2008年06月20日

日本の植民地化を救った昆布

日頃から懇意にしていただいている
敦賀のブラドメールさんから、お誘いを受けて、
フードジャーナリストでエッセイストの向笠千恵子さんと、
敦賀の魚屋さんと昆布やさんを回るツアーに
参加させていただく機会があった。

okd10.jpg

相木魚問屋の名物オヤジさん^^

okd11.jpg

東京や滋賀から集まった方々は、こめみそしょうゆアカデミー
通称こみしょうのメンバーで、敦賀と三方の梅を楽しむ企画で、福井まで来られていた。

さて今回参加したかった理由のひとつが、
奥井海生堂の昆布蔵の見学と、
昆布の地位向上と普及に熱き情熱を傾ける
奥井社長の話を聞いてみたかったことだ。
以前、奥井海生堂の社屋にお伺いしたことは、
ブログにもアップしたが、
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/87734779.html
その時は蔵囲い昆布のことだけで、
実際に昆布蔵を見学することは叶わなかった。

okd15.jpg

okd05.jpg

蔵囲い昆布とは・・・
昆布漁は真夏の一番暑い時期に昆布を刈り取り、
一気に天日に干して旨みを中に閉じ込める。
その後、奥井海生堂では専用の昆布蔵に寝かせて熟成させる。
一年もの、三年もの、五年もの、中には十数年ものも存在し、
ワインのように採れた年により、特別な味のヴィンテージ昆布が存在する。
平成に入ってからは、平成3年ものが一番だという。
利尻島の香深浜の天然昆布を主に扱っている。


okd04.jpg

平成3年のヴィンテージ昆布グッド(上向き矢印)
それを一枚プレゼントされてご満悦の向笠さんハートたち(複数ハート)

okd06.jpg

最初は、奥井社長の講義があった。
普段昆布をよく食べているが、
実際に昆布について勉強する機会は初めてで、
とても勉強になったし、更に興味を持つきっかけとなった。
特にたつやが面白いと思ったのは、
加賀藩の前田(外様大名)と薩摩藩の島津(外様大名)が協定し、
松前船を利用して、昆布を密輸していたということ。

当時、密輸は幕府からみれば大罪で、
財政逼迫の外様大名にとっては絶対に秘密を守らなければいけない事柄だった。
よって、当時の記録はほとんど残っていないらしいが、
北海道でしか採れない昆布を、密かに琉球に流していた。
そして琉球から中国に持ち込まれ、薬として重宝され莫大な利益を得ていた。
またその帰りには漢方薬などが積まれ、
前田藩の富山の薬売りが全国を旅して売り、また利益を上げていた。

okd09.jpg

この話をお聞きしたとき、
今年の4月終わりに鹿児島へでかけたときのことを思い出した。
幕末の島津藩は、欧米の軍事力を目の当たりにし、
日本でもいち早く軍備を推し進めた。
大砲や鉄砲の製造や、軍艦を作るなどして、欧米の脅威に備えていた。
どう考えても、それだけの財力をどこから得てきたのか疑問に思っていたのが、
この奥井社長の話で見事に一致したのだ。

そうかひらめき

日本の植民地化を救ったのは昆布だったのだ!ぴかぴか(新しい)

ひとり納得したたつやは興奮状態グッド(上向き矢印)のまま、昆布蔵へ。

okd01.jpg

okd02.jpg

徹底的な温度管理と湿度管理が行われている。

okd03.jpg

利尻昆布を束ねるのに、使った昆布をアルカリの水に入れただけのテイスティング。
もうひとつはガゴメ昆布をアルカリ水に入れたもの。
最初に、飲んでみた利尻昆布のヒモ?で取った水を飲んでみて、ビックリexclamation

okd14.jpg

okd13.jpg

えっ!?これって昆布だけ???
口の中に広がる旨みと甘み。
スーっと喉を通るときの心地よさ。
こみしょうのメンバーも感嘆の声を上げていた。

okd12.jpg

世界各国の料理人から注目を集め、取引も増えている蔵囲い昆布。
この建物の中にある昆布は数十億?がく〜(落胆した顔)
あらためて奥井海生堂の凄さと奥井社長の情熱を感じた一日だった。

okd07.jpg

越前和紙を使ったオリジナルパッケージも人気ですグッド(上向き矢印)

奥井海生堂
福井県敦賀市神楽1-4-10 
TEL.0770-22-0493 
営業時間9:00〜18:00 休日/日・祝
http://www.konbu.co.jp/
奥井海生堂のスタッフブログ
http://yamaboushi.meblog.biz/

okd08.jpg

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます。
おかげさまで上位にランキングさせていただいています^^;
福井情報の応援もよろしくです。


posted by たつたつ・たつや at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か数年前、富山の放送局の開局何十周年記念番組で、昆布が倒幕の資金源になったというテーマの番組をやっていたと思います。

昆布は現代のチベットなどでは最高の漢方薬とされ、利尻のものが最上とされているそうですが、富山の薬売りが利尻に一族を派遣し、昆布を採取し、北前船で得た利益が、薩摩藩に渡り、倒幕に回ったという番組だったと思います。

結果、植民地化も避けられたということに繋がっていくのでしょうが、確かそんなストーリーがあった様な・・・。
Posted by taka yu at 2008年06月20日 23:28
takayuさん、情報ありがとうございます。
やっぱりそうだったんですか!?
その番組を見てみたいです。
倒幕することにより明治政府が出来、
なんとか植民地を免れたのではないか!?
と、たつやは考えています。
歴史には詳しくないのですが、
維新の頃の歴史だけでも勉強してみたくなりました。

昆布っていろんな面で、すごい植物なんですね^^
Posted by たつや at 2008年06月21日 00:31
僕の高校時代の歴史の先生は、その名も島津先生!
実は島津家の直系なんでです。(福井市内で住職をしていらっしゃいます。)
年に1度、島津家の直系が鹿児島に集まるそうですが、未だに財閥軍団だそうで、その先生だけが貧乏だと笑わしてくれていました。

きっと敦賀経由で上福(新語?)されたのでしょう。
お寺の蔵にはビンテージ昆布が眠っているかも。(笑)
Posted by おーちゃん at 2008年06月21日 09:03
おーちゃんの先生は島津家直系なんですか!?
それは凄いですね。
世が世なら、お近づきになれない方なんでしょうね^^;

北前船の寄港地には、昆布の文化が息づいています。
敦賀はその代表的な町なのかもしれません。

そんなヴィンテージ(100年モノ)とかあったら、
どんな味か確かめてみたいですね〜
そういえば、奥井社長も試してみたいっておっしゃっていましたよ^^
Posted by たつや at 2008年06月21日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。