2013年05月29日

ある日の浜辺

夕陽が海に沈むのは、子どもの頃から当たり前だと思っていたが、
太平洋側ではそうでない・・・ということを認識したのは、
恥ずかしながら、結構大人になってからだったように記憶している。

DSC_0082.jpg

夕陽カメラマンと呼ばれる方たちがいて、
一日の終わりを告げるサンセットの一大スペクタクルを、
毎日のように撮り続けている人もいるらしい。
それくらい魅力あるのがショーなのかもしれない。

DSC_0123.jpg

かくいうたつやも、海岸線を走っている時間帯が夕方だと、
ついついカメラを持って海辺まで行くことが多い。

DSC_0080.jpg

広い海岸に出ると、砂浜が続いていた。
海から渡ってくる風が心地いい。
他に誰かいるのかと周りを見渡すと、100mほど離れた先にふたりの女子高生がいた。
どうやら写真を撮るらしい。

写真01892.jpg

暇つぶしに見ていたら、今流行りの空中写真?を撮ってるようだ。
一枚撮った写真を拡大してみたら、すごいジャンプ力!
若いって素晴らしいな〜なんて思ってしまった。

DSC_0115.jpg

さっきまで水平線から、結構上にあった太陽がかなり下がってきた。
珍しく沖合にも雲ひとつないお天気で、
もしかすると陽が落ちる様子がきれいに見えるかも知れない。
何度もサンセットを見ているが、これほど状況がいいのは珍しい。

DSC_0167.jpg

もしかすると、あのグリーンフラッシュ現象
三度、見れるかも知れないという予感もあった。

グリーンフラッシュ現象とは、
太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、
緑色の光が一瞬強く輝いたようにまたたく、非常に稀な現象。
地球の丸みに沿った大気によって、
太陽光はプリズムによって曲げられると同じように屈折するが、
大気の波長分散によって短い波長の光だけが届く条件で、
大気のゆらぎによってまたたくものと考えられる。
高い山、離島など、空気が澄んで遠くが見渡せる場所から見られる場合が多いが、
その確率は非常に小さい。


DSC_0169.jpg

たつやが前回見たのは2006年9月26日のこと、もう7年も前のことだ。
この日この時間まったく別の場所で、グリーンフラッシュを見たという方が、
同じようにブログに書いていたことが、後になってわかり感動したことがある。

http://onmyojitatsuya.seesaa.net/article/24316200.html
http://blogs.yahoo.co.jp/zgenech/archive/2006/9/23

いよいよサンセットショーの始まりだ。
わずか3分ほどの短いショーのクライマックスには、もしかすると?
カメラを連続シャッターを切り始める。

写真01893.jpg

そして陽が完全に沈むか沈まないかの刹那、太陽が一瞬グリーンになった?
ん?光ったようにも見えた感じがするが、確信が持てない。
帰ってパソコンで撮った写真を拡大してみたが、残念ながら写っていなかった。
わずかに緑っぽい光に見えないこともないが、
これがグリーンフラッシュとは言わないだろう。

写真01894.jpg

一生のうちで一度見れれば、ラッキーと言われてる中で、
たつやは二度見たことがあり、今回が三度目?と期待したが、
三回目は次回に持ち越しとなった。

DSC_0114.jpg

今の季節は本当に気持ちいい。
中国からの黄砂も今は少ないし、北陸でも快晴の日が多いので、
条件さえ揃えば、グリーンフラッシュを見れるかも知れない。

自然界には想像もつかない素敵なプレゼントがあるものです。
太陽がある奇跡、地球がある奇跡、今自分が生きてる奇跡に感謝して、
毎日を過ごして行けたら、素晴らしい人生になるのだと思っています。





いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2184記事目


posted by たつたつ・たつや at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。