2008年08月29日

河和田アートキャンプ・民Cafe

河和田アートキャンプのプロジェクトのひとつに、
地元の民家を借りて、カフェとして数日間営業するというものがある。
そのうちの一軒、杉本カフェに行ってみた。

kacmk01.jpg

kacmk03.jpg

今までにいろんな民家を見てきたたつやだが、
あまりの立派な建物に驚いたのがこの杉本カフェ。
地元の杉本家の好意で、数日間カフェとしてオープンしている。
玄関を入ってすぐ左手にある柱は一辺が42cmもある。
他の柱も磔も床や縁側に使われている材料も、
信じられない太くて立派な木材を使っている。
贅を尽した素晴らしい民家であることは
素人のたつやにもよくわかる。
しかも両サイドに位置する庭園が実に美しい。

kacmk07.jpg

kacmk02.jpg

kacmk04.jpg

通常の民家であれば奥に8畳間が4つ、田の字型に配置されているが、
この杉本家は、10畳間がふたつ、12.5畳間がふたつ田の字型になっている。
その奥座敷左手には、二段になった床の間があるのだが、
どう見ても、5種類以上の木材を使って作られている。
中でもたつやが凄いと思ったのは、
床の間の飾り棚を支える2匹の獅子だ。
一頭は頭で棚を支え、もう一頭は尻尾で支えている。

kacmk06.jpg

kacmk05.jpg

この杉本家の繁栄を願って、雌雄の獅子をあしらったのではないか。
当時の職人さんの洒落た心意気を感じざるを得ない。

明日、明後日(8月30.31日)はこの杉本家をお借りした学生さんたちによる
杉本カフェが開かれる。

kamck08.jpg

河和田アートキャンプホームページより
河和田アートキャンププロジェクトは、
京都精華大学や福井大学を中心に地域内外の学生100名以上が、
福井県鯖江市河和田地区に集い、
夏休みの1ヶ月間を制作期間として活用し
河和田」で過ごす滞在型のアートプロジェクトです。
福井豪雨(2004)の災害復興支援(夏休みを奪われた子供達に元気を届ける企画)
から始まった河和田アートキャンプは「芸術の力」を通して
地球環境問題や地域活性に助力し
「芸術の為の芸術活動」ではなく
「芸術活動が社会に貢献できるか?」
というコンセプトで活動してきました。
今年(2008)からはより一層、それら目的達成の為に
7つの部門を設けて芸術活動と社会貢献を両立できるように、
持続可能なアートプロジェクトを目指して実施します。


人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
北陸で只今2位、トップは遠いっす^^;
福井情報の応援もよろしくです。記事854



ラベル:鯖江市 学生
posted by たつたつ・たつや at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民cafeもあるんですか。
面白そうですね。

メニューに「ぼたもち」・「鮎の塩焼き」・「ケンチン汁」などが
あるとうれしいな。


Posted by おーちゃん at 2008年08月30日 18:49
おーちゃん、ぼたもちも鮎もけんちん汁もいいけど、
150人来ている学生さんの七割が女学生なんです^^

って、いうことは・・・
おーちゃん、絶対に来なくっちゃ^^;
Posted by たつや at 2008年08月30日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック