2017年02月24日

コンニャクを作ろう!

随分長い間、ブログを書けませんでした。
今まで、たつやのブログは写真の質を落とすのが嫌で、
ほぼ一眼レフカメラの写真をアップしてきたのですが、
最近は携帯の写真を撮ることが多く、
手軽にアップ出来るフェイスブック中心で発信していました。

だけど、やっぱりたつやの原点はブログにあると思い直し、
またボチボチと綴って行けたらと思います。
写真の質にも拘らず、携帯での写真もどんどん使えばいいと、
自分で自分のブログのルールをゆる〜く変化させます。




16930711_1472305756137598_696453851_o.jpg

先日、池田の大門さんから段ボールの箱がたつやの留守中に届いていました。
大門さんからは、無農薬のお野菜をしょっちゅういただくのですが、
今回の箱はずっしり重いので、里芋とかカボチャが入っているのかと思いました。
開けてみると、大きな蒟蒻芋が入っていたのです。

16934170_1472308169470690_329423634_n.jpg

わぁ、立派な蒟蒻芋やぁ!
ひとつ1.2kgはある大きな芋です。
数年前に何度か蒟蒻芋から、コンニャクを手作りしたことがあるのですが、
その時に食べたコンニャクの美味しさにはぶったまげました。
コンニャクってこんなに美味しいモノだったのか!?
我が目、いや我が舌を疑ったくらいです。

16933502_1472306039470903_1752814371_n.jpg

その日は家族は誰もいない日曜日で、
珍しくたつやも予定がありませんでした。
そうだ!今日はコンニャクを作ろう!
以前のレシピを思い出すのですが、ほとんど忘れていました。
芋を剥くことだけは確かだったし、
素手でやると、蒟蒻が持ってるシュウ酸が強くて、
手がヒリヒリして、大変だったことは良く覚えていました。

16924188_1472306032804237_613169163_n.jpg

ゴム手袋を装着するのですが、
これがまたかみさんのものを使っているので、
小さくてなかなか手が入らないし、
ようやく両手にはめられたと思ったら、
携帯で写真を撮る時には、
また手袋を取らなくてはならないし・・・

16923617_1472305992804241_1061054447_n.jpg

四苦八苦しながら、1.5キロの芋を剥きました。
これから先は、レシピを再確認しての作業です。
以前はおろし金を使って、手でおろしたのですが、
今回はマシンを使いました。
1.5キロの芋に対して、3倍の水が必要なので、
コンニャクは必然的に6キロほど出来ることになります。

16934067_1472305989470908_1994022743_n.jpg

凝固剤は通常は水酸化カルシウムを使うらしいのですが、
たつやは「貝殻焼成カルシウム」という自然素材を使いました。
これだけあれば、1トンくらいコンニャクが作れるかも^^

16924074_1472306016137572_996509374_n.jpg

16976536_1472305809470926_864717456_n.jpg

格闘すること3時間半。
ちゃんとコンニャクが出来上がりました。
いろんなお友だちにもお裾分けしたのですが、
それでも我が家は2週間ほど、コンニャクをいろんな料理に使いました。
我ながら、何と美味しいコンニャクが出来たのでしょう!

16935943_1472305746137599_867290017_o.jpg

刺身が絶品!
もちろん鍋やおでんも最高!
ピリ辛コンニャクは反則と思われるくらい美味!
豚汁や野菜炒めにも入れたりと、大いに重宝したのでした。

16976621_1472305762804264_116551129_n.jpg








北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^

人気ブログランキングへ

記事:2698

タグ:男の料理
posted by たつたつ・たつや at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

天龍さんの映画「LIVE FOR TODAY」

ドーハに住んでいる同級生のYさんと、越前町に住んでいるTさんが、
「たつやは生きているんか?」
と同じく同級生の伊太郎に連絡をしてきたのだそうだ。
長い間、ブログを書かないということは、
そういう風に思われるのかも知れないと、
少しばかり反省をしたたつやです。





かつてたつやは『福井天龍隊』というグループの隊長をしていました。
福井県勝山市出身のプロレスラー、天龍源一郎さんの
地元のファンクラブのような組織です。
27年前、天龍さんは全日本プロレスを辞め、
SWSという新団体を結成しました。
旗揚げは横浜アリーナという大舞台だったのですが、
その前のプレイベントとして、
福井市体育館にて『越前闘い始め』と銘打った試合が企画されたのです。

DSC_8306.jpg

SWSはメガネスーパーがメインスポンサーということもあって、
それまでのプロレスのイメージを変える勢いを持っていて、
そのプロデュースを大手広告代理店のH堂が請け負っていました。
越前闘い始めを迎えるにあたって、
地元のプロレスファンが集まって、福井天龍隊を結成したのです。
なぜかたつやが隊長になり、
お揃いの黒のレボルーションTシャツとハチマキをして、
黄色の幟を作って仲間たちと応援に行きました。

16924014_1472309866137187_423654548_n.jpg

数年間は、天龍さんの試合をあちこちで見せてもらいました。
地方巡業で福井に来られた時には、試合後に皆で食事に行ったり、
飲みに連れて行ってもらったことも、何度もありました。

さて、その天龍さんは一昨年の11月に引退をされたのですが、
その試合は福井市の映画館でライブビューとして観戦しました。
引退の相手は、今や日本を代表する最強で最も華のあるレスラー、
新日本プロレスのオカダカズチカでした。
素晴らしい試合で、たつやはずっと泣きっぱなしでした。

16936186_1472309879470519_103229298_o.jpg

16935919_1472309856137188_53334280_o.jpg

たつやが天龍さんが好きだった理由は、
『受けの美学』でした。
相手のどんな技もすべて受け切ってしまう・・・。
この状況で、こんな技を食ったら、大けがをしてしまうのではないか・・・
動けなくなってしまうのではないか・・・
毎回、そんな試合を繰り返していました。

DSC_8311.jpg

先週、天龍さんが福井に来られました。
それは天龍さんの引退までの一年を綴った映画
「LIVE FOR TODAY」の舞台挨拶でした。

この映画は本当に素晴らしい。
プロレスファンだけでなく、一般の方にも是非観て欲しいです。
大相撲、プロレスと格闘技人生50年。
レスラー天龍源一郎としての生き様。
『プロレスは伝承文化』この言葉が忘れられません。
人としての天龍さんの生き方、家族への想い。
途中、何度も涙が流れて来ました。

16976678_1472309876137186_328472287_n.jpg

天龍さんの同級生のY田さんが持って来られた写真です。
中学時代の天龍さんです。


16923829_1472309862803854_2043466017_n.jpg

舞台挨拶終了後に、地元勝山の方たちと一緒に、
おそばやさんで食事をしました。
天龍さんのかつての同級生の方や、
力士になったゆかりの散髪屋さんとか、
天龍さんのご親戚の方たちも皆、一緒でした。
お店の外で、記念撮影をしました。

撮影は福井市のマイクヨコハマさん。
かつて福井天龍隊の副隊長でした^^

16976621_1472319642802876_1726600546_n.jpg

天龍源一郎さん、そして天龍プロジェクトの代表を務める嶋田紋奈さん、
こんな素晴らしい方とも人生の中で、ご縁をいただけたことも、
今更ながら感謝しています。








北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^

人気ブログランキングへ

記事:2699

posted by たつたつ・たつや at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする