2016年01月03日

謹賀新年・平成28年

新年あけましておめでとうございます。

こうしてブログで新年のご挨拶させていただくのも、
10回目となります。
いつも『たつやの感性見聞録』を訪れてくださいまして、
またランキングの応援もしていただき、心より御礼申し上げます。

今年も出来る限り、ブログを更新していこうと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。






12468172_1123290111039166_1361492503_n.jpg

平成28年の年明けは、北陸の福井県では経験したことのないような、
穏やかな三が日を迎えました。
雪のないお正月というのは、何度かありますが、
3日間、太陽が顔を出すお天気で、とても温かい日でした。
たつやが知っている50年以上の中でも、初めてかも知れません。

DSC_9595.jpg  

DSC_9561.jpg

元旦には、お天気に誘われて、少し離れたところへ初詣に行くことにしました。
大好きな若狭一の宮の若狭姫神社、そして若狭彦神社です。
ここへは、もう何度も来ていますが、いつも不思議なエネルギーをもらえます。
境内に入るだけで、空気感も地面や空からのエネルギーががらりと変わります。

12476423_1123288841039293_1617624074_n.jpg

姫神社さんは、女の神様ということもあってか、
とても明るい雰囲気を持った大らかな雰囲気を持っています。
優しい空気に包まれていると言った感じでしょうか。
本殿左手にそびえる千年杉の真下に立って、その巨木を見上げると、
何とも言えない心地よさに包まれます。

12468106_1123288864372624_1126290837_n.jpg

一方、彦神社さんは、参道を上がっていくと徐々に、
凛とした空気に包まれて、神門の前まで来ると、
これから先は神域だということがはっきり感じます。
姫神社で感じる優しい感じはありません。
ピンと張り詰めた雰囲気で、厳かな感じがヒシヒシと伝わってきます。

12443248_1123288821039295_171569969_n.jpg

彦神社でちょっと不思議な写真が撮れました。
光とレンズが偶然織りなした一枚かも知れませんが、
可愛い男の子に神様の光が届いているような感じです。

DSC_9576.jpg

ココまで来ると、もう少しだけ足を延ばして神宮寺へ行きました。
2か月後にはココで『お水送り』神事が執り行われます。
正月とは思えないほど、神宮寺境内も穏やかです。
神宮寺には入ることが出来ます。
ここには、神様と仏様が同じ本堂に安置されています。
神仏混合が当たり前だった時代の名残のこのお寺にはあります。
ですから、神宮寺でのお詣りは、柏手を打つのが習わしなのです。

DSC_9596.jpg

DSC_9601.jpg

DSC_9609.jpg

境内左手奥にある『閼伽井(あかい)』からはコンコンと水が湧き出ています。
この聖水を3月2日のお水送り神事では、鵜の瀬まで運び川に流すのです。
それが10日後、3月12日に東大寺二月堂の『若狭井』に届き、
お水取り神事が行われるのです。
この水が柔らかくて、とても美味しいのです。

12476036_1123288757705968_148086327_n.jpg

閼伽井のすぐ横にある椎の木。
樹齢は500年を超えています。
もの凄い存在感で、特に根っこがすごいです。
地面からのエネルギーが螺旋状に出てるのでしょう。
根っこから木の下の方は、ねじれています。

DSC_9614.jpg

その後は、小浜湾に沈む夕陽を見に行きました。
何と美しい風景なのでしょう。
陽が沈むと気温はぐっと下がって来るのですが、
それを忘れてしまうような、素晴らしい景色で、
しばし見とれていました。

DSC_9647.jpg

DSC_9663.jpg

新年早々、こんな風に神様に歓迎していただいて、
とても幸せなスタートとなりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

たつ・たつ・たつや

DSC_9657.jpg








北陸のブログランキングに登録しています。
応援のポチリがたつやの元気の素です^^


人気ブログランキングへ

記事:2561



ラベル:神社仏閣 小浜市
posted by たつたつ・たつや at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。