2009年04月22日

海中に沈む太陽

DSC_is2241.jpg

時折、どうしてこんな景色を見せてもらえるのか?
と感じる瞬間に立ち会えることがある。

それが自然の景色であったり、
人々の瞬間の表情や動きだったり、
それはファインダーを覗いていた時には、
気づかず、後になって気づくこともある。

DSC_is2226.jpg

DSC_is2237.jpg

IMG_is7848.jpg

カメラの面白さは、そのほんの一瞬を捉えることと、
限られた四角い空間をどう切り取るかにあると思う。
その限られた平面の中に広がる世界があって、
もしかすると無限の可能性を持っているのかもしれない。

DSC_is2267.jpg

写真is00007.jpg

水平線に沈む太陽は何度も見たけど、
海に沈む夕陽など見たことがなかった。
沈む前の太陽には岩?島?が映っていて、
そのうち海に少しずつ落ちて消えていく・・・。
科学的に言えば、ひとつの現象に過ぎないのだろうが、
たつやの目の前では、間違いなく夕陽は海に落ちていった。

写真is00006.jpg

写真is00005.jpg

だって太陽が沈む後側に間違いなく島が見えるでしょ!
これは蜃気楼の一種なのですかね?


写真is00008.jpg

DSC_is2295.jpg

人気blogランキングへ
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
たくさんの方に応援いただいて、ずっと上位にさせていただいています。
少しでも共感したり、心に残ったなら、
応援クリックお願いしま〜す。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ
にほんブログ村
グッド(上向き矢印)ココをクリックぴかぴか(新しい)
福井情報の応援もよろしくです。記事1056


ラベル:越前海岸
posted by たつたつ・たつや at 23:52| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 自然や風景のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする