2012年08月31日

ムモンホソアシナガバチの巣を襲うスズメバチ

Aさんの別荘は林の中にあり、
朝は何種類もの鳥の声で目覚めました。
こんな風な朝は特に幸せを感じます。

DSC_3661.jpg

旅先では寝ているのがもったいないと思い、
睡眠時間は極端に少なくなります。
朝早く起きて、散歩から帰ってくると、
Aさんのログハウスの玄関脇に
ムモンホソアシナガバチの巣を発見しました。
そこには大きなスズメバチがいて、
ムモンホソアシナガバチの幼虫を巣穴から掘り出して、
その場でむしゃむしゃと食べているではありませんか。

写真01398.jpg

可哀そうにムモンホソアシナガバチは無抵抗です。
普段ならスズメバチに近づくことは危険なため、
蜂好きのたつやでも至近距離で撮影することはありません。
しかしながら、今までの経験上、狩りをしている最中や
こうして餌を食べてる間は、それに集中しているためか、
人間がそばに行っても、
あまり気にするそぶりは見せないことを知っていました。

写真01397.jpg

徐々に距離を詰めて、最終的には40cmくらいまで近づいて撮影しました。
スズメバチはもちろんたつややカメラの存在は認識していますが、
アシナガバチの幼虫を食べるのに夢中のようです。
やがて食べ終わると、中の軟らかい部分だけを食し、
皮?の部分だけをポイッっと投げ捨てると、
ややこちらを警戒して羽音を出して、その場を飛び去りました。

まさに弱肉強食の世界でした。

写真01405.jpg

もうひとつ昆虫です。
こちらはちょっとカワイイ蝶です。
この蝶の名前はサカハチチョウと言います。
漢字に直すと逆八蝶で、翅の白い部分が
逆八の字になっているところからつけられた名前だそうです。

写真01400.jpg

蓮池の畔で、蓮の花を撮影していたら、
サカハチチョウがたつやの腕の汗を吸いに来ました。
蝶が人の汗を飲みに来るということはさほど珍しいことではありません。
だけどこのサカハチチョウはよほどたつやの汗が気に入ったのか、
ずっと撮影している間もまったく逃げる気配もありません。

写真01399.jpg

写真01401.jpg

普段は丸まっている口のストローを延ばして、
たつやの腕をチョンチョンとつっついては、水分を補給しているのです。
このままペットにでもしようかな〜っと思ったら、
さ〜っと飛び立って行きました。

写真01403.jpg

何にもすることがなかったら、
こんな風に一日中、虫の写真とか撮っていたいなぁ〜

写真01404.jpg

だからいつまでも子どもっぽいのかもしれませんね。。。





なかなか更新が出来ずにごめんなさい。
それなのに応援クリックいただき、感謝しています。
出来るだけアップ出来るようになるよう、頑張ります。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

2059記事目




ラベル:昆虫 草花
posted by たつたつ・たつや at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする