2009年03月25日

うなぎの万咲@いなべ市

多賀から山越えのルート国道306号線は、
地図で見た以上のかなりの曲がりくねった峠越えの道だった。
バイクで走るには、面白そうな道なので、
もう少し暖かくなったら、ツーリングで三重も行ってみたいと思った。
県境には鞍掛峠があって、標高は700m近い。
今では車で簡単に抜けることが出来るが、
車がない時代には、かなりの難所だったのだろう。

いろいろ多賀で寄り道をしてしまい、
峠を越えていなべ市に入ったのは、11時半を回っていた。
朝早く福井を出発し、珈琲を飲んだだけだったこともあって、
とにかくお腹が空いてきた。
いなべ市に入って間もなく、
うなぎの万咲』という看板が目に付いた。
今までの経験上、岐阜や名古屋にはうなぎの名店が多かったし、
当然、うなぎの消費量が日本一の三重も美味しいだろうと思っていた。

DSC_mi0349.jpg

看板に誘われるように、306号線を鎌田川沿いに左折し、
すぐにうなぎの万咲を見つけた。
のれんを見て、これは大丈夫だと直感的に思う。

DSC_mi0364.jpg

店内は結構広く座敷とテーブル席に分かれていた。
たつやは写真の明るさを考えて、窓側の座敷に座った。
メニューの中から、かなり迷ったが、
今までに食べたことのない石焼まぶしなるものをチョイスした。
金額は2000円ご飯大盛はサービス^^←うれしいです
どんなモノかわからなかったので、お店の人に聞いたところ、
石焼ビビンバみたいに石の器を焼いて、
その中にうなぎのひつまぶしが入っているとのこと。

DSC_mi0361.jpg

DSC_mi0359.jpg

しばらくして出てきた石焼まぶし
おお!これはいい!
少しづつお茶碗によそっていただく。
石焼なので、ご飯のお焦げと、ほどよく染みたタレ、
それにあっさり系の細めに切ったうなぎとの相性は抜群だ。
想像以上に、うなぎもタレもあっさりしていて、
最初に食べたときには、もう少しパンチが欲しいと思っていたのに、
食べれば食べるほど、その美味しさに惹かれていくのだ。

DSC_mi0357.jpg

ダシが付いてくるので、
ひつまぶし同様に、お茶漬け風にダシをかけて食べることもできる。
とっても満足な三重への旅の一食目でした。

DSC_mi0362.jpg

12時を回った頃には、家族連れがたくさん来て、
店内はほぼ満席でした。
やっぱり勘通りに、美味しい人気店だったみたいです。

DSC_mi0366.jpg

うなぎの万咲
三重県いなべ市北勢町大字瀬木363-4
0594-72-8738
営業時間:11:00〜14:00(OS)/17:00〜20:00(OS)
定休日:火曜日

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

福井情報の応援もよろしくです。記事1029




ラベル:うなぎ 三重県
posted by たつたつ・たつや at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 店グルメ・鰻編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
値段を見るとわたし的にはちと高すぎて・・・
美味しいとかの前の問題で・・・見てるだけで充分美味しいのは分かりまっする・・・
1人ではもったないのです・・見るだけでもこんな美味しいものがあるんだと知るだけでもありがたいです・・
Posted by まっするウォークマン at 2009年03月27日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。