2011年03月27日

花月楼@勝山市

勝山市内は今までにも何度かしたことがあるが、
いつも気になる建物がいくつかあった。
その中のひとつに勝山お清水からほど近い古い料理旅館がある。

今は営業をしていないので、
建物は外観しか見ることは出来なかったが、
左義長の期間中は建物内部も一般公開しているという。

以前から気になっていた建物だったので、
すぐにその料理旅館『花月楼』に向かった。

DSC_6446.jpg

昭和そのままのトイレが残っていました。

DSC_6451.jpg

タイルがまたレトロでいい感じです。

DSC_6453.jpg

花月楼の前には大きな桜の木がある。
4月には満開の桜が見事だろう。
入口を入ると長い廊下があって、左手に二階に上がる階段がある。
意外なことに階段の段差が高くて驚いた。
洋服でも上がりにくいのに、着物だと大変だったろう。
芸姑さんたちが裾をまくって階段を上っていく様子を想像して、
ちょっとにやけた自分が可笑しかった。

DSC_6454.jpg

二階には32畳の大広間があって、ライトアップされていた。
天井はこんな風に曲線で仕上げられている。
畳の上に座って見上げると、更に感動的だ。
職人の技と魂と感じる実に見事な天井である。
10年ほど前までは普通に営業していたので、
この部屋で宴会が行われていたのだろう。

DSC_6456.jpg

DSC_6467.jpg

見学に来られていた地元のおじさんが、
「昔はよくこの部屋で飲んでいたよ・・・懐かしいなぁ」
などと奥さんに話しているのを聞いて、
時の流れを感じて、ちょっと切なくなった。

DSC_6461.jpg

花月楼の1階の部屋ではおかみさんや地元の方が、
お茶やお茶菓子でおもてなしをしてくれていた。
たつやがお邪魔した時も、数人のお客さんがいて、
おかみさんを中心に話が弾んでいた。

DSC_6478.jpg

花月楼は歴史ある料理旅館として名を馳せていたので、
たくさんの著名人がここを訪れていた。
おかみさんがそれらの方が書いた色紙を見せてくれた。

DSC_6482.jpg

何十枚もあって、昔の政治家などの色紙もあったが、
ん!?と手が止まったのがこの文字だった。
かなり古い色紙のようだが、
時空を飛び越えて文字からあふれ出るエネルギーを感じたのだ。
ぐっと迫ってくる力強さや圧倒的な存在感

DSC_6474.jpg

「花月 岡本太郎」

あ、なるほど!
世界に誇る日本の芸術家・岡本太郎氏の色紙だったのだ。

DSC_6476.jpg

池波正太郎氏の色紙もありました。

勝山にはこんな立派な料理旅館があったのに、
今は営業をやめてしまい、住居の一部として使っているそうです。
行政やNPOなどと協力して、花月楼を一般公開したり、
有効な利用方法を考えて、後世に残して欲しいと思いました。
たくさんの著名人の色紙なども整理して、
展示するといいのではないかと思います。






鯖江市では、市民の皆様のご好意を一つにまとめ、
有効に活用させていただくため、窓口を一つにして義援金を受付しています。
義援金は市役所の案内窓口、各地区公民館
または市役所防災危機管理課までお願いいたします。
市民の皆様のご協力をお願いいたします。

義援金受付
・市役所の総合案内(募金箱)
・各地区の公民館(募金箱)
・防災危機管理課

3月26日現在
   14.776.083円






実はたつや、毎日1時間程かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

通算1684記事目











ラベル:勝山市
posted by たつたつ・たつや at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先にて・福井県内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする