2016年01月05日

どうせきの中華そば&おろしそば

勝山へはその昔、よくそばを食べに行った。
前の中村屋、前の勝食、やく志や、八助、前のどうせき、モリグチ・・・
たつやがそばに目覚めた頃に、勝山近辺のそばが美味しくて、
何度も通ったものだ。
勝山のおろしそばにはちょっとした特徴があった。
おろしそばを何枚か頼むと、出汁は別の器に出てきて、
そこにはお玉やしゃもじが付いていて、
出された麺に、好きなだけ出汁をかけて食べるというもの。
元々のそばの量が少ないこともあって、
大食漢だったたつやは平気で5枚も6枚も食べていた。

DSC_9426.jpg

もうひとつは、温かいおろしそばを出してくれるというもの。
ゆで上げたそばを一度は冷水にさらし、締めた後、
最後に大釜にさっとくぐらせて、麺だけを温めるというもの。
勝山市近郊では普通にあったが、
余所では、福井市の九十九橋の袂にあった三井屋くらいだったと記憶している。

DSC_9422.jpg

ちょうど今頃の季節に勝山市内のおそばやさんへ行って、
おろしそばを頼むと、冷たいの?あったかいの?
と聞かれる方が多いかも知れない。

DSC_9419.jpg

DSC_9440.jpg

先日、本当に久しぶりに勝山市役所のすぐ近くにある
『どうせき』へ行った。
この店の中華そばは、常連さんにとても人気があって、
お店に入ると、かなりの確率で
中華そばまたは、中華そば+アルファを食べている
お客さんを見ることが出来る。

DSC_9436.jpg

たつやは、麺+麺という普通では頼まない珍しいパターンで注文した。
もちろん、どうせきの名物、中華そばとおろしそばだ。

DSC_9421.jpg

おろしそばは平たい麺で、やや柔らか目。
別の器に入ったダシは、昆布や鰹節の旨みがたっぷし含まれていて、
ごくごく飲めてしまえそうなタイプで、
この幅広の麺との相性がいい。

DSC_9433.jpg

どうせきの中華そばは、昔ながらの味をずっと守っていて、
この店の中華を何十年と食べ続けている人も少なくない。
旨みが溶け込んだ透き通ったダシと、少し縮れた麺、
それにチャーシュー、ハム、カマボコ、メンマ、ネギのトッピングだ。
たつやはそれにたっぷりの胡椒をかけて食べるのが好み。

DSC_9439.jpg

またどうせきの中華そばの丼がいい感じ。
かなり年季の入った丼で、この辺りはたつや的にポイントが高い。
製造は、昭和30年代後半から40年代と言ったところだろうか?
いったいこの丼で、何千杯の中華そばが出されたのだろう?
そんな歴史を感じさせてくれるどうせき。
また勝山方面に行ったら、中華を一杯いただこう!

DSC_9441.jpg

道関そば屋
福井県勝山市元町1-5-22
0779-88-0667
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜20:00
定休日:水曜日








北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^


人気ブログランキングへ

記事:2563



posted by たつたつ・たつや at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。