2019年09月25日

かずの机・前編

早いもので、かずは5歳になり、
来年はついに小学生となる。

15年ほど前から木工が好きになり、
元々、のめり込むタイプのたつやは、
当時、洗濯場の一部に小さな作業場では飽き足らず、
結局、キットハウスを購入し、
16畳ほどある小さな小屋を自分で建てた。
アメリカ製のキットハウスガレージで
2×4のパネル式の建物だった。
それを自分なりに改造して、
そこを木工工房として週末DIYを楽しんでいた。

70774127_1233677066809063_298432834740158464_n.jpg

一時期はカフェ・雑貨『カンパネルラ』のお客様からも
様々なオーダー家具を頼まれて、いろんなものを作った。
今になって思えば、週末はどっぷり木工にはまっていて、
気が付くと深夜3時・・・なんていうこともしょっちゅうあった。
あの頃は体力もあったんだなぁ。

71188542_2771328642900477_131145542188138496_n.jpg

机の脚はキット品。机の板を切り、脚の位置を決めます。

70938275_576935429509900_64099663883534336_n.jpg

引き出しは真ん中にひとつだけ。
学習机という役目を終えたとしても何にでも使える机にします。

70671326_589008921503781_8515363449956466688_n.jpg

さて小学校に行くかずのために
机を作ろうと思った。
生まれた時から、彼が大きくなったら、
家具を作ってあげようと思っていたのが、
あっという間に大きくなって、もうすぐ6歳になる。

71599163_2396883197306048_5316546158074527744_n.jpg

引き出し用の板を切り出し、溝を掘り、そこに板をはめ込みます。

70673220_2458211130929068_5671761333800927232_n.jpg

浅めですが、大きめの引き出し完成です。
取っ手はちょっと渋めのアンティークの陶器製です。


70816582_375886936698865_4562127674994065408_n.jpg

集中して作りたい!と思っていたので、
今年の長い長いゴールデンウィーク期間中に仕上げる予定を組んだ。
たつやの頭の中では2日もあれば完成するだろうと思っていたが、
想像したよりもずっと時間がかかった。
若い頃の出来たスピードと集中力が残念ながら落ちているのだ。

久しぶりの家具づくり。
久しぶりの工房。
久しぶりのいろんな電動工具。

71348936_606783356515940_799686368933445632_n.jpg

この辺りは我流でいい加減です^^;

71289731_420279452026226_243736829952524288_n.jpg

物置状態になっている工房の掃除から始めなくてはならない。
掃除の合間にケリーケトルを引っ張り出して来て、
珈琲を沸かして飲んだりしてるものだから、
なかなか進まない状態のまま、ゴールデンウィークの初日が終わった。

71169982_2210140099246716_8707726256231153664_n.jpg

2日目に入って、まず机の部分から。
もちろん簡単な設計図は書いた。
それにかずくんの机を置く場所が決まっていること、
もうひとつはダイニングテーブルと同じ高さにして、
大勢で食卓を囲む際に、ダイニングテーブルの補助として使えること。
もうひとつは照明スイッチを避けること。
などが条件となっている。

71116904_781065499014249_1420129931400052736_n.jpg

いつの日かかずくんが気が付いてくれたらいいな〜
とメッセージを書きました。


70815723_486483662206454_2687562475368349696_n.jpg

続く









やっぱりたくさんの方にブログを見ていただきたくなりました。
再び、北陸のブログランキングに参加します。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

こちらをクリックしてくださいませ^^

福井県ランキング



記事2860回目
posted by たつたつ・たつや at 22:46| Comment(0) | モノ作り・家具他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUIREN+@福山市

福井市から広島県福山市へ移転したペール・メールの里佳ちゃんから、
隣にとても美味しい自家焙煎のコーヒーやさんがあると聞いていた。
驚いたのはペール・メールと、その自家焙煎珈琲のSUIREN+の真ん中に、
フリースペースがあって、テーブルと椅子のセットがいくつか置いてあり、
そこで買ってきたパンやコーヒーを飲めることだ。
雨も当たらないスペースなので、いつでもオープンカフェ気分を味わえるのいい。

70600400_1279116178923287_4883906324162674688_n.jpg

70929088_1440348592780540_2530966584776720384_n.jpg

それにペール・メールで購入したパンをSUIREN+の店内に
持ち込んで食べることも許されているのだ。
こんな関係素晴らしいな〜!

そう思いながら、たつやはペール・メールで買ったパンを持って、
SUIREN+の扉を開いた。
瞬時にして珈琲のいい香りに包まる。
思わず、あぁいい香り〜と独り言・・・。

71352229_515210255935927_2362736847550939136_n.jpg

前回来たときは真夏で、
ここで飲んだアイスコーヒーがあまりにも美味しくて、
帰り際に同じものをマイボトルいっぱい入れてもらった記憶が蘇った。
運転中に飲むのは、これまた格別だったな!

今回は温かい珈琲で。
ペール・メールで買ってきた数種類のパンと一緒にいただく。

70388442_2366319123628217_5353118672183361536_n.jpg

店の正面奥に蒸気機関車を彷彿させる
真っ黒のカッコイイ大型の焙煎機があった。
すごい存在感!文句なしにカッコイイ!
ちょっと違う例えかもしれないが、
うちの印刷会社にある昔の活版印刷機と同じような匂いがした。

70962202_697532587429456_4037966748043968512_n.jpg

黒一色の焙煎機には「GIESEN」の誇らしげな文字。
このオランダ製の焙煎機は今では日本でもそれなりの数が入っているが、
少し前まではとても珍しかったらしい。
ここSUIREN+が日本でも最初だったとか。
(ちょっと記憶が怪しいが^^;)

70505810_515836615859028_654878196474314752_n.jpg

たつやがこの焙煎機を見た時に、
プロバットというメーカーのものかと思った。
雰囲気がとても似ている。
後から調べて分かったのだが、
GIESENはプロバットの焙煎機も作っていたとのこと。
道理で似ているはずだ。

71294171_904538546589240_4608920720913727488_n.jpg

オーナーさんといろんな話をしたのだが、
何と越前市の自家焙煎珈琲たちばなやさんと
お知り合いということがわかり、勝手に親近感が湧いた。

お店の雰囲気も、もちろん珈琲の味も、
そしてお店のオーナーもスタッフさんたちも
とても柔らかい接客と笑顔で、本当に居心地のいい時間だった。
ペール・メールを訪ねた時は、
絶対にセットで伺いたいSUIREN+だ。
それに隣のある家具屋さんホルム230も含めて。

71352229_515210255935927_2362736847550939136_n.jpg

SUIREN+
広島県福山市駅家町坊寺230
TEL.084-976-8523
営業時間:11時〜19時
定休日:水曜日









やっぱりたくさんの方にブログを見ていただきたくなりました。
再び、北陸のブログランキングに参加します。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

こちらをクリックしてくださいませ^^

福井県ランキング



記事2859回目
posted by たつたつ・たつや at 00:32| Comment(0) | 店グルメ・カフェ・パン・スイーツ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする