足を踏み入れてはいけないんじゃないでしょうか...
そんな気持ちになる素敵な創りですね。
でも今度行ってみよ!
Posted by ガッツ at 2009年05月20日 08:13
これだけの設備投資して
お蕎麦一杯おいくらで食べられるのでしょうか?
Posted by K at 2009年05月20日 09:02
速攻で行きたいけど…お客さん大勢来そうですねぇ。

地元ニュースで報道していましたので、興味津々でした。
ちょっと、間を開けてから行こうかなと思っています。
Posted by Takeuchi at 2009年05月20日 20:01
tamaちゃん、いつも通る道ならば、
そば好きのあなたは、きっと近いうちに行くでしょう^^
日本橋の御清水庵まで行ったなんて、すごいね。
tamaちゃんみたいな県外人が増えてくれたら、
福井が日本の中心地になるのにね^^
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:22
@wakaちゃん、おそばはいいよ〜
多少体調不良でも食べられるし、
単体の食べ物としては栄養のバランスもいいしね^^
お休みの日に、本を一冊持って行って、
そばを食べて、カフェで珈琲という贅沢な時間が過ごせるのは、
ここしかないかもね^^
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:24
ガッツさん、そばのいいところは、
年齢職業男女問わず誰もがずず〜っとすすって食べることだと思うんです。
なので、敷居が高いなんて考える必要なし!
いろんなそばやさんが福井にはありますが、
新しいタイプのお店かもしれませんね。

開店直後よりもちょっと落ち着いてから行った方がいいかもね^^
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:26
Kさん、
おろしそば一杯600円でした。
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:27
Takeuchiさん、開店からしばらくは、
かなり混んで、大変だと思います。
しばらくしてから、ゆっくりココのそばと、
空間を楽しむといいと思います。

テレビの影響か、開店当日は超満員だったみたいです。
Posted by たつや at 2009年05月21日 22:29
きのう Kさんも行ったらしい。

「おろしともりを注文したら 15分後に来た客が先に食って 45分待っても俺のは来なかった!!」

と、 和尚図案さんでの話しこぼしてました・・。

しかし、そばを打ってる職人さん 似た人は世の中に3人居ると申しますが・・。(^^;
Posted by でぃ。 at 2009年05月22日 12:07
はい 昨日 行って来ました
列に20分並び カウンターに案内されましたが
席で45分待ちました

しかし 隣に座ったあとから来た方に先に出され 次に私のが 来たと思ったら

隣の方が  「もう一品頼んだはず」との言葉に私のまえに置いた そばが 隣へのお詫びの
言葉とともに 隣の席の方に移動された。

散々待った挙句 2回も気分を害したので
「もう 要りません」 と言って 帰りました。

20分並び 順番で座ったのに
配膳は 順番のちぇっくがなされていない。


すこし さびしい 思いです。
Posted by 勘兵衛 at 2009年05月22日 13:28
先週日曜日に【もりとおろし】を注文するお客様が多数お見えになるから、その時は、【どちらからお持ちしますか】とお伺いするように進言しておいたのに最悪な接客になってしまったようですね。プロに目から見て予測はできてました。キャパが大きすぎてしばらくは問題が山積するでしょう。しかし一期一会のお客様には言い訳など通用いたしません。私にそっくりさんが3人います・・・日曜日に行っているようです。プロの蕎麦職人を育成するのに3年はかかると思いますが、3人の若者を指導して行きたいと微力ながら応援していきたいと思っております。手の空いた日曜には応援にいきますので、改善すべきことはどんどん提言して頂きたく存じます。家のカミサンだったら、勘様に不愉快な思いはさせませんでしたのにね。
Posted by 葛西 at 2009年05月22日 21:56
でぃさんは行ったの?
それともしばらく様子を見てるのかな?
Kさんは残念ながら、当たりが悪かったみたいだね・・・。
新規開店の場合は、すぐに行かないことがベストかもね。
Posted by たつや at 2009年05月22日 23:37
勘兵衛さん、それはお気の毒に・・・
そりゃご立腹もよ〜くわかります。
そういえば、ずっと前に武生の新規店オープン初日に行って、
外れたことがありましたよね。
なので、新規店はオープン後一週間くらい経ってから
行くのがベストなのかもしれませんね。

Gさんや草さんたちが関わっているし、
もう一度チャンスを!
来週辺りはいかがでしょうか?
Posted by たつや at 2009年05月22日 23:40
葛西さん、大型店の新規店での接客はいろんな意味で大変でしょうね。
確かにプロはお客さんとは一期一会なので、
言い訳は効きませんよね。
こういう反省点を克服し、クレームをサービスに転換できる対応が大切なのだと思います。

福井のそばはいろいろあり、
新しいタイプのお店として期待しています。
葛西さんに似た人が出没する日にまた行きたいです。
Posted by たつや at 2009年05月22日 23:44
たつやさん、ご無沙汰しております。
茅ヶ崎のokaです。
最近そばにハマり、福島や新潟でも
そばばかりなこの頃です。
となると福井のおろしそばが恋しくなり、
地元に無いものかと探したところ、
逗子にありました。
「御清水庵・あん彦」
ですからきっとこちらののれん
なんでしょうね。やはり
福井出身の店主らしいです。
かなり賑わってましたよ。
Posted by oka at 2009年06月13日 21:00
okaさん、お久しぶりです^^
う〜ん、okaさんもそばの美味しさに目覚めたかぁ!?
やっと大人の仲間入りだね〜。
御清水庵あん彦の話は聞いています。
おっしゃる通り、暖簾分けのお店です。
人気店ということで、福井のおいしいそばを
もっと全国区にするためにも、頑張って欲しいと思います。

でもokaさん、やっぱ本場まで来なくっちゃ^^
ナナイロのCD,買いに来る?
Posted by たつや at 2009年06月15日 00:01
初めて書き込みさせていただきます。
いつもブログ楽しみに拝見させていただいていますm(_ _)m。
遊福さんの前を通りかかったら、いつも満杯の駐車場がガランとしてる。
入口に何か置いてあるし、もしや…と思ったら、19日で、閉店されたそうです。
このコメント欄を読んでいたら、さまざまな事情があったのかな?と憶測してしまいますが、また戻ってきていただきたいものですね。
Posted by joshue0329 at 2010年07月26日 11:04
joshue0329さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
そうだったんですかぁ・・・。
新しいそばやさんの形態として楽しみにしていたのですが。

わずか一年ちょっとの営業だったのは残念です。
Posted by たつや at 2010年07月27日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック