2020年01月20日

マッターホーンのバウムクーヘン@東京・学芸大学駅

父が大好きだったバウムクーヘンがある。
それがどこで作られているものかは知らなかったが、
何十年も前から、時折お取り寄せをしていて、
たつやの口にも時々入った。
それはとても美味しかった。
いい香りとしっとりした食感、そしてその絶品の味。
バウムクーヘンと言うお菓子は、
こんな味わいのものだと思っていた。

83084870_199625351206408_3523386935353540608_n.jpg

その後は、そこそこ名の通った菓子店の
バームクーヘンをいただいたり、買ったりしたが、
えっ!?こんな味じゃなかった・・・
あれ!?美味しいとは思えない・・・
たつやが知ってるバウムクーヘンの味じゃないと思った。

たつやの中のバウムクーヘンは
父が取り寄せていたあの味じゃないとダメなのだ。
父が亡くなって数年間は、そのバウムクーヘンが
何処のお店のものかわからないままだった。

82387407_1193421974382423_1046889031335411712_n.jpg

83166235_1439986312846995_683975646421975040_n.jpg

ところがインターネットで検索すると、
見覚えのあるイラストや包装紙が見つかり、
その店は東京の学芸大学駅近くにある
マッターホーンというお店ということを知る。
更に調べてみると、マッターホーンの
バウムクーヘンの評価はとても高かった。
父がどうやってこの店を知ったのだろうか、
今更ながら気になった。

75380469_1278745125651129_946643562638868480_n.jpg

そして数年前に初めて、学芸大学駅に降り立ち、
マッターホーンを訪れた。
期待に胸が膨らみ、何年か越しにあの味に逢えると
ドキドキしながら店に入った。
正面に大きなガラスケースがあった。
その中にチョコレートやクッキーやバウムクーヘンが、
右手のショーケースには、たくさんの種類の
色とりどりのショートケーキが並んでいた。

82922934_1026929247673378_6107038273337556992_n.jpg

82537031_869921626796189_5451533642998218752_n.jpg

74693565_3170413349698227_7706798254045790208_n.jpg

たつやの前に10人ほどのお客さんが並んでいた。
ようやく順番が回ってきて、
バウムクーヘンの棚を見ると、無情にも
『本日のバウムクーヘンは売り切れました』
隣に並んでいるはずのカットバウムクーヘンも
一つもなく、同じように
売り切れの文字が目に飛び込んできた。

82999751_917001352050161_811641620855259136_n.jpg

さすがにガッカリ・・・。
半分泣きそうなたつやを見た店員さんが、
「申し訳ございません。お時間をいただければ
お送りすることも出来ます。」
と言ってくれたのだ。

本当ですか!?是非、お願いします。

83173751_165379588073293_7259601539017211904_n.jpg

しかしながらたつやの元に到着する日は、
なんと、この日から数えて45日以降だった。
それだけ予約が一杯なのだ。
当たり前だが、マッターホーンは
一日に焼けるバウムクーヘンの数が
限られている。
1本焼くのに数時間かかるらしい。
それにマッターホーンは多店舗展開をせずに、
1952年の創業以来1店舗のみの営業を続けている。
それは製造のクオリティを維持するためらしい。

82773137_603133720452734_2152107064330027008_n.jpg

大人気のバウムクーヘンは、
ほぼ開店と同時に売り切れることが多く、
その後、何度も店頭に出向いたが、
普通に買うことが出来たのは2回だけだった。
以前は電話やFAXでの注文も可能だったが、
今は直接お店に出向いて注文しなければ
購入できないようになった。
父がお取り寄せしていた頃は、
福井からでも注文が出来たのだ。

83177903_2651584364959195_860269914890436608_n.jpg

それでもマッターホーンのバウムクーヘンが食べたい。
あのずっしり重くて、しっとりして
何とも言えない美味しさのバウムクーヘンは
マッターホーンでなくてはならない。
結局、たつやは諦めきれずに、45日後の到着を
待つことにして、宅配伝票を書いて帰った。

82717426_198147191317337_1498587731083657216_n.jpg

このバウムクーヘンが届いた時は、
父の仏前にお供えし、
(時々忘れて先に食べてしまいますが^^:)
その後、家族でいただくことにしている。
たつやにとってマッターホーンの
バウムクーヘンは父との思い出の味。
口に入れる度に父を思い出す。

82818046_609574203172684_4423937385713106944_n.jpg

上京し時間を見つけてはせっせと学芸大まで通い、
マッターホーンで毎回、注文伝票を書いてるたつやを見て、
親父は空の上から笑っているのかな^^

次回、たつやの家にこのバウムクーヘンが届くのは、
3月3日ひな祭りの日の予定です。
今からとても楽しみにしています。
ありがとう!お父さん&マッターホーンさん♫



MATTERHORNマッターホーン
東京都目黒区鷹番3-5-1
03-3716-3311
営業時間:9時〜18時半
定休日:火曜日









やっぱりたくさんの方にブログを見ていただきたくなりました。
再び、北陸のブログランキングに参加します。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

こちらをクリックしてくださいませ^^

北陸地方ランキング







記事2917回目
posted by たつたつ・たつや at 22:45| Comment(0) | 店グルメ・カフェ・パン・スイーツ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする