2008年08月22日

つる忠(千曲市)

さあ、今回の旅の最初の信州そばは、千曲市にある『つる忠』だ。

歴史ある町並みにあるこの店の歴史もかなり古いらしい。
店内には明治時代の鶴忠の写真が掲示されている。
お盆休みということもあって、昼前には既にほぼ満席状態だ。

turuchu02.jpg

turuchu08.jpg

メニューは、
もりそば・ざるそば・おしぼりそば・ごまだれそば
・くるみ汁そば・そば三昧
が冷たいそば。
にしんそば・きのこおろしそばは温かいそばと冷たいそばがある。

turuchu04.jpg

turuchu03.jpg

たつやはそば三昧の大盛1600円をオーダー。
これはダシがもり・ごまだれ・くるみ汁の3種を一度に楽しめる。
そばは、信州らしく細めで香りもあり、優しい味の十割そばだ。
もりのダシは、最近流行りの信州そばの店はやや甘めが多いように感じるが、
つる忠のそれはすっきりしていて控えめな甘味だ。
ごまやくるみは、また違った味が楽しめて、大盛のそばは、
あっという間に食べ終えてしまった。

turuchu05.jpg

厨房では、おばちゃんたちが忙しそうに動き回っている。
そばを打っているのは、
かの有名店一茶庵で修行したという80近いおばあさんだ。
しかしながら、とてもそんな年には見えない。
ニコニコ楽しそうにそばを打つ。
店で売っている桃を、「それ、食べてみて〜
と言って、ただで食べさせてくれる辺りは、
優しい田舎のおばちゃん・・・といった感じ。

turuchu07.jpg

turuchu06.jpg

いつまでもお元気で、美味しいそばを食べさせてくださいね。

千曲市稲荷山は、街歩きもつる忠も十分楽しめる
たつやお気に入りの町になりました。


turuchu01.jpg

つる忠(つるちゅう)
長野県千曲市稲荷山996
026-272-1022
営業時間 11:00-15:00
定休日:日・月曜日
(電話で確認した方が無難だと思います)

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
北陸で只今3位、また出直しです。
福井情報の応援もよろしくです。記事843




ラベル:長野県 信州そば
posted by たつたつ・たつや at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大盛り1600円は結構なお値段ですが、これは、食べ応えがありますね。


かなりの大盛りだと思いますが、もり出汁・ごまだれ・くるみ汁と楽しめば、直ぐに蕎麦が無くなってしまうでしょうね。

80歳で蕎麦打ちも素晴らしいです。
体力を要するでしょうが、毎日打っているからこそ健康を維持出来ているのでしょうね!?

蕎麦を食べる自体も健康に良いのでしょうが。
Posted by taka yu at 2008年08月22日 22:15
taka yuさん、確かに1600円はかなり高額です。
ダシを3種楽しむには、大盛でないとモノ足りません。
この後、そばやの梯子の予定だったため、
これでやめましたが、そばだけお代わりが欲しいくらいでした。

そば打ちは重労働ですが、
余計な力が入らず、ちゃんとしたそばを打てる技術を持っているのでしょうね。
Posted by たつや at 2008年08月23日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック