2009年02月24日

勝山左義長まつり人物編1

DSC_8739.jpg

いろんな祭りを見てきて感じるのは、
その町の人が心底、その祭りを楽しんでいることだ。
そしてその町に、その祭りに対して誇りを持っていること。

DSC_8731.jpg

DSC_8655.jpg

DSC_8666.jpg

県外に出て行った人が、その祭りに合わせて帰省したり、
会社を休んでまで、祭りを楽しむのは、
イベントではなく、まつりだから。

祭りには歴史がなければならないと思う。
歴史がないお祭りは単なるイベントになってしまう感があり、
祭りの中心になる人と、そうでない人との温度差が大きい。

DSC_8625.jpg

太鼓櫓の前はちょっとした撮影会みたいです^^;

DSC_8732.jpg

勝山の太鼓櫓を回ると、
こんなにたくさんの子どもたちがいるんだ!
と思ってしまうくらい、主役を子どもたちが占めている。
勿論、地区の長老や婦人会の方たちが、
三味線や笛や太鼓を小さい頃から教えたり、
また自分たちが集まって練習したりして、
その伝統は守られている。

DSC_8620.jpg

DSC_8642.jpg

DSC_8651.jpg

それにしても、お祭りでのこどもたちは
本当に楽しそうです。
目が輝いています。
こういう環境で育つ子どもたちは幸せですね。

DSC_08576.jpg

勝山の左義長・・・
市内各地区で全国各地で行われている「左義長」ですが、
「勝山左義長」の記述が初めて登場する文献のは、
小笠原公の勝山入封時(1691年)にさかのぼります。
つまり、「勝山左義長」の歴史は、
少なくとも300年以上前から行われていたのです。
また、赤い長襦袢で女装した太鼓の打ち手が
三味線、笛、鉦による軽快なリズムで
お囃子に合わせて太鼓をたたく様や、
カラフルな色彩の短冊による町中の装飾は、
全国で「勝山左義長」だけの特徴です。


人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
ちょっとでも心に残ったなら応援クリックお願いしま〜す。

福井情報の応援もよろしくです。記事1009




ラベル:まつり 勝山市
posted by たつたつ・たつや at 22:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は恵まれたことに勝山の左義長へ出かけることができました♪
たつやさんが居そうな気配があり、探したけれど
見つけられず・・・。
町中が祭りを誇りに思い、楽しむ様が
とてもうらやましく思え、夜のドンド焼きを見ずに勝山を出ました。

続きの左義長ブログを楽しみにしています♪

※この場を借りて※
連絡が遅くなりましたが、解体が始まってしまいました。
現場はちょっとした戦場化しておりますが
薪用の材が必要でしたらお寄りください。
水〜木辺りが木材バラシかもしれません。。
Posted by tama at 2009年02月25日 00:21
たつやさん、こんにちは。
やっぱり今年も行かれてたんですね。
私は今年初めて行きました。
歴史を持ったお祭りがある町って本当に羨ましいと思います。
一本義久保本店では“伝心”の雪 を買って来ました。さわやかでおいしいお酒でした。

前回のコメントでは年齢を間違えてゴメンナサイ!
Posted by キキ at 2009年02月25日 08:57
福井の文化は、本当に深いですね。
いやー、すごい!

さらに、最後の写真には人類共通の良いものを感じます。口元に覚悟を感じました。
Posted by kikouchi at 2009年02月25日 22:26
いい絵ですよね・・こどもは最高の被写体です。
むかしはよく近所や自分の子供たちをよく撮ってましたね。自然体で構えないこどもはほんとうにいい絵になります。よく新聞に投稿してファミリー賞も受賞してました。数年後に写ってる子供さんにこれらの写真を見てもらいたい・・
こども感性は素直で楽しい・・元気がもらえます。ありがとう・・・感謝します。
Posted by まっする at 2009年02月26日 09:32
tamaちゃん、左義長行ってたんだね。
と〜っても良かったでしょ!
もう、この際、福井県民目指したら^^

tamaちゃんにとって、福井での生活が有意義な時間になることを、
ちょっくら応援する気分です^^

薪の件はありがと〜。
今回は縁がなかったみたいだけど、次回は是非^^
Posted by たつや at 2009年02月28日 10:12
キキさん、左義長初体験はいかがでしたか?
とってもいい雰囲気のお祭りでしょ!
一本義さんのお酒、ちょっと味見しましたが、
すーっと透き通るイメージのお酒でした。
たつやは飲めないので、買いませんでしたが、
あの蔵開きの雰囲気や酒饅頭を楽しんできました。
Posted by たつや at 2009年02月28日 10:14
kikouchiさん、東京の方から福井の良さを知っていただけることは、
とってもうれしく思います。
まだ地方には残された日本のお祭りが息づいているのですかね。
福井は食べ物やお水がおいしいところですが、
年々開発が進み、失ってはいけないものがなくなっています。
新幹線もいらないし、飛行場もいらないです。

暖かくなってきましたよ、また是非いらしてくださいね^^
Posted by たつや at 2009年02月28日 10:18
まっするさん、ホント子どもは最高の被写体ですね。
でもあまりカメラを向けることも難しい時代になりました。
たつやのブログを見てくださる方なら、ある程度は
写真にご理解をいただけるのではないかと
思っていますが、それでもやっぱり気を張りますね。
元気になっていただけるのであれば、
たつやとしてもうれしい限りです。
ありがとうございます。
Posted by たつや at 2009年02月28日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。