2011年03月15日

好太郎@勝山市

勝山左義長まつりの帰りに、
以前からそば友の勘兵衛さんか勧められていた
そば店『好太郎』へ行くことにした。

DSC_6651.jpg

好太郎は美味しいという噂を聞いていたが、
土日祝日のみの営業なのでなかなか行く機会がなくて、
随分月日が経ってしまった。
ちょうど左義長の勝山市内で勘兵衛さんに会った際、
好太郎の話になり、行ってみたいというたつやのために、
わざわざ営業確認の電話まで入れてくれた。

DSC_6633.jpg

場所は越前鉄道の発坂駅のごく近くということだったので、
すぐに見つけることが出来た。
ついたのは4時50分くらいで、また二部の営業時間の前。
なのでしばらく周りを散策してみた。

DSC_6638.jpg

DSC_6641.jpg

二部の開店時間と同時にお店に入った。
自宅を改造してそば店にしたらしいが、
靴を脱いで入るという点を除いては、
個人住宅という感じはあまりなかった。

DSC_6639.jpg

DSC_6640.jpg

テーブル席もあったが、カウンター席に座ることにした。
その方がお店の方とのコミュニケーションが取りやすいだろう。
結局、九一のおろしそば550円十割の鴨せいろ1100円を頼んだ。

「どちらを先にお持ちしましょうか?」と奥さんが聞いてくれる。
今までにいろんなお店に行って2品を頼んだことがあるが、
ちゃんと順番を聞いてくれるお店は意外にも少ない。

DSC_6642.jpg

DSC_6643.jpg

たつやは鴨せいろを先にお願いした。
熱い鴨汁に冷たいそばを浸けて食べる。
甘味を控えたダシの中には、シメジと舞茸?
定番の鴨とネギが入っていて、鴨の油がまた食欲をそそる。

DSC_6647.jpg

そばは香りも腰もあって、割り箸より若干細い麺に仕上がっている。
丁寧に仕事をしている感じが伝わってくる麺だ。
もう少し量的に麺が欲しいところだが、この日はおろしそばも頼んでいるので、
せいろのお代わりをすることはなかった。

DSC_6654.jpg

おろしそばは、一番スタンダード?の九一。
これはそば粉が9割でツナギ(小麦粉)が1割入っているというもの。
最近の新しいそば店の特徴として十割そばが流行りで
美味しいそばという感じがしないわけでもないのだが、
たつや的には小麦粉が1〜2割入っている方が好みかもしれない。

DSC_6655.jpg

このおろしそばは、特に旨い!
季節的にも今が一番美味しい時期ということを加えても、
好太郎のレベルはかなり高いと感じた。

好太郎のおろしそばには3種類あって、
この日たつやが頼んだ九一のおろしそば、
それに十割のおろしそば、
もうひとつは粗挽きの九一のおろしそばだ。
また違う機会に食べてみたいと思う。


DSC_6659.jpg

石挽き蕎麦 好太郎
福井県勝山市鹿谷町保田98-7-2
0779-89-2415
営業時間:土・日・祝日のみ
11:00〜15:00 17:00〜20:00


鯖江市では、市民の皆様のご好意を一つにまとめ、
有効に活用させていただくため、窓口を一つにして義援金を受付しています。
義援金は市役所の案内窓口、各地区公民館
または市役所防災危機管理課までお願いいたします。
市民の皆様のご協力をお願いいたします。

義援金受付
・市役所の総合案内(募金箱)
・各地区の公民館(募金箱)
・防災危機管理課
義援金の状況

3月15日現在  2,581,698円





実はたつや、毎日1時間程かけてブログを書いているんです。
だからお願い!って言う訳じゃないんですが、
応援クリックは面倒だけど多分2〜3秒くらいで出来ると思うんです。
ご苦労さ〜んって感じで押してもらえたらやっぱ、うれしいです。

いつもありがとうございます。
アナタ様の応援クリックがたつやのエネルギー源なんですぴかぴか(新しい)

ココバッド(下向き矢印)をちょちょっとクリックしてね(は〜と)

人気ブログランキングへ

通算1676記事目

ラベル:越前そば 勝山市
posted by たつたつ・たつや at 23:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 麺グルメ・そば編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする