2008年10月23日

里山ジャンボリー2008(1)

sj0808.jpg

滋賀県高島市は、琵琶湖の湖北と湖西に位置し、
豊かな自然と古い町並みが残る風情ある町で、
たつやも好きで時折、出かける。

高島市は平成17年に旧高島郡高島町、安曇川町、今津町、
新旭町、マキノ町、朽木村
の6つの町村が合併してできた新しい市だ。
ちょうど一年前に、この町で行われた
里山ジャンボリー2007なるイベントに参加した。

sj0809.jpg

それは滋賀県出身の有名な昆虫写真家今森光彦さんと、
一緒に川の散策をするという第一部と、
星野直子さんと今森さんとの対談という第二部で構成された。

昨年のブログ参照ください。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/61786234.html

その時のあまりにも素晴らしい内容と企画に感動して、
今年も是非参加したいと思っていたところ、
高島市より案内をもらい、申し込みをした。

sj0805.jpg

今年の「里山ジャンボリー2008」は
第一部がフィールドワークで場所はマキノ町海津の散策。
そして第二部が「生命を描く」というテーマで
今森洋輔氏(細密画家)と今森光彦氏(写真家)の兄弟対談

朝、会場の安曇川ふれあいセンターに到着すると、
たくさんの参加者が集まっている。
ナンバーを見ると、滋賀が多いが、大阪や京都も結構ある。
何人かの人と話をしたが、遠くから来てる人、
この企画には必ず参加するといったリピーターが多かった。

sj0801.jpg

一部は80人が定員だが、人気のため、すぐに埋まってしまったらしい。
バス2台に分かれて、散策する海津まで行く。
案内をしてくれる高島市役所の職員の方が
バスガイドさんに負けず劣らずの話しぶりで感心^^

sj0802.jpg

sj0803.jpg

桜並木で有名な海津大崎の湖岸から、散策の開始だ。
ここから海津・西浜の湖岸沿いに続く石積みを見ながら歩く。
また昭和の時代には普通に見られた洗濯をするための橋が、
最近になってまた復活したという話を聞いた。

sj0804.jpg

琵琶湖は、南の方はかなり開発が進み、
景観も自然も大きく変わってしまったが、
この当たりの湖岸は、さほど開発の波が押し寄せていないことが、
返って、貴重なエリアとなったようだ。
最近になって、この高島市海津・西浜・知内の水辺景観
全国で5番目の重要文化的景観に選定されたようである。

sj0807.jpg

この辺りは何度か来ているが、
今森先生と歩くことで、今までとはまったく違う観点で、
町歩きを楽しむことが出来た。
自然や生き物のことだけでなく、歴史や文化、
またその地域で地道に活動している人との交流を通した人脈など、
ありとあらゆる方面に多才な方なので、実に楽しい。

sj0806.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)せっかくここまで見てくださったのなら、ついでに応援クリックをお願いしま〜すあせあせ(飛び散る汗)
福井情報の応援もよろしくです。記事911
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by たつたつ・たつや at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
細密画にちょっと興味があります。
もし福井で展示される情報があれば教えてください。
Posted by おーちゃん at 2008年10月24日 09:05
おーちゃん、仕事に活かせそう?
お話聞いてて、信じられない細かな仕事でした。
明日、ちょっと書くね〜。

福井での展示は多分ないと思います・・・。
Posted by たつや at 2008年10月25日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。