2014年11月25日

タッセルローファーが好き!

いつも応援感謝しています。
人気ブログランキングへ







大学に入って一人暮らしを始めた頃、
最初の入学式で仲良くなった友だちから、
大きさが合わないという理由で靴をもらった。

DSC_8653.jpg

今になって思えば、どうしてたつやだったのか疑問もあるが、
もらった靴はたつやが自分では絶対に買わないような立派な茶色の革靴だった。
リーガルのタッセルローファーで、
歩く度に馬の尻尾のように左右に揺れるタッセルが可愛くて気に入っていた。

DSC_8665.jpg

以来、たつやにとって靴と言えば、
タッセル付きの革靴で、色はやはり茶系を選んでしまう傾向がある。
大理石の上を歩くと、カツンカツンと革靴の音がするのも好きで、
ちょっぴり誇らしげでもある。

DSC_8658.jpg

それに良い靴は手入れをしたり、修理をすれば長い間使える。
気に入ると履きつぶしてしまうこともあるし、
ずっと前に買ったのに、ほとんど履いていないものもある。

DSC_8667.jpg

先日、知り合いから靴磨きのクリームやブラシをもらったので、
久しぶりに靴磨きをしようと思って出して来たら、
結構な数になってることに気が付いた。

DSC_8629.jpg

ひとつひとつ靴底の泥を落として、ブラシをかける。
汚れ落としのクリームをスポンジに塗って革の表面を磨いた。
狭い場所は歯ブラシのお古を使った。
黒系のクリームや茶系のクリームでお色直しをして、
最後にタオルで艶を出した。

DSC_8628.jpg

滅多に靴磨きなんてしないからか、
やりだしたら、止まらなくなって、
全部やらなきゃ気が済まなくなった。

DSC_8648.jpg

それに手入れをしてやると、
それまでみすぼらしいと思ってた靴が光り輝いて、
存在感を増すのが、とても楽しくなってきたのだ。

DSC_8650.jpg

キュッキュッキューとく〜つをみがこ〜♪

何だか楽しくなって、靴磨きの歌が口をついて出てくる。

3連休の最終日に歌を歌いながら、
夜な夜な靴磨きをしている自分をちょっとほめたくなった。

DSC_8673.jpg

せっかく出してきたので、ちゃんと記念撮影をしてあげることにした。
うん、やっぱりカッコイイし、エレガントな靴たち。
ちゃんと手入れしてあげると、輝きが増すし、
寿命も延びるのだろうと思う。

DSC_8680.jpg

たつやの好みは、タッセルローファー
色は茶系

間違っても先が尖った靴や、白のエナメル系の靴を買うことはないだろうな。

これからは、靴にもちゃんと愛情を持って、
大切に使っていこうと思います。






いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2412記事目

ラベル:
posted by たつたつ・たつや at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | たつやの好きなモノ・生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

願いは叶う!たつや岩野市兵衛さんに会う

いつも応援感謝しています。
人気ブログランキングへ








DSC_9576.jpg

岩野市兵衛さんが歌う紙漉き歌を聞いた時、涙が流れた。

たつやがお付き合いさせていただいている京都の染色作家、玉村咏さんが、
金津創作の森で個展をされたときに、岩野さんがお話をするという話を聞いて、
たつやも出かけて行った。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/377625872.html
ちょうど一年ほど前のことだ。

DSC_9612.jpg

岩野さんは越前和紙の人間国宝という方なので、
おいそれとは会う訳にはいかないと勝手に思い込んでいて、
今までにお会いする機会がなかった。
ただ、ずっと前からお会いしたかった人だったので、
この日、玉村さんのおかげで、長年の夢が叶ったのだった。

DSC_9529.jpg

この日、岩野さんのお話が終わった時に、青山291の井上館長から岩野さんへ
こんな粋なリクエストがあった。
それは紙漉き歌をこの場で歌って欲しいというもの。

それでは、越前紙漉き歌、歌わせていただきます。
♪五箇に 生まれ〜て 紙漉き習ろて〜♪


DSC_9643.jpg

もう岩野さんがお歌いになるからかわからないが、
何故かポロポロと涙がこぼれてきた。
本当に心に沁みてくる歌で魂が震える感じだった。
何百年も前から歌われているであろう紙漉き歌は、
どこか懐かしくて、ちょっぴり切なくて、
心が温かくなって、幸せな気持ちにさせてくれた。

DSC_9443.jpg

もうそれだけでも十分だったのに、
再び玉村さんからご連絡をもらって、
今度岩野さんの家に遊びに行くから、たつやさんも一緒に来ないか?

などという超ありがたいお誘いの電話をいただいた。

DSC_9415.jpg

DSC_9425.jpg

それにたつやが岩野さんの紙漉き中の写真を撮りたい
ということを岩野さんに伝えてくれるというのだ。
そしてこの夏、岩野さんのご自宅へ
玉村さんと一緒に訪問することが出来た。

DSC_9581.jpg

岩野さんは80を過ぎて、一切のマスコミの取材を断っている。
今まではいろんな取材を越前和紙のためという理由で、受けてきたが、
80歳も過ぎたし、そろそろ自分のやりたいことだけをしたいと、
どんな取材依頼も丁重にお断りしているのだそうだ。

DSC_9710.jpg

そんな中を、たつやは個人だし、友だちみたいなもんだから、
仕事場に来て、勝手に写真を撮ってるだけ・・・
ということで、撮影をさせてもらうことが出来た。
それがどんなに光栄なことで、ありがたいことだったかは、
今になって考えても、涙が出るくらい幸せなことだった。

DSC_9727.jpg

紙漉きの行程や材料の説明をたつやにも丁寧に教えていただきながらも、
同じ作業を同じように繰り返し、和紙を漉いていくのだ。
厚さの誤差は100分の1mmという。
時折、たつやの方へ優しい眼差しを向けてくれるのが、
何とも温かくて心地よくて、本当に幸せな時間だった。

DSC_9986.jpg

奥様は冷たい水が流れる別棟で、たらいの中に両手を入れて、
和紙の原料となる楮の繊維状にしたものから、
ほんの小さなゴミや汚れたものを取り除いている。

DSC_9820.jpg

DSC_9821.jpg

その後、ご自宅にまで招いてくださり、
しばらくお話する時間までいただいた。
それにしても何と謙虚で、優しい方なのだろう。
人間国宝というのは、紙漉きの職人としての称号なのだろうが、
岩野さんはそのお人柄が国宝に値するのではないかと思うほど、
素敵な人だった。

DSC_9476.jpg

今までいろんな願いが叶ったけど、
やっぱりそれは口に出して、一生懸命話して、
熱を持って、誰かに伝えるからこそ、
成し得たことなのだと思っている。

岩野さんと玉村さんに心より感謝しています。
ありがとうございました。








いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2411記事目


posted by たつたつ・たつや at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする