2014年09月01日

そば玄の絶品そば

覗いたついでに応援してくださ〜い。
おかげ様で北陸のブログランキングで1位を競っています。
いつも応援感謝しています。

人気ブログランキングへ







鯖江市と福井市を結ぶ県道「福井今立線」の
戸の口トンネルが8月8日に開通した。
今までの旧トンネルに比べるとずっと便利になって、
所要時間もかなり短縮されていると思う。

DSC_9254.jpg

以前もブログで紹介したことがあるが、
旧トンネルを鯖江から福井方面に坂道を降りていくと、
集落に入って、すぐ右手に古民家のそば店がある。
http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/258764342.html
今まではそれなりの交通量があって、その店を出入りするには、
かなり注意が必要だったが、新トンネルが開通してからは、
車が通ることはほとんどなくなった。

そば玄は、オープンした頃のそばと、少し前のそばと、
そして最近のそばと、確実に進化していると思う。

DSC_9246.jpg

たつやが行った日は平日ということもあってか、
お客は、たつやただ一人。

親父さんにお久しぶりと挨拶をして、
おろしそばとミニカツ丼のセット(1050円)を頼んだ。

DSC_9245.jpg

窓の外は池がある庭が見える。
ちょうど降り出した雨脚が強くなり始めていた。
暑い暑いと思っていた夏も、
お盆を過ぎると、少しだけ涼しくなって、
こんな雨の日は、季節の移り変わりを感じる。

DSC_9243.jpg

しばらくして、運ばれてきたおろしそばには、
野菜の天ぷらが付いて来た。
その日、庭や畑で採れたものを、天ぷらにして、
お客さんにサービスしているのだそうだ。

たつやにすれば、おろしそばが、天おろしそばに
グレードアップしたようで、何だかとてもラッキーな気分になった。

DSC_9232.jpg

当たり前なのかもしれないが、そばは茹でたて、天ぷら揚げたて。
これはお客さんにしたら、最高の贅沢というもの。
そばを一口食べて、驚いた。
もうめちゃめちゃ美味しいのだ!
そばの香りはもちろん、噛むと甘味を感じる腰のある麺に仕上がっている。
ゴツゴツした田舎そばではないところが、またいい。
昆布とカツオ節が効いた醤油系の出汁との相性が抜群だ。

DSC_9267.jpg

以前食べた時も、玄のそばのレベルの高さに驚いたが、
今回はそれにも増して、実に美味しいと感じた。

それに畑で放し飼いにしている鶏が産んだ卵を使った玉子カツ丼。
これも本当に旨い!
このセットで1050円とは、実にありがたい価格だと思う。
これが都会なら2000円くらいの価格にはなってしまうだろう。
玄には玉子丼もあるが、たまには烏骨鶏の玉子を使ったりすることも珍しくない。

DSC_9266.jpg

玄は、一貫して自家製造をしているのだ。
そばの栽培もしているが、全量を賄うことは出来ないので、
玄ソバのみ仕入れている。
自分で育てた蕎麦の実を、磨いて、抜いて、
石臼でその日打つそばの量を考えて、人力で挽く。
そのそば粉で打ったそばを提供してくれるので、
美味しいのは当たり前なのかもしれない。

DSC_9250.jpg

もしが都会にあったなら、間違いなく行列の出来るそば店だと思うが、
行列が出来るほどお客さんが来たら、この味を提供することは出来ないだろう。
玄は戸の口トンネルを降りる坂の途中にあるからこそ、
この贅沢極まりないそばや丼を出せるのだと思う。

もっともっと評価されるべき、こだわりの凄いそば店だと思うが、
これくらいのマイペースでやっていくのがいいのかもしれない。

前回、ブログに書いてからの一ヶ月ほどは、びっくりするほどお客さんが来たらしい。
今回は、ぼちぼ~ちと行ってもらえたら、いいと思う。

DSC_9268.jpg

そば玄
福井県福井市西大味町27-33
0776-41-2114
定休日:火曜日
営業時間:平日:11時〜15時
土・日・祝:11時〜18時

※新戸の口トンネルの新しい道には、そば玄の看板が出ています。
地図を参考に行ってみてくださいね。






いつもありがとうございます。
あなたの応援クリックがたつやの元気の素ですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2379記事目




posted by たつたつ・たつや at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。