2020年01月05日

ズーセフ・ヴェゲトゥス@京都市

たつやは特別、甘いものがなければならない
というほどではないが、
バウムクーヘンだけはこだわりがあって、
好きなお店のものしか食べない。
タイプで言えば、かっちりドッシリしっとり系。
かたくなにドイツの伝統的な作り方をしていて、
小麦粉とバターと卵、砂糖で作られているもの。
もちろんベイキングパウダーやバター以外の油脂、
添加物などは一切使っていないものだ。

81453614_1049878455389448_7788411454532616192_n.jpg

亡き父がその昔、お取り寄せをしていたのが、
東京学芸大前にあるマッターホーンの
バウムクーヘンだった。
その頃は、送られて来たものを食べて、
うん、これは美味しいバウムクーヘンだと思っていたが、
それが当たり前の味だと思っていた。
ところが、その後いろんなお店の
バームクーヘンと言う名前がついたお菓子を食べたが、
しかもそれなりに名前の知れた店のものも食したが、
どれも口に合わなかった。
そして数年前に、あの美味しかったバウムクーヘンは
どこのものだったのだろう?と探して見つけたのが、
マッターホーンだった。

81368183_629079614299401_6266521910960455680_n.jpg

4年ほど前にたつやの仕事仲間のボスS氏が
お土産でくれたバウムクーヘンが
あまりにも美味しかった。
どこのバウムクーヘン?
かと尋ねると、京都にあるズーセフ・ヴェゲトゥス
という名前だと教えてくれた。

81714422_1574862466005467_2363159515282538496_n.jpg

えっ!?ズーセフべなんちゃら?
とても一回では覚えられない名前のお店だったが、
その味はとても印象に残っている。
その後も、S氏が関西へ行く機会があれば、
お願いして何度か食べる機会があった。
聞いてみると、やはりドイツの伝統的な作り方をしていて、
何とドイツの製菓マイスターを取得されたオーナーさんが、
毎日お店で1本1本焼いているとのことだった。

81476385_586259298774160_1884395550837571584_n.jpg

そして2020年、ついにそのお店『ズーセフ・ヴェゲトゥス』へ
S氏に連れて行ってもらうことになったです。
お正月の4日ということで、営業しているかどうか?
また売り切れていないか?という若干の不安があったのですが、
ランチ後に京都市北区にあるズーセフ・ヴェゲトゥスを訪ねました。

もうお店の外観からして、かわいいお店です。
中に入るとバターと甘い香りがします。
想像以上に小さなお店で、
正面に控えめな大きさのガラスの冷蔵庫があって、
その中に何種類かのバウムクーヘンが並んでいます。

82227531_452240448987919_7658269409978351616_n.jpg

81581552_542551329670165_8351034200165449728_n.jpg

訪ねた時間が午後4時近かったこともあって、
4種類のバウムクーヘンが並んでいました。
ここズーセフ・ヴェゲトゥスは定番のバウムクーヘンが、
はちみつ・抹茶・チョコミント・ビターチョコの4種類で、
季節によっていくつかの味が楽しめるようです。

81197184_2449679645348475_6683891113205432320_n.jpg

いただいたパンフレットを見ると、
早春:ココナッツとしょうがレモン
春から初夏:いちごとへーせるナッツ・すぐりとチョコ
春から晩夏:トマト・バジルとレモン
盛夏:グレープフルーツとピンクペッパー・伊予柑と塩ピーナッツ
秋:栗とそば粉・コーヒーとブルーベリー
秋から晩冬:リンゴとごま・ドライフルーツとチャイティー
冬:ショコラスパイス

こんなのを見ると季節ごとに訪れたいと思います。

80995060_602581057227793_5614980620607291392_n.jpg

81445069_2718050354920079_519158685914628096_n.jpg
 
オーナーさんは2003年にドイツのベルリンで、
この製菓マイスターの称号を取得されています。
ドイツには9年間いらっしゃったとのことで、
たつやの姉も同じ時期にベルリンに住んでいたので、
少しだけベルリンのお話などをさせてもらいました。

81925764_461638494785265_6656489144547540992_n.jpg

ちょうど翌日に出す予定の
はちみつバウムクーヘンの仕上げをされていたので、
ちょっと見せていただきました。
断面にみつばちや小さな花の模様は
ひとつひとつ焼印で付けているのです。
なので、ひとつとして同じデザインのバウムクーヘンはないのです。
すべての工程をオーナーが手作りで行うのが、
ここズーセフ・ヴェゲトィスのバウムクーヘンなのです。

81391437_578909176020723_7834055180088770560_n.jpg

82293615_955295524841110_6396649275316502528_n.jpg

家に持って帰り、先ほど一切れいただきましたが、
本当に美味しくて感動しました。
作っている工程をほんの少しだけですが、
見せていただくと、更にありがたみが増して、
美味しさ倍増でした。

また京都に行く機会があれば是非立ち寄りたいお店です。

81976022_2469036606697108_1648069193033056256_n.jpg

ズーセフ・ヴェゲトゥス
京都市北区紫竹下竹殿町16
075-634-5908
営業時間:12時〜19時
定休日:水・木曜日







やっぱりたくさんの方にブログを見ていただきたくなりました。
再び、北陸のブログランキングに参加します。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

こちらをクリックしてくださいませ^^

北陸地方ランキング







記事2909回目
posted by たつたつ・たつや at 21:37| Comment(0) | 店グルメ・カフェ・パン・スイーツ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする