2008年11月18日

フラメンコ曽根崎心中@横須賀

一週間ほど前に鯖江市役所へ行ったときにUさんからこんな話を聞いた。
フラメンコ曽根崎心中が来週の土曜日に横須賀であるんやけど、
生オケでやるのは最後かもしれんのやと


え〜!ホントかぁ、あれは音楽が生やでいいんやがの〜

帰りのクルマの中で、横須賀行きがよぎった。

img152.jpg

フラメンコ曽根崎心中は平成17年の9月に
鯖江市文化センターで上演されたときに
たつやは実行委員会に所属していた。

以来、たつやは主演の鍵田真由美さん、佐藤浩之さんご夫妻
九平次役の矢野吉峰さんのファンとなってしまった。

そして昨年は福井市に於いて、昼夜二回の公演を行い、
感動の渦に包まれたことは、まだ記憶に新しい。
その時にはリハーサルでの撮影と、
このブログでの掲載を許可いただく栄誉をちょうだいした。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/48048131.html
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/48251346.html

先週、佐藤さんにメールで問い合わせたが、
残念ながら劇団側でのチケットは完売とのことで、
横須賀行きはほとんど諦めていた。

DSC_4976.jpg

ところが公演前日の夜遅くに
ミクシーの九平次さんのコミュニティを覗いていたら、
とある東京の方が
チケットが一枚余っていて、どなたか行きたい方はいませんか?」
と書いてあるのを見つけた。

もうなくなっただろうな、
と思いながらもメッセージを送ったら、
まだあるという返事をすぐにいただいた。

という訳で、急遽土曜日の午後、横須賀へ向けて出発しました。
愛車のマツダのキャロルに乗って。

片道530km。
フラメンコ曽根崎心中を見るのは4回目。
S席7500円だけど、それに十二分に見合う舞台だった。
それにしても何度見ても、出演者の表現力が
回を重ねる度に進化していくことに驚かされる。
台詞のない世界で、踊りと表情だけで、
空気さえ空間さえ変えていく。
音楽がプラスされると、
そのうち時間の概念さえ変わってしまう。
本当にお初や徳兵衛、九平次の霊が降りているのでは?

この公演で一区切りということもあってか
カーテンコールも何度も何度も繰り返され、
観客と一緒になって感動の渦に巻き込まれていた。

DSC_4975.jpg

終演後、楽屋を訪ねたたつやを見て、
本当に来てくれたんですか?」佐藤さん談、
あら〜こんなとこまで来ちゃって(^^;」九平次さん談、
たつやさん、遠くからありがとうございます」鍵田さん談
などと、貴重な時間をさいて言葉をかけてくださいました。

DSC_4972.jpg

鯖江ではもうお馴染みになりました琵琶の黒田月水さんです。

DSC_4973.jpg

DSC_4968.jpg

阿木さんと鍵田さんが抱き合って、
涙していたシーンが、印象的でした。

DSC_4966.jpg

またいつかこの公演が再開されたら、
絶対に行こうと思っています。

DSC_4970.jpg

本当に魂の根底から揺さぶられた「フラメンコ曽根崎心中
出演者、音楽家、この舞台に関わったすべての方に感謝しています。
ありがとうございます。

DSC_4962.jpg

それから東京のめめさん、チケットありがとうございました。
おかげで幸せな時間を過ごさせていただきました。

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、
ついでに応援クリックをお願いしま〜すぴかぴか(新しい)
二日間、サボっていたら3位になっちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

福井情報の応援もよろしくです。記事934
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by たつたつ・たつや at 22:07| Comment(6) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たつやさんを横須賀まで動かしますか!

五感が研ぎ澄まされるのでしょうね。
僕も、いつか拝見するぞ〜。



Posted by おーちゃん at 2008年11月19日 10:02
サルサ(音楽のほうではありませんでしたが)に続いてフラメンコとは。ラテン系としてむずむずしてきました。私も行きたーい!

伊良部島にいることを恨むのはこんな時。
たつやさんのエネルギーに敬服します。
Posted by ラテおじ at 2008年11月19日 23:44
おーちゃん、我ながらよく行ったよねぇ・・・
この公演が一区切りで、次の予定が決まっていない、
というのが、一番の決め手だったように思えます。
また機会があれば、一緒に行きましょ!
Posted by たつや at 2008年11月19日 23:58
ラテおじさん、
伊良部では普段の生活では味わえない貴重な体験ができるのでしょうが、
確かにライブや博物館企画とかは、
ちょい不便かもしれませんね。

出会える人の数にも、
見れるコンサートや舞台の数も、
すべてに限りがあることがわかる年になったからこそ、
いろんなところへ出かける原動力になってるかもしれませんね^^
Posted by たつや at 2008年11月20日 00:03
本当は私もちょっとマジで検討してました。
1回観たらハマりますよね。
いいなぁ〜。
Posted by ガッツ at 2008年11月20日 13:17
ガッツさんも、このフラメンコ曽根崎には、
ハマっちゃったもんね〜^^

お誘いすればよかったかな?
でも、毎週県外は大変っしょ?
ニコちゃんもいることだし。
Posted by たつや at 2008年11月20日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック